FC2ブログ

2019'07.17 (Wed)

César Franck - Symphonie D-Moll • In D Minor

AD/独盤/1976年/2530-707-21

バレンボイムは特に好きな指揮者ではないが
適当にあれこれ買い込んでいるうちに
いつのまにか数十枚は集まってしまった。
(過去に7枚くらい取り上げている)
収録データの記載なし、1975年か76年あたりのアナログ収録か。

有名曲で録音も数多いから適当に選んで買えばよろしい、
フランスのオケだからいちおうお国モノ、
作曲家の国のオケが演奏すると、
オケの良し悪しとは別に「それらしさ」が出るものです。


演奏:
Conductor – Daniel Barenboim
Orchestra – Orchestre De Paris

曲目:
Symphonie D-Moll
A1 1. Lento — Allegro Non Troppo 18:32
A2 2. Allegretto — Poco Più Lento — Tempo I 10:02
B1 3. Allegro Non Troppo 11:17

Rédemption, Morceau Symphonique
B2 Maestoso Poco Lento 13:45


R-3873649-1347656418-3600.jpg

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

18:03  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  ↑Top

2019'07.11 (Thu)

Pavel Vranický - Symphonies In D Major/In C Minor

CD/チェコスロヴァキア盤/1991年/11-0956-2

チェコとスロヴァキアに分裂する前のプレス、
デジタル収録のDDD、
スプラフォンにしては野暮ったさは少なめ、
といっても「超ワイドレンジで高解像度!」な音ではない。

パヴェル・ヴラニツキーはモーツァルトと同時代のチェコの作曲家、
おそらく初めて聴いたと思う、
作曲家も指揮者もマイナーどころでコレクター向きだが、
音楽そのものは無難で派手さがなくコレクター向きではない。


演奏:Dvořák Chamber Orchestra, Bohumil Gregor

曲目:
Symphony In D Major,Op.52
1 Adagio Maestoso. Allego Molto 9:34
2 Adagio 14:16
3 Menuetto 3:32
4 Finale. Vivace Assai 6:38
Symphony In C Minor, Sine Op.
5 Grave. Allegro Assai 7:16
6 Adagio 5:26
7 Allegretto 3:16
8 Presto 5:26


Pavel Vranický

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

20:43  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  ↑Top

2019'06.15 (Sat)

Holst: The Planets, Op. 32, etc.(惑星)

CD(2枚組)/米盤/1993年/CDX-5105

1974年アナログ収録をデジタル・リマスター、
VOX系廉価再発盤で、当時としてはかなり安かったはず。
(記憶が定かでないが新品で980円とかそんなもんだったような)

Walter Süsskindはワルター・サスキンドと読むのかと思っていたら
ワルター・ジュスキントでチェコの指揮者でした、
ずっとアメリカの指揮者と思い込んでいた。

ホルストの「惑星」は中身のない派手な曲なので
アメリカのオケにはうってつけ、楽しめる演奏だ。

レコードの原盤はターナバウト・レーベルのサラウンド仕様、
ターナバウトはアメ盤で盤質イマイチだし
それがサラウンド仕様とあっては期待薄、
入手が容易なCDで買うほうが得策でしょう。


演奏:St. Louis Symphony Orchestra, Walter Susskind

曲目:
CD1:Holst: The Planets, Op. 32
CD2:Smetana: Má Vlast


5105.jpg

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

20:49  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  ↑Top

2019'05.24 (Fri)

Antonín Dvořák - Sinfonie Nr. 9 E-Moll Op.95 "Aus der Neuen Welt"

AD/オランダ盤/1979年/1C-065-03-646

ロストロポーヴィチは録音面では冴えない物が多く、
このレコードも全く期待しないで入手したが、
これが意外と悪くない、彼の音源では珍しい。

収録データの記載無し、
ライナーの執筆年代が1979年となっているから、
それ以前の録音ということになる。

必携と言うほどではないが
こういったメジャー曲としては推奨できる。


演奏:
Conductor – Mstislav Rostropovich
Orchestra – The London Philharmonic Orchestra

曲目:
A1 1.Satz: Adagio - Allegro Molto
A2 2.Satz: Largo
B1 3.Satz: Scherzo (Molto Vivace)
B2 4.Satz: Allegro Con Fuoco


R-11641309-1550589659-2842.jpg

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

19:36  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  ↑Top

2019'05.24 (Fri)

Sergey Ivanovich Taneyev Taneiev Edited Blok Symphony No. 2 In B Flat Minor / Alexander Glazunov Glazounov Symphony No. 5 In B Flat Major, Op. 55:

AD/イギリス盤/1978年/ASD-3363

メロディアだから漠然とソ連盤だろうと買いこんで
帰宅して確かめたら、原盤がメロディアで、
EMIがプレスしてリリースしたものだった、
つまりイギリス盤でした。
というわけでUSSRの粗悪なプレスではないので、
比較的安心して楽しめる盤と言えます。

タネーエフは初めて取り上げると思っていたが
ブログ内検索してみたら、過去に1枚取り上げていた。

1975年アナログ収録、良い意味で素朴であたたかみのある音、
オーディオマニア的な優秀録音ではないが
レンジが狭く、ゆったりたっぷりした
世間一般で言うところの「アナログ」サウンド、
落ち着いて聴ける良さがある。


演奏:
Conductor : Vladimir Fedoseyev
Orchestra : Moscow Radio Symphony Orchestra

曲目:
A1 –Sergey Ivanovich Taneyev Taneiev Edited Blok Symphony No. 2 In B Flat Minor: Introduction Allegro
A2 –Sergey Ivanovich Taneyev Taneiev Edited Blok Symphony No. 2 In B Flat Minor: Andante
A3 –Sergey Ivanovich Taneyev Taneiev Edited Blok Symphony No. 2 In B Flat Minor: Allegro

B1 –Alexander Glazunov Glazounov Symphony No. 5 In B Flat Major, Op. 55: Moderator Maestoso Allegro
B2 –Alexander Glazunov Glazounov Symphony No. 5 In B Flat Major, Op. 55: Scherzo (Moderato)
B3 –Alexander Glazunov Glazounov Symphony No. 5 In B Flat Major, Op. 55: Andante
B4 –Alexander Glazunov Glazounov Symphony No. 5 In B Flat Major, Op. 55: Allegro Maestoso


Sergey Ivanovich Taneyev

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

15:00  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT