FC2ブログ
★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
| Login |
2018年02月07日 (水) | 編集 |
CD/国内盤/2015年/BRC-464

ビョーク・バンドのハングドラム演奏者のソロ・アルバム。
といわれてもハングドラムが何かわからない、
ネット社会は便利、あっというまに情報が入手できる、
トリニダード・トバゴのスチールパンから発展した楽器だそうです。
(路上で金属の皿みたいなのを並べて不思議な音を出してる楽器、
あれがスチールパンです、ドラム缶を加工した楽器で、
過去にスティールパンのCDも紹介しているはず)

曲によってヴォーカルが入っているものの
全体としての雰囲気はアンビエント・ミュージック、
そこにモダンなエレクトロや現代音楽的な要素が絡んでくる。
なかなか面白いアルバムだが万人向けではない。


曲目:
1 Disgustingly Beautiful 3:57
2 Plus Minus 4:36
3 Drumheart 4:06
4 Down To The Summit 6:36
5 Wandering Around 4:55
6 Simon is Psychling (sic) 5:30
7 Sun in the North 4:09
8 Chemical Reaction 7:06
9 Dearest 6:49
10 Almost Thirty 6:03

Bonus Track For Japan
11 Grey Hair Man3:48

Manu Delago ‎– Silver Kobalt

関連記事

2018年02月07日 (水) | 編集 |
CD/国内盤/2005.12.14/PPCD-22002

国内盤だが歌詞対訳解説一切なし、ボーナス2曲追加収録、
ヴィデオクリップも2曲収録されている、
このヴィデオクリップは輸入盤にも収録されているようだ。
(you tubeでクリップがいくらでも見られる今となっては
この手の映像特典には何の意味もない)

シンデレラのフレッド・クーリー(コウリー)がプロデュースしたLAのバンド、
これがデビュー作で、おそらく唯一の音源。
LAメタル的な大仰な音楽を期待すると肩透かし、
これといって特色のない普通のロック、ポップスだ。
時としてパワーポップだったりパンクだったりオルタナだったり
無節操なアルバム、どの層をターゲットにしたかったのか。


曲目:
1 Everything In Between 2:52
2 Space And Time 3:47
3 So Sincere 2:52
4 Just What I Needed 3:33
5 Arm's Length 3:50
6 The Blanket 2:51
7 Try It 3:00
8 Understated 4:09
9 Love Is Like Oxygen 3:40
10 Pure 3:29
11.Good Riddance(ボーナス・トラック)
12.Everything In Between (Razed In Black Remix)

num.jpg
関連記事

2018年02月07日 (水) | 編集 |
CD/国内盤/2008.5.21/MICH-10003

イタリアの3人組パワーポップ/エモ/メロディックパンク、
これがデビュー作で唯一のフルアルバム。
3人組と言ってもドラム不在なので
ライヴではメンバーを雇っているのだろう。

イタリアと言うとラプソディあたりの大仰なメタルを思い浮かべる、
もともとイタリアはメタルの弱い地域で、
ラプソディ以前はDeathSSくらいしか有名バンドはいなかった。
むしろさかんだったのはアンダーグラウンドのパンクシーンで、
2000年代にはパンク専門レーベルのAgipunkなどが
シーンを牽引している。

バンドのHPとフェイスブックを見ると最終更新はどちらも2014年、
ビリー・アイドルの2014年ローマ公演の前座を務めているから、
そこで満足して解散したのかも。

音楽としては特にイタリアという感覚はなく、
時としてアメリカのバンドのようだし時としてイギリス的でもあり、
そういう意味合いではどっちつかずなところがイタリアらしいとも言える。

日本盤ボーナストラックはラストでは無く2に収録、
ただし、調べてみたところ、欧州盤も国内盤と同じ曲順同じ曲数、
ボーナストラックとは何に対してのボーナスなのかわからない。


曲目:
1 Violet Line
2 One Day
3 Chaos
4 Melting
5 Beautiful Crime
6 Linked To My Innocence
7 Emptyness
8 My Old Life
9 Between Us
10 Change The World
11 Age Of Nothing

Jesus Was Homeless ‎– The Landing
関連記事