★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2018年03月11日 (日) | 編集 |
CD/国内盤/2010.3.17/FABC-103

ヨークシャー州リーズのインディーロック、通算3作目、
8年も前のアルバムだが最新作。

アルバムを作ってCDを売ってという形態が崩れてきたために
新作をリリースしていないのか、
本業が別にあってバンドが副業だから間隔が空いているのか。
(音楽だけで食えるバンドは今となっては少数派)

浮遊感のあるヴォーカルはこの手のバンドの特徴、
ただ、そのせいで個性がスポイルされていると感じることもある。
ヴォーカルの処理にもうひと工夫あったら
もっと良くなりそうというのは、門外漢の考え方だろう、
これはこれでいいのだ。


曲目:
1 The Back Of My Mind 2:33
2 Have A Little Faith In People 2:11
3 Time To Wait 3:23
4 The End Of The Affair 4:26
5 Flashbacks 4:30
6 Welcome To My World 2:42
7 Lost 2:35
8 Nothing's Impossible 1:55
9 Stand Up! 3:06
10 Running Back Home To You 4:10
11 For Me (Bonus Track) 2:23


R-9006730-1473156110-7950.jpg
関連記事