FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.05.07 (Tue)

Along Way Home ‎– Solace

CD/国内盤/2010.5.12/IQCD-1052

カナダのエモ/スクリーモ、
デビュー作にしておそらく唯一のアルバム。

典型的&類型的、
教科書に載っているお手本のようなサウンド。
個性のかけらもないが、それでいいのかそこがいいのか。

この手の音楽が好きな人にとってはこれでいいのだろうが、
これ1枚で消え去ったのは、個性がなかったからだろう。


曲目:
1 Introduction 0:51
2 Starscream 4:11
3 4 Slugs From A .44 3:51
4 Boyz 2 Men 4:10
5 Rise Of The Clone Army 4:08
6 Touching Freddie Mercury 3:16
7 My Level 10 Bowstaff Skills Say "You Should Shut Your Goblin Mouth" 3:13
8 We Will Carry On 4:03
9 8 Speed Assassin 3:32
10 We Are Sex Patrol 3:46
11 Who Are You? 3:42


Along Way Home ‎– Solace

テーマ : Punk/Hardcore ジャンル : 音楽

タグ : ハードコア ロック

20:57  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.23 (Sat)

Affiance ‎– No Secret Revealed

CD/国内盤(アメリカ・プレス)/2010年/BTJ-010

未開封輸入盤に帯をつけて日本国内仕様としたもの、
税込み定価1575円だから、お安い値付けと言える。

クリーヴランドのメタルコア/エモ/スクリーモのデビュー作、
かなりメタル色が強いので、メタルファンでも楽しめそう。
デビュー作としてはじゅうぶん及第点を付けられる…
と今更言っても仕方がない、アルバム3枚出して解散してしまったのだ。


曲目:
1 Mad As Hell 1:36
2 Call To The Warrior 4:27
3 Nostra Culpa 3:22
4 For Power 3:49
5 A Monster Fed 3:51
6 The Hive 4:14
7 A Reading From The Book Of 4:38
8 Der Fuhrer 4:35
9 Dissent! 3:57
10 Calculate And Control 5:00


Affiance ‎– No Secret Revealed

テーマ : Punk/Hardcore ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM ハードコア

18:02  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.23 (Sat)

Any Face ‎– Perpetual Motion Of Deceit

CD/イタリア盤/2014年/NDR-0022

イタリアのテクニカル・デス、通算3作目で最終作。
メタルコアよりのデス・メタルなので、
ヴォーカルもデス声というよりはハードコアっぽい。
(メンバー写真を見ると全員坊主頭で長髪がいない)

それなりに良く出来ているし演奏も巧い、
しかしいまひとつ決め手に欠けるというか、
ここだ!という部分がない。
アルバム3枚出しただけでも立派でしょう。


曲目:
1 Twisted Motion Of Deceit 3:12
2 Fading In Confusion 5:40
3 Trapped In Yourself 6:06
4 The Hell Of Future (Wall Of Lies Around Us) 4:24
5 Perpetual Motion Of Deceit 3:33
6 Enduring Captivity 5:22
7 Locked Up 6:27
8 Desensitized 4:41


Any Face ‎– Perpetual Motion Of Deceit

テーマ : デスメタル ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM スラッシュ・メタル プログレ デス・メタル ロック イタリア

15:52  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.22 (Fri)

Karl Jenkins / Adiemus ‎– Adiemus IV - The Eternal Knot

CD/EU盤/2000年/CDVE-952(7243-8-49965-2-9)

ソフト・マシーンのカール・ジェンキンスのソロ・プロジェクト、
初期には単に「アディエマス」と名乗っていたが、
いつのまにかカール・ジェンキンスの名前と
プロジェクト名のアディエマスが併記されるようになった。

ソフト・マシーンはジャズ・ロック、
アディエマスは女性ヴォーカルのミリアム・ストックリーを
中心に据えたニュー・エイジ・ミュージック。
ところがミリアムは本作を最後に脱退してしまった。

いかにもなニューエイジ・ミュージックで、
喜多郎やら姫神やらが好きな人向け、
NHKの紀行物のバックで流れていそうな音楽。
集中して聴くというよりも、聴いてリラックスするためのものだ。


曲目:
1 Cu Chullain 6:15
2 The Eternal Knot 4:04
3 Palace Of The Crystal Bridge 3:42
4 The Wooing Of Étaín 5:25
5 King Of The Sacred Grove 6:05
6 Saint Declan's Drone 3:58
7 Salm O "Dewi Sant" 4:23
8 Connla's Well 4:19
9 The Dagda 7:56
10 Children Of Dannu 3:32
11 Ceridwen's Curse 4:30
12 Hermit Of The Sea Rock 1:45
13 Isle Of The Mystic Lake 3:16
14 Math Was A Wizard 2:57

R-2749876-1426850595-4419.jpg

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽

タグ : プログレ

09:02  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.21 (Thu)

a-ha - Hunting High and Low

CD/国内盤/1985.12.21/32XD-375

a-haのデビュー作、過去に米盤ADで紹介済み、
今回取り上げるのはリリース当時のプレスの日本盤CD、
型番からわかるように定価3200円時代のもの。

プレスから34年が経過しているが何の問題もなく再生できる、
「CDは20年で読めなくなる」といったデマを撒き散らしている連中は
猛省して欲しい、我が家には30年以上経過したCDも大量にあるが
読めなくなったものなど、数千枚に1枚あるかないかだ。
そもそも20年でダメになるなら、CD全盛時代の
1990年代にプレスされた大量のCDが読めなくなるはずだが
そんな話、耳にしたことがありますか?

さて、本盤はCD初期盤だけあってまだ迷走中だったようで、
CD番号は32XD-375なのに、背表紙部分には
9-25300-2と輸入盤のCD番号が印刷されている。
(裏ジャケ部分には32XD-375が印刷されている)


曲目:
1 Take On Me 3:46
2 Train Of Thought 4:11
3 Hunting High And Low 3:43
4 The Blue Sky 2:22
5 Living A Boy's Adventure Tale 5:00
6 The Sun Always Shines On T.V. 5:06
7 And You Tell Me 1:51
8 Love Is Reason 3:04
9 I Dream Myself Alive 3:06
10 Here I Stand And Face The Rain 4:30


a-ha - Hunting High and Low

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

20:47  |  A  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT