FC2ブログ

2019'06.14 (Fri)

Vanilla Fudge ‎– Renaissance

CD/国内盤(ドイツ・プレス)/1991年/MSIF-7055(RR-4126-WZ)

60年代に活躍したアメリカのハードロック・バンドの2作目。
解散と再結成を繰り返し、現在でも活動している。

一般にはカーマイン・アピスが在籍したことや
後にカクタス~ベック・ボガート&アピスに発展したことなどで
知られていて、音楽そのものはあまり聴かれていない?

ハードロックと言っても
パープルやZEPのよう完成形ではなく、
その前段階とでも言ったらいいのか。
サイケデリック・ロックが、プログレではなく
よりハードにヘヴィな方向性に向かったバンドだ。

今の若いキッズにアピールするのは難しそう、
50年も前のロック・ミュージックだから古臭くて当然。
音楽雑誌などで名盤だ必聴盤だと持ち上げられていても
無理してまで聴くことはない。


曲目:
1 The Sky Cried - When I Was A Boy 7:37
2 Thoughts 3:30
3 Paradise 6:01
4 That's What Makes A Man 4:26
5 The Spell That Comes After 4:30
6 Faceless People 6:04
7 Season Of The Witch 8:55
8 You Keep Me Hanging On (7" Version) 2:50
9 Come By Day Come By Night 2:53
10 People 5:16


Vanilla Fudge
関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック ロック

03:13  |  V  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |