2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.23 (Sat)

Glière - Ilya Murometz (Symphony No.3)

AD(2枚組)/オランダ盤/1979年/PCM-500-1

ジャケットに誇らしげにPCMデジタルレコーディングと印刷されている、
ロンドンのオール・セインツ・チャーチにて1978年デジタル収録。

SONYのPCM-1を使用、PCM-1は1977年発売、
世界初のPCMプロセッサーで、βデッキと組み合わせて使用する、
13bitレコーダーだが14bitとして動作させる構造、
マイク入力を備えているため、左右のマイクを接続して
超シンプルなステレオ録音が可能だった。

交響曲第3番『イリヤー・ムーロメツ』ロ短調の全曲が
ステレオで録音されたのはこれが初。
「イリヤー・ムーロメツ」はロシアの英雄譚、
かつて筒井康隆が雑誌ショートショートランドに
小説「イリヤ・ムウロメツ」を手塚治虫の挿絵で連載していたことがある。

最初期のデジタル録音、たしかにデジタルならではの
クリアさや力強さ、明快さを感じさせる、ダイナミックな音だ。
13bitだからCDよりスペック的には下になるわけだが
これでも十分じゃないか(ハイエンドは20kHzどまり)。

ハイレゾハイレゾと大騒ぎしても、ハイレゾ対応でないはずの
80年代のオーディオ機器のほとんどは40kHz以上の再生に対応している、
うちのアンプやスピーカーは古くてハイレゾ未対応だから、
という人は、いちどスペックを確認したほうが良い。


演奏:Harold Farberman, The Royal Philharmonic Orchestra

曲目:
A1 First Movement Wandering Pilgrims - Ilya Murometz And Svyagotor
A2 Second Movement Ilya Murometz And Solovei The Brigand
B1 Third Movement Festival In The Palace Of Prince Vladimir
B2 Fourth Movement The Heroic Deeds And Petrification Of Ilya Murometz


118228011.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

21:15  |  クラシック:現代音楽  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.23 (Sat)

Samuel Barber ‎– Violin Concerto, Music For A Scene From Shelley, Knoxville: Summer Of 1915

AD/UK盤/1978年/UNS-256

ユニコーンレーベルには無印の「Unicorn」と、
「Unicorn-Kanchana」の2種類があって、
概してUnicorn-Kanchanaの方が良く、
無印はまあまあのことが多いが、本盤は無印にしては良い方だ。

1974-1976年にかけて豪州で収録、
マイナーレーベルらしい独特の広がりのある音、
こういった音はなかなかメジャーレーベルからは出てこない。
ヴァイオリンの音色も艷やかで伸びやかだ。


演奏:
Directed By – David Measham
Orchestra – West Australian Symphony Orchestra
Soprano Vocals – Molly McGurk (tracks: B1, B2)
Violin – Ronald Thomas (tracks: A1, A2, A3)

曲目:
Concerto For Violin And Orchestra , Op. 14
A1 First Movement - Allegro 10:15
A2 Second Movement - Andante 7:52
A3 Third Movement - Presto In Moto Perpetuo 4:04
B1 Music For A Scene From Shelley 10:15
B2 Knoxville: Summer Of 1915 16:38


R-4102324-1442237549-9101.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

20:08  |  クラシック:協奏曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.23 (Sat)

Puccini: Messa di Gloria Michel Corboz (ミサ曲)

AD/独盤/1974年/ZL-30693

プッチーニと言えばオペラが有名だが、
本盤はそのものずばり「ミサ曲」でオペラではない。

1974年アナログ収録、エラート・レーベルだがRCA扱い、
ジャーマン・プレッシングと誇らしげに印刷されている、
裏ジャケには「インポーテッド・フロム・UK」のシールがあり、
ドイツ→イギリス→アメリカと輸出されていたのだろうか。

欧州盤には自国向けプレスと輸出用プレスがあって、
概して自国向けの方が高音質だが、なぜかはわからない。
一括生産するほうが管理もコストも安く抑えられるので、
あえてラインを分けて輸出向けに低品質なものをつくるメリットはない。
船便での長期輸送に対応してビニール素材の配合を変更している
という説も耳にしたが、事実かどうかはわからない。

コルボらしい颯爽とした演奏と録音、
マイナー曲だがなかなか面白い、
物珍しさもコミで持っていて良いでしょう。


演奏:
Choir and Orchestra , Foundation Gulbenkian ,Lisabon
Conducted by MICHEL CORBOZ


s-l225 (1)
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

19:56  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.23 (Sat)

Carl Maria von Weber - Der Freischütz (Complete Opera With Abridged Dialogue)

AD(2枚組BOX)/米盤/プレス年度不明/SIB-6010

ウェーバーのオペラ「魔弾の射手」、
EMI盤は3枚組、このセラフィム盤は2枚組、
楽曲のカットはなく、2枚に全曲が収録されている。
表ジャケットにはIB-6010、背にはSIB-6010となっていて
これは背の表記が正しい。

収録は1960年か1959年か、ステレオ初期盤だ。
一般的なステレオレコードにはモノーラルでも再生できます
と表記されているものが多いが、
本盤はステレオ専用、モノーラルは不可と記載がある。

録音は古いが音は良い、独唱も伸びやか、
演奏も優秀、映像無しのオペラでも音楽だけで楽しめる。
盤質イマイチの米盤だが、ML針ならほとんど針音が気にならない、
楕円針や丸針ではけっこう針音がする。


演奏:
Chorus – Chor Der Städtischen Oper Berlin
Chorus Master – Hermann Lüddecke
Conductor – Joseph Keilberth
Orchestra – Berliner Philharmoniker

曲目:
Der Freischütz
A Overture & Act 1 (Beginning) (Nos. 1 - 3) 29:30
B1 Act 1 (Concl.) (Nos. 4 & 5) 5:30
B2 Act 2 (Beginning) (Nos. 6 - 9) 23:15
C1 Act 2 (Concl.) (No. 10) 16:05
C2 Act 3 (Beginning) (Nos. 11 - 13) 12:45
D Act 3 (Concl.) (Nos. 14 - 16) 26:40


R-8962149-1472478141-1515.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

18:27  |  クラシック:オペラ/声楽  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.23 (Sat)

ラートゲーバー:ミサ曲Op.19-1,アリア・パストラーレ Valentin Rathgeber Missa SS. Apostolorum Sechs Pastoralen für Orgel

AD/独盤/プレス年度不明/CAL-30463

CALIGはドイツのレーベル、ということくらいしかわからない、
1990年代に閉鎖しているはず。

ヨハン・ヴァレンティン・ラートゲーバーはドイツの司祭で作曲家、
作品数はかなりの数になるようだが
現在ではほぼ忘れ去られた作曲家、録音もめったに見かけない。
世界中のあらゆるクラシックを網羅する
ナクソス・レーベルですら扱ってないんじゃないか。

演奏は素人っぽい、特に独唱はプロっぽくない。
なんと言ってよいのか不思議な録音、
1971年アナログ収録、バックの演奏はこじんまりと平坦、
独唱になるとオンマイクで前面に張り出してくる。

レアではあるが価値はないの典型、
こういうレコードばかりを集める人をマニアと呼ぶ。


演奏:
Orchester St. Quirinus Rosenheim, Rolf Hamberger
Hubert Huber, Orgel

曲目:Missa I C-Dur op. 19 Nr. 1


s-l225_201709231346036c1.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

13:47  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT