★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2015年10月31日 (土) | 編集 |
CD/米盤/1987年/ECM-1322

デヴィッド・トーンは、ジャンルとしてはジャズ・ギタリストになるのか、
レナード・バーンスタインにも師事していたというから
現代音楽家としての側面もある。
ジャズ/フュージョン/アンビ/コンテンポラリー系のミュージシャン
というのが無難な表現だろう。

このアルバムもコンテンポラリーな
ジャズ/フュージョン/ロックといったあたりが
クロスオーヴァーした音楽で、
むしろ音楽的な側面より参加ミュージシャンに興味をもつ人が多そう。

リズムはブラッフォード&レヴィンのクリムゾン組、
トランペットはマーク・アイシャム。
アイシャムはロック畑では馴染みが薄いが
映画音楽界のスーパースター。
古くはルトガー・ハウアーの「ヒッチャー」、
近年ではダラボン監督の「ミスト」の音楽を手がけている。

フリージャズとして楽しむよりも、
ロックのフィールドを好む人に好かれるサウンドだ。
ザッパやVAIあたりが好きな人は試してみると良い。


曲目:
Suyafhu Skin... / Snapping The Hollow Reed (8:15)
The Mercury Grid (6:32)
3 Minutes Of Pure Entertainment (7:05)
Previous Man (7:52)
A. The Delicate Code (4:50)
B. Egg Learns To Walk / ...Suyafhu Seal (10:22)


201931232010.jpg

関連記事

2015年10月31日 (土) | 編集 |
CD/日本盤仕様/1995.5.24/KKCP-49

フレンチ・プログレ、マグマの通算6作目くらい、
1~5は普通の長さの数分の曲、
6は18分の大作、ライナーによるとこの曲は
トリオで演奏されているそうだが(ベース、ドラム、ヴォーカル)
実際に聴いてみるとキーボードやギターとおぼしき音も入っていて、
ベースのヤニック・トップが複数楽器を演奏しているためだ。
(もちろん同時演奏は不可能なので、オーヴァーダブ、
これをトリオ演奏と呼ぶのは語弊があるんじゃないか)

非常に強力なロック・アルバムだが
一般的な音楽ファン、プログレ・ファンに推奨しようとは思わない、
よくわかったマニア向けの傑作だ。


曲目:
1. Üdü Ẁüdü (4:10)
2. Weidorje (4:30)
3. Troller Tanz (Ghost Dance)(3:40)
4. Soleil D'Ork (Ork's Sun)(3:50)
5. Zombies (Ghost Dance)(4:10)
6. De Futura (18:00)
Bonus Track on Seventh CD:
7. Ëmëhntëht-Rê (extrait n°2) (3:12)
Total Time: 42:22


Üdü_Wüdü_Magma_alternate

関連記事

2015年10月30日 (金) | 編集 |
CD/日本盤仕様/1995.5.24/KKCP-50

フレンチ・プログレ、日本盤ライナーには通算8作目とある、
スタジオ・アルバムとしては7作目、
ライヴ・アルバムを含めると9作目になるはず。
CHRISTIAN VANDER名義の「ẀURDAH ÏTAH」をカウントしていないのかも。

印象的なジャケットから、マグマというと
このアルバムを思い浮かべる人も多いことだろうし、
実際、出来栄えも素晴らしい。

マグマはアナログ時代には日本ではほぼ黙殺されていた、
CD時代になって急速に評価が高まり、
今となっては知らない人はいないレヴェルのバンドになった。
CD復刻がバンドの評価を上げた好例といえる。


曲目:
1. The Last Seven Minutes (7:32)
2. Spiritual (3:15)
3. Rind/ë (3:05)
4. Liriïk Necronomicus Kanht (5:04)
5. Maahnt (5:28)
6. Dondaï (8:00)
7. Nono (6:43)
Total Time: 39:07

Magma - ATTAHK

関連記事

2015年10月30日 (金) | 編集 |
CD(2枚組)/日本盤仕様/1995.5.24/KKCP-47~48

フレンチ・プログレ、マグマの1975年のライヴ盤。
一般にマグマが、フランスを代表する
プログレ・バンドと呼ばれることはない、
存在が特異すぎて、ジャンル・マグマとしか呼べないからだろう。

輸入盤に日本語解説をつけてキングが日本流通させたもの、
解説はマーキーの松本氏、マニアックになり過ぎていない、
わかりやすい良い解説だ。

CD2枚組だがあっという間に聞き終わる、
非常に濃厚で濃密な音楽、演奏だ。


曲目:
Zünd 1 (40:09)
1. Köhntark (Part One) (15:45)
2. Könntark (Part Two) (16:14)
3. Ëmëhntëht-Rê (Announcement) (8:10)

Zünd 2 (46:02)
1. Hhaï (9:20)
2. Kobah (6:36)
3. Lïhns (4:55)
4. Da Zeuhl Ẁortz Mëkanïk (6:14)
5. Mëkanïk Zaïn (18:57)
Total Time: 86:11


magmalive.jpg

関連記事