★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2018年06月21日 (木) | 編集 |
CD/米盤/2010年/874007004220

イタリアのメタル・バンド、通算3作目、最新作。
メロディック・デスのバンドとして知られているようだが
この最新作にはデスメタルの要素はほとんど無く、
ごく一部にブラストビートが使用されている程度、
音楽としてはドリームシアターに近いスタイルの
プログレッシヴ・メタルをやっている。

イタリアのバンドと言うと安っぽい大仰な音を思い浮かべる、
具体的にバンド名を挙げてしまうとラプソディのような…ということだ。
このアルバムにはそういった安っぽさは皆無、
力強いサウンド・プロダクションも含めて、
本家ドリームシアターにも引けを取らない質がある。
(録音そのものはイタリアだがMIXとマスタリングはLAで行っている)

冒頭とラストがつながっている構成だから
コンセプト・アルバムなのかもしれない、
あまり話題にならなかったのは地味なジャケットのせい?


曲目:
1 Fire Ants 4:11
2 Turned Up And Down 3:41
3 Never Ending Stairway 3:48
4 Nothing But A Mistake 3:34
5 I Want To Remember 4:51
6 Shift 3:35
7 Fake Idols 3:51
8 Beaten Roads 4:03
9 One Day 3:27
10 Buried In You 3:56
11 Walk On Actor 8:14


Raintime ‎– Psychromatic
関連記事