★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
| Login |
2006年01月31日 (火) | 編集 |
CD/カナダ盤/2003年/6-20673-19772-4

ケンタッキーのバンド、最新作。
1986年結成以来、実に17枚!!のアルバムを発表している。
そのほかに、ベスト盤の2種類だしているらしい。
いまどきこんな多作のバンドも珍しい、
20枚近くリリースしているのに、知名度は低い。

AC/DCとか、テッド・ニュージェントとか、ガンズとか、
あんな感じのサウンドだ。
アメリカのバンドだから、当然といえば当然か。

脱退したメンバーも、現在のメンバーも、
過去にも現在にも有名バンドへの参加履歴がないのが情けない。

けっこう、楽しめるアルバムで、水準以上は確保している。
傑作ではないけど。


曲目:
1. Blow It All Away
2. To The Sky
3. More Than Human
4. Drop D
5. Head Lookin' For A Bullet
6. Best I Expect To Do
7. Evil Geniuses
8. Revolution
9. Baren River Blues
10. Microphone
11. Short Time In The Grave
12. Universe
13. White Elephant


Bride - This Is It
関連記事

2006年01月28日 (土) | 編集 |
CD/独盤?/1991年

クープランのハープシコード曲集。

ああ、癒されるな…。


演奏:
Alan Cuckston, Harpsichord


曲目:
Pieces for Harpsichord,
Book IV (Paris 1730) ,Nos. 22, 23, 25 & 26


評価:★★★★(音もよいです)

COUPERIN.gif


関連記事

2006年01月28日 (土) | 編集 |
CD/EU盤/2004.08.02/7243-5-79875-2-3

メガデスの最大のヒット作のリマスター&リミックス。
オリジナルは1992年で、国内盤は東芝EMI、3000円!だった。
ちなみに、同時期にリリースされた
メタリカの「ブラックアルバム」はSONYからで2300円。

このリイシュー盤、オリジナルとかなり異なる、
ラフミックスみたいな感じで、ラフでロウな印象。
緻密な構成がこのアルバムのウリなのに、
それをそこねてしまってる。

蛇足、このジャケットに「メガデスくん」が
登場していないって話題になったけど、
よくみてみましょう、ちゃんと、「メガデスくん」、いますよ。


曲目:
1.Skin O' My Teeth
2.Symphony Of Destruction
3.Architecture Of Aggression
4.Foreclosure Of A Dream
5.Sweating Bullets
6.This Was My Life
7.Countdown To Extinction
8.High Speed Dirt
9.Psychotron
10.Captive Honour
11.Ashes In Your Mouth
12.Crown Of Worms - previously unreleased in the U.S.
13.Countdown To Extinction (Demo) - previously unreleased
14.Symphony Of Destruction (Demo) - previously unreleased
15.Psychotron (Demo) - previously unreleased

Megadeth.jpg

関連記事

2006年01月28日 (土) | 編集 |
CD/国内盤/1993.6.23/KICP-2712

フランスのプログレ、セカンド。
オリジナルリリースは1975年。

フランスのバンドの名盤というと、
間違いなくこのアルバムが最初に語られる。
それくらいの傑作&名盤だ。


曲目:
1.悪魔払いのフォトグラファー~スーフルの青い光~あばかれた正体~怪奇現象~…そして出現
2.カゾットNo.1
3.恍惚の盗人~陶酔~色彩の盗人~
4.思考時間~謎の暗闇~透明な湖上にて
5.夢魔~睡眠思考~冷凍幻影~老衰頭脳~精神侵蝕
6.狂った操り人形~操り人形~神への冒とく
7.プラスチックの墓碑~プラスチックの街~墓地~不思議な子供たち~夜を求めて


20060128222318.jpg

関連記事

2006年01月28日 (土) | 編集 |
CD/韓国盤/2004.4.26

ストラトヴァリウスのヴォーカルのセカンドソロ。
シュリンクに「ストラトヴァリウス卒業」という
シールがでかでかと貼り付けてあったけど、
結局、脱退せずにだらだらと行動をともにして、
先日は来日してTV番組「ヘビメタさん」にも出演していた。

この韓国盤には、韓国盤独自のボーナストラックが
1曲収録された全11曲、他にヴィデオが2曲入っている。


ストラトヴァリウスと大差ないことをやってるけど、
ギターはこっちのほうが巧いと思ってクレジットを確かめたら、
シンフィニーXのマイケル・ロメオが参加している。
そりゃ、巧いよ…。

コティペルトのヴォーカルは相変わらずたいしたことないので、
歌唱力とかは期待しないこと。

録音はフィンランドでおこなわれているから、
マイケル・ロメオはアメリカからわざわざフィンランドまでいったのか?


曲目:
01. Seeds Of Sorrow
02. Reasons
03. Around
04. Can You Hear The Sound
05. Snowbound
06. Journey Back
07. Evening痴 Fall
08. Coldness Of My Mind
09. Take Me Away
10. Here We Are


評価:★★★(ようはトルキと不仲ってことか?)

20060128221733.jpg


関連記事