★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2018年06月21日 (木) | 編集 |
CD/米盤/2016年/CPI-36728-02

ラテン系アーティストによるCCRのカヴァー・アルバム。
(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル(Creedence Clearwater Revival))

これがなかなかおもしろい、
元曲を知っていればラテン・ヴァージョンとの差異を楽しめるし、
元曲を知らなくてもラテン・ロックのアルバムとして楽しめる。

1にはベースでルディ・サーゾ、
3のドラムはグレッグ・ビソネットなど、
なぜかメタル畑の人もちらほらと参加しているし、
12は御大ZZ-TOPのビリー・ギボンズだ。


曲目:
1 –Bunbury Corre Por La Jungla (Run Through The Jungle)
2 –Los Lobos Bootleg
3 –Juan Gabriel Gracias Al Sol (Have You Ever Seen The Rain?)
4 –Los Lonely Boys Born On The Bayou
5 –A Band Of Bitches Feelin’ Blue
6 –Ozomatli Bad Moon Rising
7 –Enjambre Who’ll Stop The Rain
8 –Andrés Calamaro Long As I Can See The Light
9 –Bang Data Fortunate Son (Fortunate Hijo)
10 –El Tri Proud Mary
11 –Salvador Santana Molina
12 –Billy Gibbons & La Marisoul Green River
13 –Diamante Eléctrico Up Around The Bend
14 –Los Enanitos Verdes Travelin’ Band


Various ‎– Quiero Creedence
関連記事