2008年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008.02.07 (Thu)

Symbolic Immortality - Decision is Power

CD/ポーランド盤/2002年/KOTCD-0042

ポーランドのデスラッシュ、1995年リリースの唯一のアルバム。
2002年リマスター再発時に、
1994年のデモ音源が追加収録されている。

特にどこがこうという部分はないものの、
ポーランドの(東欧の)バンドらしい陰鬱な雰囲気は魅力。

ヴォーカルはデスとスラッシュの中間くらい、
ギター・リフの組み立てはスラッシュ・メタルの方法論。
マニア向けのCDだが、マニアなら持っていても問題はない。


曲目:
1.    Determination is Power    03:52   
2.    Life for Money    04:03   
3.    Deep Supressed    03:26   
4.    V- Don't kill    03:45   
5.    Revenge    04:05   
6.    Quaver    01:38   
7.    Don't Tell me...    03:46   
8.    Faithful Till the End    04:28   
9.    Way to Down    05:04   
10.    Scream of Death    04:02   
11.    Sick of the Mind    04:24   
12.    Don't Kill (bonus)    03:27   
13.    Scream of Death (bonus)    04:08   
14.    Faithful Till the End (bonus)    04:50   
15.    Life for Money (bonus)    04:14   
Total playing time    59:12


20080207005122.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル デス・メタル

00:50  |  S  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.06 (Wed)

TOTO - Kingdom Of Desire(欲望の王国)

CD/国内盤/1992.9.18

1988年の「セヴンス・ワン」から4年半ぶりに発表された、通算8作目。
本作ではルカサーが自らリード・ヴォーカルを兼任、
ルカサーのバンドとしての色合いが濃い。

TOTOの歴史の中では影の薄い1枚、
ルカサーのヴォーカルは予想よりずっとうまいし、
アルバムの出来も良い。
MIXはボブ・クリアマウンテンが手がけている。


1980年代スタイルの
「フツーのロック」を求めている人なら
とりあえず無条件に買っておいて損はしない。



曲目:
1. Gypsy Train
2. Don't Chain My Heart
3. Never Enough
4. How Many Times
5. 2 Hearts
6. Wing Of Time
7. She Knows The Devil
8. Other Side
9. Only You
10. Kick Down the Wall
11. Knigdom Of Desire
12. Jake To The Bone]
13.Littele Wing


20080206214542.jpg
関連記事
21:45  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.06 (Wed)

Skyclad - A Burnt Offering for the Bone Idol

CD/国内盤/1992.6.21

セカンド、前作からの継続路線で
そこに選任のヴァイオリン奏者などが加入し、
サウンドの幅が広がっている。

ただ、その分、散漫な印象もあり、
新たに導入したさまざまな試みが
あらゆる面でプラスに働いているかというと、
疑問が残る。


練りこんだ本作より、
とりあえずつくってみましたという前作のほうが
一般的なメタル・ファン向き。



曲目:
1.    War and Disorder    01:44   
2.    A Broken Promised Land    05:13  
3.    Spinning Jenny    02:48   
4.    Salt on the Earth (Another Man's Poison)    04:50  
5.    Karmageddon (The Suffering Silence)    06:02  
6.    Ring Stone Round    02:10 
7.    Men of Straw    04:32   
8.    R'vannith    06:05   
9.    The Declaration of Indifference    04:12   
10.    Alone in Death's Shadow    06:40   
Total playing time    44:16


20080206181852.jpg
関連記事
18:18  |  S  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.06 (Wed)

Simon Says - Shut Your Breath

CD/国内盤/2001.12.5

4作目、メジャーから2作目。
典型的類型的なモダン・ロック・バンドで、
アルバムの質は高く、
最後までそこそこ飽きずに聴くことが出来る。

ただ、その程度のことは
プロ・ミュージシャンなら
あたりまえといえばあたりまえのことで、
評価には値しないか。


この手のバンドの特徴で
メロディに魅力がなく、特に歌メロが印象に残らない。



曲目:
1    Hey You    (3:48)           
2    Syphon    (4:33)           
3    Canvas    (4:44)           
4    Silk Moth (Mr. Double Face)    (3:58)           
5    Segue    (1:18)           
6    Blister (Nothing)    (4:55)           
7    Dead Weight    (7:07)           
8    Limosines & Penthouse Suites (Break Me Down)    (4:01)           
9    Tourniquet    (4:58)           
10    Train Wreck    (2:36)           
11    El Ess    (9:27)


20080206180241.jpg
関連記事
18:03  |  S  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.05 (Tue)

Skyclad - The Wayward Sons of Mother Earth

CD/国内盤/1991.6.21

ニューカッスルのバンド、ファースト。
(レイヴンと同郷!)

元サバトのヴォーカル、
マーティン・ウォルキーアのバンドと思っていたら、
ウォルキーアは現在脱退して、別のヴォーカルがはいっている。

どうやらギタリストのSteve Ramsey が中心人物だったようだ。
元セイタン、パライア、ブラインド・フューリーとして有名、
ちなみにこの3バンド、改名しただけで中身は同じバンドです。

B級バンドのくせに
STINGの「ソウル・ケイジズ」のエンジニアを起用、
そのツテで、STINGバンドのギターがゲスト参加している。


ギター・リフの構築が絶妙で
なかなか面白いアルバムに仕上がっている。
ヴォーカルがヘタと揶揄されていたが
そんなこといってたら
デス・メタルとかブラック・メタルとか聴いてられないだろうに。



曲目:
1.    Sky Beneath My Feet    05:41   
2.    Trance Dance (A Dreamtime Walkabout)    05:29   
3.    A Minute's Piece    01:10   
4.    The Widdershins Jig    03:40  
5.    Our Dying Island    07:07   
6.    Pagan Man    01:00  
7.    Cradle Will Fall    06:26  
8.    Skyclad    05:01   
9.    Moongleam and Meadowsweet    04:35   
10.    Terminus    06:38   
Total playing time    46:47


20080205185117.jpg
関連記事
18:50  |  S  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT