FC2ブログ
★玉石混交、思いつくまま気の向くまま、テキトーに、その日の気分で紹介。音楽聴いて何かを得よう、とか思ってる人は読まないほうが身のためです。当面の目標は1万枚紹介です。
| Login |
2019年01月12日 (土) | 編集 |
CD/国内盤/1991.10.21/MVCG-64

ザ・バンドのギタリストのソロ、2作目。
バンドの音楽とは異なる、いわゆるAORを演奏している。
11は日本盤ボーナストラック。

ヴォーカルはうまくはないが味があるタイプ、
ロックやポップスのヴォーカルは中途半端にうまいと
あざとくなってしまうのでこれくらいが良い。

ザ・バンドのファンよりも
CD全盛時代の洋楽好きに推奨したい。


曲目:
1 Night Parade 5:07
2 Hold Back The Dawn 5:27
3 Go Back To Your Woods 4:50
4 Soap Box Preacher 5:19
5 Day Of Reckoning (Burnin' For You) 6:45
6 What About Now 5:10
7 Shake This Town 5:23
8 Breakin' The Rules 5:50
9 Resurrection 5:20
10 Sign Of The Rainbow 5:26
11 The Far, Lonely Cry Of Trains


Robbie Robertson ‎– Storyville


2019年01月11日 (金) | 編集 |
CD/国内盤/1988年/R32P-1173

一時期、典型的な「あの人は今」状態だったリックのセカンド。
彼のアルバムで大ヒットしたのはデビュー作と本作のみ、
実質デビュー作1枚のみで記憶に残るアーティストになったわけで、
一発屋と言っても格が違う?

日本ではバブル絶頂期にディスコで流れる音楽で、
(当時のディスコは現在のクラブとは異なる文化だった)
それもあって安っぽいイメージが付きまとってしまった。

規格番号からも分かる通り定価3200円、
CDはまだまだお高い時代だった、
裏ジャケを見ると国内盤なのにmade in USAの文字がある、
CD初期にはアメリカプレスの日本盤というのがあったのです。
(その一方で、輸入盤が日本プレスということもあった)


曲目:
1 She Wants To Dance With Me 3:17
2 Take Me To Your Heart 3:30
3 I Don't Want To Lose Her 3:35
4 Giving Up On Love 4:05
5 Ain't Too Proud To Beg / Put Yourself In My Place 4:20
6 Till Then (Time Stands Still) 3:18
7 Dial My Number 4:10
8 I'll Never Let You Down 3:58
9 I Don't Want To Be Your Lover 4:01
10 Hold Me In Your Arms 4:35

Rick Astley ‎– Hold Me In Your Arms

2018年12月20日 (木) | 編集 |
CD/国内盤/1993年/WPCP-5305

当時大流行したMTVアンプラグドものの1枚、
アンプラグド系のアルバムの中では
非常に出来の良い、上質な部類に入る。

ロッドの声がこうしたアンプラグドに向いているということもあるし、
盟友ロン・ウッドの好サポートも印象的だ。


曲目:
1 Hot Legs 4:25
2 Tonight's The Night 4:06
3 Handbags And Gladrags 4:25
4 Cut Across Shortly 4:59
5 Every Picture Tells A Story 4:45
6 Maggie May 6:02
7 Reason To Believe 3:51
8 People Get Ready 5:04
9 Have I Told You Lately 4:03
10 Tom Traubert's Blues (Waltzing Matilda) 4:40
11 The First Cut Is The Deepest 4:13
12 Mandolin Wind 5:23
13 Highgate Shuffle 4:04
14 Stay With Me 5:18
15 Having A Party 4:45


Rod Stewart ‎– Unplugged And Seated

2018年10月31日 (水) | 編集 |
CD(3枚組BOX)/国内盤(ドイツ・プレス)/1989年/P69L-500006~500008

CD3枚にシングル音源58曲を収録したベスト盤、
レコードサイズのボックスに
72ページのブックレットを収納した輸入盤に、
日本語解説と帯を付けて国内仕様として流通していたもの。

帯にはメイド・イン・ウェスト・ジャーマニーと記載されているが
ボックス裏面にはプリンテッド・イン・USAとある、
CD盤をみるとメイド・イン・ジャーマニーで、西独では無い。
ボックスやブックレットはアメリカ製で
CDはドイツ・プレスということだろうか、
ただ、最終工程は日本で解説や帯を付けているわけで
そうなると便宜上は日本製とするのが正しい?

CDジャケットにはデジタリー・リマスタードとある、
裏ジャケを見るとADDではなくAAD。
現在はSACD化にあたって行われたと思われる
DSDリマスター音源で流通しているようなので
この旧盤を買うメリットはあまりないものと思われる。


曲目:
1-1 Come On 1:48
1-2 I Want To Be Loved 1:51
1-3 I Wanna Be Your Man 1:43
1-4 Stoned 2:07
1-5 Not Fade Away 1:48
1-6 Little By Little 2:38
1-7 It's All Over Now 3:26
1-8 Good Times, Bad Times 2:31
1-9 Tell Me 2:59
1-10 I Just Want To Make Love To You 2:16
1-11 Time Is On My Side 2:58
1-12 Congratulations 2:26
1-13 Little Red Rooster 3:03
1-14 Off The Hook 2:34
1-15 Heart Of Stone 2:42
1-16 What A Shame 3:04
1-17 The Last Time 3:38
1-18 Play With Fire 2:10
1-19 (I Can't Get No) Satisfaction 3:45
1-20 The Under Assistant West Coast Promotion Man 3:19
1-21 The Spider And The Fly 3:37
1-22 Get Off My Cloud 2:54
1-23 I'm Free 2:23
1-24 The Singer Not The Song 2:25
1-25 As Tears Go By 2:41
2-1 Gotta Get Away 2:08
2-2 19th Nervous Breakdown 3:56
2-3 Sad Day 2:59
2-4 Paint It, Black 3:45
2-5 Stupid Girl 2:53
2-6 Long, Long While 3:00
2-7 Mother's Little Helper 2:46
2-8 Lady Jane 3:07
2-9 Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow? 2:34
2-10 Who's Driving Your Plane? 3:12
2-11 Let's Spend The Night Together 3:25
2-12 Ruby Tuesday 3:11
2-13 We Love You 4:30
2-14 Dandelion 3:50
2-15 She's A Rainbow 4:09
2-16 2000 Light Years From Home 4:41
2-17 In Another Land 2:54
2-18 The Lantern 4:23
2-19 Jumpin' Jack Flash 3:39
2-20 Child Of The Moon (Rmk) 3:06
3-1 Street Fighting Man 3:16
3-2 No Expectations 4:00
3-3 Surprise, Surprise 2:28
3-4 Honky Tonk Women 3:03
3-5 You Can't Always Get What You Want 5:11
3-6 Memo From Turner 4:08
3-7 Brown Sugar 3:49
3-8 Wild Horses 5:41
3-9 I Don't Know Why (Aka Don't Know Why I Love You) 2:59
3-10 Try Little Harder 2:18
3-11 Out Of Time 3:19
3-12 Jiving Sister Fanny 3:24
3-13 Sympathy For The Devil 6:25


60006.jpg

2018年10月30日 (火) | 編集 |
CD/国内盤/1991年/WPCP-4195

通算7作目、メジャー移籍後2作目、
大ヒットした代表作で、音楽性もすっかり変化、
ポップでわかりやすく、当時流行の
グランジ/オルタナ路線にうまく合わせてある。

その一方で、グランジ/オルタナ・ムーヴメントの影響が薄く、
その手のバンドがいまひとつ盛り上がっていなかった日本では
ほとんど話題にならなかった。
(ニルヴァーナやサウンドガーデンですら
来日公演の会場はクラブチッタだったのです)


曲目:
1 Radio Song 4:16
2 Losing My Religion 4:28
3 Low 4:56
4 Near Wild Heaven 3:19
5 Endgame 3:50
6 Shiny Happy People 3:46
7 Belong 4:07
8 Half A World Away 3:28
9 Texarkana 3:40
10 Country Feedback 4:09
11 Me In Honey 4:06


Out Of Time アウト・オブ・タイム