★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2018年06月21日 (木) | 編集 |
CD/米盤/2016年/CPI-36728-02

ラテン系アーティストによるCCRのカヴァー・アルバム。
(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル(Creedence Clearwater Revival))

これがなかなかおもしろい、
元曲を知っていればラテン・ヴァージョンとの差異を楽しめるし、
元曲を知らなくてもラテン・ロックのアルバムとして楽しめる。

1にはベースでルディ・サーゾ、
3のドラムはグレッグ・ビソネットなど、
なぜかメタル畑の人もちらほらと参加しているし、
12は御大ZZ-TOPのビリー・ギボンズだ。


曲目:
1 –Bunbury Corre Por La Jungla (Run Through The Jungle)
2 –Los Lobos Bootleg
3 –Juan Gabriel Gracias Al Sol (Have You Ever Seen The Rain?)
4 –Los Lonely Boys Born On The Bayou
5 –A Band Of Bitches Feelin’ Blue
6 –Ozomatli Bad Moon Rising
7 –Enjambre Who’ll Stop The Rain
8 –Andrés Calamaro Long As I Can See The Light
9 –Bang Data Fortunate Son (Fortunate Hijo)
10 –El Tri Proud Mary
11 –Salvador Santana Molina
12 –Billy Gibbons & La Marisoul Green River
13 –Diamante Eléctrico Up Around The Bend
14 –Los Enanitos Verdes Travelin’ Band


Various ‎– Quiero Creedence

2018年04月03日 (火) | 編集 |
CD/国内盤(イギリス・プレス?)/2007年/OTCD-2137

ぱっと見るとFuneral For A Friendのアルバムのようだが、
Funeral For A Friendのメンバーが選曲したコンピ盤。
ツアー中に移動のバスの中で聴く曲というコンセプトで、
「Back To The Bus」というシリーズとして何種類か出ているらしい。

ほとんど買う価値の無いCDと言って良い、
音質もオリジナルアルバムより落ちるからメリットがない。
15はFuneral For A Friendのライヴ・テイクだが、
いったいどこから引っ張ってきた音源なのか不明。


曲目:
1 –Queen Don't Stop Me Now 3:30
2 –Dub War Enemy Maker 3:59
3 –earthtone9 Tat Twam Asi 5:32
4 –Faith No More Midlife Crisis 4:20
5 –Filter Take A Picture 6:00
6 –Boston More Than A Feeling 4:43
7 –Van Halen Ain't Talkin' Bout Love 3:48
8 –Far Water And Solutions 3:09
9 –Megadeth Holy Wars... The Punishment Due 6:34
10 –The Haunted Bury Your Dead 3:05
11 –Pantera Mouth For War 3:58
12 –Black Sabbath Black Sabbath 6:16
13 –Longview Further 4:06
14 –Johnny Cash Folsom Prison Blues 2:49
15 –Funeral For A Friend Roses For The Dead [Exclusive Live Version] 4:09


Funeral For A Friend ‎– Back To The Bus


2017年09月08日 (金) | 編集 |
CD/米盤/1998年/CLP-0464-2

アリス・クーパーのトリビュート・アルバム、
この手のカヴァー・アルバムはイマイチのものがほとんどだが、
この盤は参加メンバーが豪華な上にけっこう出来が良い。

1はほぼデフ・レパードによるカヴァー(Jエリオットとフィル・コリンが参加)、
ちょっと意外なところでクラレンス・クレモンズがサックスを演奏している、
2はほぼメガデスのカヴァー(ムステインとマーティさんが参加)、
3はメガデスのカヴァーでも有名だがここではなんとロジャー・ダルトリーが歌唱、
4は御大ロニー・ディオに、あっと驚くスティーヴ・ルカサーがギター、
5はほぼモトリー(ヴィンスとミック・マーズが参加)、
6はほぼメイデン(ブルースとエイドリアン・スミスが参加)、
10ではドン・ドッケンとジョン・ノーラムのコンビが復活、
11はスティーヴ・ジョーンズにダフとマット・ソーラムというややパンク人脈。

おそらくボブ・キューリックの企画だから、
彼の人脈の広さには恐れ入る、
特にロジャー・ダルトリーの参加には驚くしか無い。


曲目:
1. Under My Wheels
2. Schools Out
3. No More Mr. Nice Guy
4. Welcome To My Nightmare
5. Cold Ethyl
6. Black Widow
7. Go To Hell
8. Billion Dollar Babies
9. Only Women Bleed
10. Eighteen
11. Elected

Traccia 1: Joe Elliott, Phil Collen, Bob Kulick, Chuck Wright, Pat Torpey, Clarence Clemons
Traccia 2: Dave Mustaine, Marty Friedman, Bob Kulick, Bob Daisley, Eric Singer, Paul Taylor, David Glen Eisley, Cristy Baeuerle, Szella Stevens, Tom Fletcher
Traccia 3: Roger Daltrey, Slash, Bob Kulick, Mike Inez, Carmine Appice, David Glen Eisley
Traccia 4: Ronnie James Dio, Steve Lukather, Bob Kulick, Phil Soussan, Randy Castillo, Paul Taylor
Traccia 5: Vince Neil, Mick Mars, Bob Kulick, Billy Sheehan, Simon Phillips
Traccia 6: Bruce Dickinson, Adrian Smith, Bob Kulick, Tony Franklin, Tommy Aldridge, David Glen Eisley, Derek Sherinian
Traccia 7: Dee Snider, Zakk Wylde, Bob Kulick, Rudy Sarzo, Frankie Banali, Paul Taylor
Traccia 8: Phil Lewis, George Lynch, Bob Kulick, Stu Hamm, Vinnie Colaiuta, Derek Sherinian, David Glen Eisley
Traccia 9: Glenn Hughes, Paul Gilbert, Bob Kulick, Mike Porcaro, Steve Ferrone, Paul Taylor, David Glen Eisley
Traccia 10: Don Dokken, John Norum, Bob Kulick, Tim Bogert, Greg Bissonette, David Glen Eisley
Traccia 11: Steve Jones, Duff McKagan, Billy Duffy, Matt Sorum


R-3195273-1380423226-7297.jpg

2017年04月15日 (土) | 編集 |
CD/米盤/1999年/CMR-7977-2

バッド・ブレインズのトリビュート・アルバム、
1がいきなりハウス系のMobyではじまってアレっと思う。
参加バンドでもっともビッグなのはVision Of Disorderだろうか、
ただ、「Soulcraft」を選んだのは無理があった、
残念ながら元曲の凄さにはまったく追いついていない。

どのカヴァー・ヴァージョンを聴いても
バッド・ブレインズのオリジナルに存在する凄みは消え去っている。


曲目:
Moby Sailin' On 3:31
Ignite Pay To Cum 1:34
Skinlab The Messengers 2:09
Vision Of Disorder Soulcraft 2:28
Snapcase I 2:12
Entombed Yout' Juice 2:46
Ryker's Attitude 1:26
16 Right Brigade 2:30
Sepultura Gene Machine / Don't Bother Me 2:53
Adamantium Re-ignition 4:12
Downset Supertouch / Shitfit 3:13
Haste No Conditions 3:59
Will Haven The Regulator 1:48
Turmoil Coptic Times 2:42
Boy Sets Fire I Against I 3:59
Shai Hulud Fearless Vampire Killers 2:29
S.F.A. Banned In D.C. 2:14
Breakdown The Regulator 1:07
Cave In I Luv I Jah 9:05

R-458516-1468279930-7290.jpg

2017年04月11日 (火) | 編集 |
CD/アルゼンチン盤/2008年/8869-737012-2

アルゼンチンのポップス歌手、レオン・ヒエコのトリビュート・アルバム。
vol.2もあるようだが、1しか持っていない。
フォルクローレを基本としたフォーク・ソングで、
政治的な歌詞が多いことからボブ・ディランと比較されることも多いようだ。

と言われても歌詞はスペイン語なので理解不可能、
カヴァーしているミュージシャンは
アルゼンチン本国ではそこそこ知名度があるらしく、
バンド名やアーティスト名で検索するとかんたんに情報が得られる。

イギリス人やアメリカ人がドリカムやZARDを聴いて楽しいかというと、
まあ、なかにはマーティ・フリードマンみたいな人もいるわけで、
このCDも、ここ日本では、そういった少数派の音楽ファン向けだ。


曲目:
La colina de la vida - Las Pelotas
Guitarra - Luis Alberto Spinetta
Todos los días un poco - Mercedes Sosa
Cinco siglos igual - Gustavo Santaolalla
De igual a igual - Los Tipitos
Canción de amor para francisca - Bersuit Vergarabat
Familia rodante - La Vela Puerca
La navidad de Luis - Jorge Rojas
Cola de amor - Arbolito
Mensajes del alma - Raly Barrionuevo
La Cultura es la sonrisa - Los Nocheros
La mamá de Jimmy - Smitten
Hombres de hierro - Miguel Zavaleta/Los Romeos
La memoria - Reincidentes
I only ask of god - Outlandish


gieco.jpg