★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2015年01月22日 (木) | 編集 |
CD/国内盤/1996.5.22/TFCK-15038

指輪でお馴染みのワグナーの唯一の交響曲、
聴いてみても、ふーん、そうですか、といった感じ。
曲としては、おまけで収録されている
「ジークフリート牧歌」の方が有名だろう。

録音は1978年、ベルリン・キリスト教会にて、
かなり独特の丸い音で、尖った刺激的な部分はなく、
こもっているわけではないが解像度が低いというか、
良く言えば甘く柔らかい音、
悪く言うとレンジの狭い古いアナログ的な音。

国内盤ライナーで宇野功芳氏がレーグナーの演奏を絶賛している、
そこまでのものとも思えないけど、
ド素人の俺の感想より、宇野功芳氏の意見の方が正しい、
要は勉強不足ってことでしょう。
(世の中、パッと聴いてこれ良いね!っていうものだけじゃないんです)


演奏 ベルリン放送管弦楽団
指揮 レーグナー(ハインツ)

曲目:
01.交響曲 ハ長調
02.ジークフリート牧歌


waganer_sym_regner.jpg
関連記事