2012年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2012.03.25 (Sun)

Behemoth - Demonica

CD(2枚組)/米盤/2011年/3981-13046-2

ポーランドのブラック・メタル、来日経験もある、
貴重な初期デモ音源のCD化、海賊盤対策と言うより、
純粋にファン・サービスだろう。
豪華な特殊デジパックにCD2枚を収納、
さらに初期のレアなメンバー写真を満載したブックレットが
2冊に分冊されて付属している(合計で50ページ近い)。

それぞれのテイクを誰が演奏したのかといった情報も
詳細にデータがあり、正に、追求したいマニア向け。

ブラック・メタルであるという時点で万人向けではない、
よくわかっているコレクターに推奨したい。


曲目:
Disc 01
01. Of My Worship (Intro)
02. Summoning of the Ancient Gods
03. The Arrival
04. Dark Triumph
05. Monumentum
06. Rise of the Blackstorm of Evil
07. Aggressor
08. Goat With a Thousand Young
09. Bless Thee for Granting Me Pain
10. Cursed Angel of Doom
11. Transylvanian Forest

Disc 02
01. From Hornedlands to Lindisfarne
02. Thy Winter Kingdom
03. Summoning (Of the Ancient Ones)
04. The Dance of the Pagan Flames
05. Blackvisions of the Almighty
06. Fields of Haar Meggido
07. Deathcrush
08. Moonspell Rites (Alternative Version)
09. Blackvisions of the Almighty (Alternative Version)
10. Pure Evil & Hate (Alternative Version)
11. The Oak Between the Snows
12. Spellcraft & Heathendom (Re-Recorded Version)


Behemoth - Demonica
関連記事

テーマ : ブラック・メタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル デス・メタル

11:00  |  B  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.25 (Sun)

Voivod - Katorz

CD/プレス国不明/2006年/TE-074

カナダのスラッシュ、
初期から追いかけている人なら知っている通り、
このバンド、ころころ音楽性がかわっている。
無節操にかわっていたり、時代に迎合しているわけではなく、
バンドとしてそうする必然性があったと思わせるところが興味深い。

ベースはメタリカをイジメで追い出されたジェイスン・ニューステッド、
ギターは、亡くなったPiggyの音源を元に録音している。
ブックレットにはPiggyの写真が掲載されている。

一時期プログレにシフトしていたが、メタル寄りに戻ってきている。
一聴、インダストリアル風味、その実、インダストリアルとは
根本的に異なる次元で音楽を構築している。


曲目:
1. The Getaway
2. Dognation
3. Mr Clean
4. After All
5. Odds & Frauds
6. Red My Mind
7. Silly Clones
8. No Angel
9. The X-Stream
10. Polaroids


Voivod - Katorz
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル プログレ

10:48  |  V  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.25 (Sun)

シューマン 謝肉祭[ピアノ名作集]/アルフレッド・コルトー

CD/国内盤/1994.4.20/8TOCE-8386

SP盤からの板起こしを、更にデジタル・リマスターしたCD。
もっとも古い音源は1928年録音、100年近く前のものだ。
この復刻CDの音質はかなりのもので、
黙って聴かされたら板起こしとは思わない人がほとんどじゃないか。
音量をあげるとS/Nが苦しいので、小音量で上品に聴きたい。

ころころと明るく、時として可愛らしいピアノの音。
コルトーはリヨン生まれ、ショパンの最後の弟子デコンブに師事、
1962年没のため音源は板起こしがほとんど、
モダン・ピアニストとは異なる独特の演奏と音色が面白い。

ちょこちょこミスタッチもしているが、
この当時は一発録音で、やり直しやオーバーダブは出来なかった。
もっとも、録音なんて、さんざんリテイクして、結局、ミスがあっても
最初のテイクが一番良かったりするものだ。


曲目:
1. 謝肉祭op.9
2. 蝶々op.2
3. こどもの情景op.15
4. 森の情景op.82~予言の鳥


8386.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

03:08  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |