2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.02.02 (Fri)

Dust Galaxy ‎– Dust Galaxy

CD(デジパック)/国内盤(豪州プレス?)/2007年/MCN-3013(ESL-124)

アメリカのエレクトロ系バンド、
Thievery Corporationのメンバーである
Rob Garzaのサイド・プロジェクト。
プライマル・スクリームのメンバーなどがバックをつとめている。

輸入盤デジパックに日本語解説を封入した国内仕様、
ライナーはカタカナだらけで何を言ってるのか良くわからない、
典型的な音楽業界人特有の文章だ。

アルバムジャケットから想起されるように
インド的な要素を含んだサイケデリック・ロックで、
当然の如くシタールなども導入されている。
ドラッグ・カルチャー的というか、薬物が厳しく規制されている
日本人にとって、この手の音の真髄に触れるのは難しそう。

アメリカン・ストーナー的なグルーヴのある
ヘヴィロックを期待してはいけない、
その手のバンドとはそもそも出自が違う。


曲目:
1 Sun In Your Head 3:39
2 Limitless 2:45
3 Mother Of Illusion 4:37
4 It's All Yours 3:14
5 River Of Ever Changing Forms 3:08
6 Sons Of Washington 3:31
7 Cherubim Sing 3:04
8 Overhead 4:04
9 Down 4:16
10 Come Hear The Trumpets 3:55
11 Crying To The Night 4:02


Dust Galaxy ‎– Dust Galaxy

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

09:06  |  D  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.01 (Thu)

Dover ‎– Oh! Mother Russia

CD/国内盤/2005.11.23/WINE-0004

スペインはレアル・マドリードのポップ・ロック・バンド、
バンド名はドーヴァーなのかドーヴェルなのか不明。
オリジナル・アルバムの3作目、4作目、5作目から
選曲された日本独自企画のベスト・アルバム。
(5作目が当時の新作だった)

ドイツのバンド、Donotsのヴォーカル、Ingo Knollmannが主催する
日独レーベルのSolitary Man Recordsからの発売、
そのインゴが自ら選曲している。

1992年のデビューからほぼ2年に一枚のペースでアルバムをリリース、
スペイン国内では屈指の人気バンドだったようだが日本では無名、
本作のリリースもまったく話題にならず、2016年に解散している。

歌詞は英語、まったくスペインっぽさを感じさせないところが面白い、
女性ヴォーカルだがあまりメロウになりすぎず、
適度にパンキッシュで適度にポップでというバランス感覚が魅力。


曲目:
1 My Secret People
2 The Flame
3 King George
4 Big Mistake
5 27 Years
6 Better Day
7 Leave Me Alone
8 The Weak Hour Of The Rooster
9 DJ
10 Mi Sombrero
11 My Fault
12 Cherry Lee


R-9085573-1474670002-2522.jpg

テーマ : Punk/Hardcore ジャンル : 音楽

タグ : ロック

11:22  |  D  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.22 (Fri)

Dalton ‎– Taste The Sky

CD/国内盤/2008.9.17/VSO-0046

デビュー作「Taste The Sky」の全11曲に
新録4曲を追加して全15曲とした日本独自仕様、
曲順やジャケットなども全面変更されている。
(オリジナルのデビュー作は、あのジョン・エレファンテに見出されて録音、
エレファンテのレーベルからリリースされている)

2曲目の「Taste The Sky」はデビュー作収録曲だが再録された別テイク、
というわけで正確に言うと、デビュー作から10曲、
新録4曲、再録1曲で、全15曲ということになる。

追加の5曲は高名なスティーヴン・ショートがプロデュース、
彼は2015年に亡なくなっているが、
晩年はインディーズバンドの発掘なども行っていたようで
その一環でこの新人バンドに目をつけたのだろう。

エモ系として紹介されることが多いようだが
あまりエモという感じはなく、
いかにもアメリカのオルタナ・ロックだな、と思わせるサウンド。
曲によってはオアシスあたりを思わせる部分もあり
若いバンドならではの影響の受け方と発露の仕方だ。

このアルバム以降音沙汰なし、
期待された割には伸びなかったということか。


曲目:
1 JEZEBEL
2 TASTE THE SKY
3 I'M STILL HERE
4 COLDER DAYS
5 GABRIEL
6 CITY LIGHTS
7 LIFE AFRAID
8 OVERLIGHT
9 600 FEET
10 GBRIEL(Hold On)
11 ABOVE YOU
12 TAKE WHAT YOU WANT
13 STREETS
14 BREATHING IN
15 HOLD ME NOW (Summer's Song)


DAKVSO-46.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

12:16  |  D  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.21 (Thu)

The Datsuns ‎– Death Rattle Boogie

CD(デジパック)/国内盤/2012.11.21/QATE-10028

デビュー当時はたいへんな話題になって
ロック界の寵児、次世代のスター誕生と騒がれたのに
すっかり地味で目立たない存在になってしまった
ニュージーランドのバンド、ダットサンズの通算5作目。

かつてはメンバー全員がダットサンズ姓を名乗っていたが、
現在は本名での記載になっている。
なんでもニュージランド在住はドラムのベン・コールだけで、
他のメンバーはドイツやらスウェーデンやらにばらばらに居住しているとか、
それでバンドとしてのケミストリーが維持できるものなのか。

ファースト・アルバムのような、
古臭いはずのヘヴィメタル/ハードロックを
現代的な解釈でヘヴィに演奏するバンド、
という音楽性で突き進んでいたら
もっと成功への道がひらけていたんじゃないか。

1作目を買って聴いて夢中になったファンの多くにとって
「え? ダットサンズ? まだやってるの?」が本音だろう。


曲目:
1 Gods Are Bored 4:04
2 Gold Halo 4:02
3 Axethrower 4:11
4 Bullseye 3:10
5 Skull Full Of Bone 3:32
6 Shadow Looms Large 3:14
7 Wander The Night 6:08
8 Helping Hands 2:35
9 Hole In Your Head 2:30
10 Fools Gold 2:46
11 Goodbye Ghosts 3:05
12 Colour Of The Moon 3:21
13 Brain Tonic 3:21
14 Death Of Me 4:32
Bonus Tracks
15 Don't You Try
16 You're Not A Saint


The Datsuns ‎– Death Rattle Boogie

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ロック

15:57  |  D  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.15 (Fri)

Dream State - A Place to Rest My Head

CD/国内盤/2007.2.14/FABC-041

アメリカのエモ系バンドのセカンド。
ピアノを大胆に導入して「ピアノエモ」なるジャンルを作り出した。
デビュー作は発売と同時に日本で1万枚のセールスを突破、
ロングセラーとなって最終的には2万枚以上売れたとか。

本国ではレコード契約が無く、オンライン流通のみ、
こうしてCDという形で流通しているのは日本だけらしい。
ただし、90年代のビッグ・イン・ジャパンとはちょっと違う。
(本国では不人気で日本では人気のあるバンド、
ミスター・ビッグやフェア・ウォーニングあたりが、
若干の揶揄も含めてこう呼ばれていた)

すでに日本以外の先進国ではCDをリリースせずにオンライン流通のみ、
という形態でのリリースが一般的になってきている、
しかし日本では依然としてCDでの流通が主流のため、
日本でのみCDが流通して売れるという現象が起きるわけだ。

本作から女性ヴォーカルが加入して
男声と女声のツイン・ヴォーカル体制に進化。
インディーバンドとは思えない楽曲の質と完成度と
サウンド・プロダクションの良さに驚かされる、
控えめに言って傑作だ。

音楽を聴く際はメロディ重視だが
古臭い80年代のバンドにはもう飽き飽きした、
新世代のバンドを楽しみたいという人に推奨したい。


曲目:
1.A Place to Rest My Head
2.Starting Over
3.My Best Friend
4.Running Into You
5.Why Not Me
6.Finish Line
7.Seven
8.The Gamble
9.Sound of Your Name
10.Surrender
11.In Your Eyes
12.Apology
13.Gone So Fast


dstate.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

04:00  |  D  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT