FC2ブログ
★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
| Login |
2007年04月30日 (月) | 編集 |
CD/英盤/1985年/824-300-2

セカンド、彼らの最高傑作にして、唯一の傑作。
ダイナミックなポップスで、
なんとなくYESやELPのフィーリングを感じさせる。

華やかな3あたりが印象に残りやすいが、
本質は4のようなディープでヘヴィな曲にある。
…などと難しいことを考えて聴く音楽ではありません。

リマスター盤は7曲追加で全15曲ということなので、
買うならそっちだろう。


曲目:
1.Shout
2.Working Hour
3.Everybody Wants to Rule the World
4.Mothers Talk
5.I Believe
6.Broken
7.Head over Heals/Broken [Live]
8.Listen


20060312103206.jpg



追記: 文中に「彼らの」という表現があるけど、
いまはもう「彼ら」じゃないんだっけ??
関連記事

2007年04月30日 (月) | 編集 |
CD/国内盤/1994.1.26/PSCW-5041

ドイツはベルリンのプログ・メタル、セカンド。
3枚のアルバムを出して消滅、メンバーは全員消息不明。

一時期、大挙して出現した
クイーンズライクのそっくりさんバンド群の一派で、
このまま埋もれていってしまうこと必須。
演奏力はまあまあ、歌唱力もまあまあ。


曲目:
1 Target You 4:54
2 The Wolf Is Out 4:34
3 Love Hereafter 5:10
4 Black Rain 5:53
5 Time Is Gone 3:07
6 Passion And Crime 8:08
7 Bad Things 4:54
8 Dog Eat Dog 3:13
9 Too Soon, Too Late 4:27
10 Don't Give Up 5:04
11 ?! (Hear Me) 2:27


R-6301863-1415977100-8192.jpg
関連記事

2007年04月30日 (月) | 編集 |
CD/国内盤/1993.6.23

ロバート・フリップのフォロワーとしてしられる
リシャール・ピナス率いるエルドンの1977年作品。

プログレ名盤とされているが、まあまあかな。



曲目:
1. Les soucoupes volantes vertes (2:28)
2. Jet Girl: in New York or Paris, equivalent / in south Bronx (9:53)
3. Bal-a-fou (7:25)
4. Le fils des soucoupes volantes vertes (1:56)
5. Interface (19:02)

Total Time: 40:44


評価:★★★(一般的音楽ファンには無用の長物)




関連記事

2007年04月29日 (日) | 編集 |
CD/国内盤/1991.8.21

ジャーマン・スラッシュのライヴ・アルバム。
ドイツのスラッシュというと陰鬱な雰囲気がつきものなのに、
このタンカードは例外中の例外、
底抜けに能天気で、圧倒的にパワフル。

技術的にそんな超絶技巧ではもちろんない。
しかし、数多くのライヴを
こなしているのであろうことは容易に想像がつく、
安定感のある演奏だ。

B級スラッシュにしてはサウンド・プロダクション良好、
プロデューサーのハリス・ジョーンズの手腕だろう。


このアルバム、当時B!誌で酷評されていたので
あまり話題にならなかったけど、
実は、スラッシュ隠れ名盤といってもいいんじゃないか。
(時代と共に評価はかわるものだ。
当時の基準として、B!誌が酷評したことは
それなりの意味がある。
ゴッホだって死んでから評価が高まったんだし、
逆にサリエリなんかは死後凋落してるし)



曲目:
1.    The Meaning of Life    05:38   
2.    Mercenary    03:41   
3.    Beermuda    04:47 
4.    Total Addiction    03:48   
5.    Poison    05:52   
6.    We Are Us    05:11   
7.    Maniac Forces    04:45  
8.    Live To Dive    03:13   
9.    Chemical Invasion    05:59  
10.    The Morning After    04:46  
11.    Space Beer    04:43   
12.    Alcohol / Puke / Mon Cheri / Wonderful Life (Medley)    04:47   
13.    (Empty) Tankard    07:11   
Total playing time    01:04:21


評価:★★★★(13で頭が動き出したらスラッシャー)

20070429204023.jpg

関連記事

2007年04月29日 (日) | 編集 |
CD(初回盤2枚組)/国内盤/1996.5.18/BVCP-920

10はUK盤ボーナス、13は日本盤のみのボーナス、
というわけでUS盤は日本盤より2曲少ない、購入時要注意。

スレイヤーのパンク・カヴァー・アルバム。それっぽくするために、
サウンド・プロダクションも大雑把にしあげてある。
Verbal Abuseをとりあげていたり、選曲はたしかにマニアック。

メタルはアティテュードがなくても存在しえる音楽、
パンクはアティテュードなしには存在し得ない音楽。
極論、パンクはアティテュードさえあれば存在しえる音楽。


曲目:
1.    Disintegration / Free Money (Verbal Abuse)    01:41  
2.    Verbal Abuse / Leeches (Verbal Abuse)    01:57  
3.    Abolish Government / Superficial Love (T.S.O.L.)    01:47   
4.    Can't Stand You    01:27   
5.    Ddamm    01:01   
6.    Guilty Of Being White (Minor Threat)    01:06   
7.    I Hate You (Verbal Abuse)    02:16   
8.    Filler / I Don't Want To Hear It (Minor Threat)    02:28   
9.    Spiritual Law (D.I.)    02:59 
10.    Sick Boy (GBH) [2:14]
11.    Mr. Freeze (Dr. Know)    02:23  
12.    Violent Pacification (D.R.I.)    02:37   
13.    Memories of Tomorrow (Suicidal Tendencies) [0:57]
14.    Richard Hung Himself (D.I.)    03:21  
15.    I'm Gonna Be Your God (The Stooges)    02:58  
16.    Gemini    04:53   
Total playing time    32:54


20070429191129.jpg

関連記事