FC2ブログ
★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
| Login |
2018年11月02日 (金) | 編集 |
CD/国内盤/1991.6.1/CSCS-6006

通算8作目(1979年)、
初期の大仰なサウンドはほぼ霧散して、
時代に迎合したのか、なんとディスコサウンドが飛び出す、
あっと驚くポップスアルバムに仕上がっている。

ただ、同時期のKISSも、ポップス志向、
ディスコサウンドの導入などを行っており、
そういう時代であったとも言える。

前作がレコード2枚組でやりたいことはやり尽くして
こういった方向性へ転換したのかもしれない。


曲目:
1 Shine A Little Love 4:44
2 Confusion 3:43
3 Need Her Love 5:13
4 The Diary Of Horace Wimp 4:18
5 Last Train To London 4:34
6 Midnight Blue 4:20
7 On The Run 3:57
8 Wishing 4:14
9 Don't Bring Me Down 4:05


Electric Light Orchestra ‎– Discovery


2018年11月02日 (金) | 編集 |
CD/国内盤/1990.9.1/CSCS-6032

通算7作目(1977年)、
長岡秀星の流麗なジャケットイラストも印象的。
レコード2枚組をCD1枚に全曲収録、
3面の4曲(10-13)は「雨の日のコンチェルト」という
副題のついた組曲になっている。

ロック系としてはレンジが広く力強い音、
そのしっかりしたサウンドに見合った好盤で、
ELOを代表する名盤といえる。


曲目:
1 Turn To Stone
2 It's Over
3 Sweet Talkin' Woman
4 Across The Border
5 Night In The City
6 Starlight
7 Jungle
8 Believe Me Now
9 Steppin' Out

Concerto For A Rainy Day
10 Standin' In The Rain
11 Big Wheels
12 Summer And Lightning
13 Mr. Blue Sky

14 Sweet Is The Night
15 The Whale
16 Birmingham Blues
17 Wild West Hero

Electric Light Orchestra ‎– Out Of The Blue

2018年11月02日 (金) | 編集 |
CD/国内盤/1990.9.1/CSCS-6031

通算6作目(1976年)、デジタル・リマスター前の旧盤。
一般にELOというと、このアルバム以降を思い浮かべるのは、
ジャケットに例のUFOっぽいデザインが初めて登場したのが
このアルバムだからかもしれない。

録音はドイツのスタジオだが
オーケストラ・パートはイングランドで収録。
前作までがどことなく70年代を感じさせるのに対して
本作以降は(まだ70年代のアルバムなのに)
80年代を感じさせる、それだけ未来志向だったわけだ。


曲目:
1 Tightrope 5:00
2 Telephone Line 4:38
3 Rockaria! 3:12
4 Mission (A World Record) 4:24
5 So Fine 3:55
6 Livin' Thing 3:31
7 Above The Clouds 2:16
8 Do Ya 3:45
9 Shangri-La 5:34


Electric Light Orchestra ‎– A New World Record

2018年11月02日 (金) | 編集 |
CD/米盤/1989年?/ZK-35527

通算5作目(1975年)、
ファンタジックなジャケットが多いELOにあって、
死刑用の電気椅子という
ちょっと暗い雰囲気のジャケットは珍しい。

1980年代終わりくらいのプレスと思われる、
同時期にプレスされた4作目の「Eldorado」には
デジタル・リマスターの表記があるのに
本盤には記載なし、リマスターされていないようだ。
日本だったら同時期に再発盤をだすなら
一括してデジタル・リマスター盤とするだろう、
こういった大雑把さと言うかいい加減さ、
鷹揚さはアメリカらしい?

前作同様オーケストラを取り入れているが
あまり大仰な感じはなく、むしろあっさりしている、
この大仰さを感じさせない部分がELOの良さであり、
限界だったのかもしれない。


曲目:
1 Fire On High 5:31
2 Waterfall 4:27
3 Evil Woman 4:19
4 Nightrider 4:24
5 Poker 3:32
6 Strange Magic 4:29
7 Down Home Town 3:54
8 One Summer Dream 5:48


R-501514-1375385939-5342.jpg

2018年11月02日 (金) | 編集 |
CD/米盤/1987年/ZK-35526

通算4作目(1974年)、ELOにとって初の大ヒットとなったアルバム、
コンセプト作品で、夢の国「エルドラド」が舞台になっているが
そういったことをまったく意識しなくても
ポップ・アルバムとして音だけで楽しめる(だからヒットしたわけです)。

この1987年米盤にはデジタル・リマスター表記がある、
同時期に出ていた日本盤はリマスター盤ではない。
日本でいわゆるデジタル・リマスター盤が普及流通し始めたのは
90年代に入ってからだが、表記がないだけで
実はリマスター音源というものもあるのか、
米盤はリマスター、日本盤は旧マスターでプレスされていたのか。


曲目:
1 Eldorado Overture 2:13
2 Can't Get It Out Of My Head 4:21
3 Boy Blue 5:19
4 Laredo Tornado 5:30
5 Poorboy (The Greenwood) 2:56
6 Mister Kingdom 5:30
7 Nobody's Child 3:57
8 Illusions In G Major 2:38
9 Eldorado 5:18
10 Eldorado–Finale 1:39


Electric Light Orchestra ‎– Eldorado - A Symphony By The Electric Light Orchestra