2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.12.30 (Sat)

Orlande de Lassvs / Les Meslanges D'Orlande De Lassus - Tome II - Chansons 21 À 44

AD/フランス盤/1977年/AS-12

オルランド・ディ・ラッソの歌曲集、
後期ルネッサンス、フランドル楽派の作曲家、
16世紀末にはかなり有名な人だったようだ。

いわゆるポリフォニーで、分厚く豊かな音、
収録は1976年、アストレ・レーベルらしい濃厚なサウンド。
この盤はテレフンケンからも同内容のものが出ているようだが
こっちがオリジナルだろう、ただ、テレフンケン盤のほうが珍しい?

アストレ・レーベル全般に言えることで、
録音は優秀だが再生は難しいものが多く、
流行りの1万円くらいのレコードプレイヤーで再生して
良さがわかるというものではない。


演奏:
Charles Ravier, Ensemble Polyphonique De France
Baritone Vocals – Charles Whitfield (3), Pierre Yves Le Maigat
Countertenor Vocals – Henri Ledroit, Rachid Safir
Tenor Vocals – Jean-Claude Orliac

曲目:
A21 Vn Doux Nenny
A22 Helas, Quel Jour
A23 Le Tems Passé
A24 Si Du Malheur
A25 En Espoir Vis
A26 Ie Suis Quasi Prest
A27 Du Cors Absent
A28 I'ay Cherché la Sçience
A29 La Mort Est Jeu
A30 Si Vous N'estes En Bon Point
A31 Le Vray Amy
A32 Orsus Filles
A33 Qui Bien Se Mire
B34 Scais Tu Dire L'Aue
B35 O Tems Diuers
B36 De Vous Seruir
B37 Trop Endurer
B38 Vray Dieu Disoit Une Fillette
B39 Il Estoit Une Religieuse
B40 Le Temps Peut Bien
B41 Petite Folle
B42 Fuyons Tous D'Amour Le Jeu
B43 Hatez Vous De Me Faire Grace
B44 En Un Lieu Ou L'on Ne Void Goutte


R-8479748-1462436005-3749.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

13:41  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.21 (Thu)

Carlo Maria Giulini: Verdi - Messa Da Requiem

CD(2枚組)/イングランド盤/2014年/SBT2-1494

1960年エジンバラにてライヴ収録のモノーラル、
2014年デジタル・リマスター盤。
ffではやや荒れるが、歴史的録音としては悪くない音だ。

ジェリーニはあまり好きな指揮者ではない、
ありていに言ってしまって嫌いな指揮者に入る、
しかしこのCDの演奏は良い、
おそらくジェリーニの全盛期とされる
1970年代後半以降の音源が肌に合わないんだろう、
古い録音の方が好みに合うのかもしれない。

手持ちのヴェルディの「レクイエム」の中では
トップクラスの演奏だ。


演奏:
Joan Sutherland (soprano), Fiorenza Cossotto (mezzo)
Luigi Ottolini (tenor), Ivo Vinco (bass)
Philharmonia Orchestra & Chorus, Carlo Maria Giulini

曲目:
Disc: 1
1. Requiem Aeternam
2. Kyrie Eleison
3. Dies Irae
4. Tuba Mirum
5. Mors Stupebit
6. Liber Scriptus
7. Quid Sum Miser
8. Rex Tremendae Majestatis
9. Recordare, Jesu Pie
10. Ingemisco
11. Confutatis Maledictis
12. Lacrimosa Dies Illa

Disc: 2
1. Domine Jesu Christe
2. Hostias Et Preces Tibi
3. Sanctus
4. Agnus Dei
5. Lux Aeterna - Libera Me
6. Libera Me - Dies Irae
7. Requiem Aeternam
8. Libera Me


jerites.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック ライヴ・アルバム

18:16  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.14 (Tue)

Johann Joseph Fux - Requiem / Clemencic Consort, René Clemencic

CD/EU盤/2001年/74321-27777-2

Clemencic Consortというと、
1970年代にハルモニアムンディフランスから
大量に優秀録音盤をリリースしていた印象が強いが、
その後、レーベルを転々としているようだ。

BMG系列の廉価レーベル、アルテノヴァからのリリースで、
このレーベルは新録新譜でも600円ほどで購入できる。
現在はOehms Classics所属のようだが、
Oehms Classicsはアルテノヴァの系列なのか、
とにかくなんらかのつながりがあるんじゃないか。

1991年デジタル収録のDDD、演奏も録音も良い、
ハルモニアムンディフランス時代の録音と似た傾向の音で、
レーベルがかわっても特徴が残るものだなあと感心した。


曲目:
1 Sonata A Tre Ex D Per Due Violini K 342 (Violoncello & Basso Continuo) Allegro – Grave – Presto – Grave – Presto 4:38
2 Ciaccona Per Organo K 403/2 4:52
3 Grave From Sonata A Tre Ex D K 342 (2 Trombones, Organ, Violone) 1:02
4 Media Vita In Morte Sumus (Chorale, After A Version Of The "Gross Catholisch Gesangbuch" Of David Gregor Corner, Nuremberg 1625) 1:18
5 De Profundis K 130, Motet 4:05
6 Adagio Per Organo K 400 From Sonata Terza 1:57
7 Requiem Aeternam "Kaiserrequiem" K 51 - 53: Kyrie Eleison 8:39
8 Requiem Aeternam "Kaiserrequiem" K 51 - 53: Dies Irae 13:21
9 Libera Me, Domino K 54, Motet 3:42
10 Largo From Canon A Due E 66 (2 Trombones, Organ, Violone) 1:00
11 Requiem Aeternam "Kaiserrequiem" K 51 - 53: Domine Jesu Christe 4:40
12 Requiem Aeternam "Kaiserrequiem" K 51 - 53: Sanctus 2:48
13 Adagio K 400 From Sonata Terza (2 Trombones, Organ, Violone) 1:07
14 Requiem Aeternam "Kaiserrequiem" K 51 - 53: Agnus Dei / Lux Aeterna / Requiem Aeternam 5:15


R-3522819-1333801399.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

11:27  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.28 (Thu)

Ave Maria Kaiserin

AD/独盤/1972年/1C-065-99-601

収録関連の記載無し、1972年アナログ収録か、
HM独らしい硬質でややハイ上がりな音、
混濁はしないかわりに、HM仏のような厚みがない。

この手のレコードは退屈で眠くなってくるものが多いが
この盤はけっこう聴ける方じゃないか。


演奏:
Choir – Der Aachener Domchor
Conductor – Rudolf Pohl

曲目:
A1 Ave Maria, Keiserin Composed By – Anonym (17.Jahrhundert)
A2 Alma Redemptoris Mater Composed By – Gregorianisch
A3 Tu Solus Qui Facis Mirabilia Composed By – Josquin Des Prez
A4 Ad Te Domine Levavi Composed By – Johann Joseph Fux
A5 Ave Maria Composed By – Tomas Ludovico De Victoria
A6 O Magnum Mysterium Composed By – Adrian Willaert
A7 Syt Willikomen, Heire Kirst Composed By – Anonym (14, Jahrhundert)
A8 Tui Sunt Coeli Composed By – Orlando Di Lasso
B1 O Vos Omnes Composed By – Jachet De Berchem
B2 Christus Factus Est Composed By – Felice Anerio
B3 O Crux Benedicta Composed By – Jacobus Clemens Non Papa
B4 Terra Tremuit Composed By – Giovanni Pierluigi da Palestrina
B5 Salve Regina Composed By – Johannes Mangon
B6 Vidi Speciosam Composed By – Tomas Ludovico De Victoria


s-l1000_20170928192930858.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

19:29  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.23 (Sat)

Puccini: Messa di Gloria Michel Corboz (ミサ曲)

AD/独盤/1974年/ZL-30693

プッチーニと言えばオペラが有名だが、
本盤はそのものずばり「ミサ曲」でオペラではない。

1974年アナログ収録、エラート・レーベルだがRCA扱い、
ジャーマン・プレッシングと誇らしげに印刷されている、
裏ジャケには「インポーテッド・フロム・UK」のシールがあり、
ドイツ→イギリス→アメリカと輸出されていたのだろうか。

欧州盤には自国向けプレスと輸出用プレスがあって、
概して自国向けの方が高音質だが、なぜかはわからない。
一括生産するほうが管理もコストも安く抑えられるので、
あえてラインを分けて輸出向けに低品質なものをつくるメリットはない。
船便での長期輸送に対応してビニール素材の配合を変更している
という説も耳にしたが、事実かどうかはわからない。

コルボらしい颯爽とした演奏と録音、
マイナー曲だがなかなか面白い、
物珍しさもコミで持っていて良いでしょう。


演奏:
Choir and Orchestra , Foundation Gulbenkian ,Lisabon
Conducted by MICHEL CORBOZ


s-l225 (1)

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

19:56  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT