2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.01.07 (Sun)

French Flute Music Of The Eighteenth Century

AD/西独盤/1979年/ACC-7909

ACCENTレーベルはなんと読むのかわからない、
アクセントかアクサンか、
ハルモニアムンディ仏やアストレの分厚い音とは対照的、
さっぱりした、良い意味で淡白な音で、
傾向としてはcrdレーベルやオワゾリールに近い印象。

1979年、ベルギーにて収録、
ACCENTはベルギーの会社じゃないかと思うが、
盤そのものは西ドイツプレスで、ジャケットも西独製。

フルートのピッチはA=392hzと表記があり、
現在のA=440hzと比べると一音下げ。
よくいわれるバロックピッチは半音下げでA=415hz、
一音下げのA=392hzはベルサイユピッチと呼ばれている。

上品で万人向けの優秀録音盤、
テラークやマーキュリーやエヴェレストのような
どっかんバリバリどがしゃーん!という派手な録音とは
一味違う独特の良さがある。


演奏:
Viola da gamba – Wieland Kuijken
Flute [Transverse] – Barthold Kuijken
Harpsichord – Robert Kohnen

曲目:
Michel Pignolet de Montéclair: Deuxieme Concert Pour La Flute Traversiere (1724)
A1 Prelude, Lentement - Allemande - Courante A L'italien, Croches Egales - Plainte, Tendrement - Rondeau, Un Peu Legerement 12:45
Michel Blavet: Sonata Seconda (1732)
A2 Andante, La Vibray - Allemanda, Allegro - Gavotta Moderato, Les Caquets - Sarabanda Largo - Allegro 11:31
Jean-Pierre Guignon: Sonata A Major Op. 1 Nr. 8 (1737)
B1 Allegro, Poco Grazioso - Un Poco Andante - Allegro Poco E Grazioso - Allegro Molto 8:00
Joseph Bodin de Boismortier: Deuxieme Sonatae G Minor (1741)
B2 Gayement - Gracieusment - Gayement 8:13
Jean-Marie Leclair: Sonata Vll Qui Peut Se Jouer Sur La Flute Allemande (1738)
B3 Andante, Dolce - Allegro Ma Non Troppo - Aria Affetuoso - Giga Allegro Moderato 12:10


R-5467531-1487984140-7888.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

12:50  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.06 (Sat)

René Clemencic, Clemencic Consort ‎– La Fête De L´âne

AD/フランス盤/1980年/HM-1036

長岡鉄男の外盤A級セレクション(全3巻、300枚を紹介)で
いちばん最初に取り上げられた有名なレコード、
優秀録音盤コレクターで持っていない人はいないというくらい
マニア御用達と言っていいレコードだ。

非常にクリアで鮮明で見通しの良い音、
デジタル以上にデジタルとでも言ったらいいのか、
「アナログ=ゆったりとした柔らかい音」と思っている人が聴いたら
のけぞって椅子からひっくり返りそう。

拍手の立ち上がりの良い音にも驚かされる、
メジャーレーベルのライヴ盤に収録されている
もったりした拍手の音とはまるで違う、
鮮烈で、竹を割ったような、日本刀のような切れ味がある。


曲目:
Introitus
A1 Hac In Anni Janua
A2 Lux Hodie
A3 Orientis Partibus
A4 Hec Est Clara Dies
A5 Verbum Partis
A6 Exultet Hec Concio
Ceremonie De La Remise De La Crosse Au Maitre De La Fête
A7 Ave Virgo Spetiosa
A8 Deposuit Potentes
A9 Gregis Pastor
A10 En Mai
La Messe Des Anes Et Des Buveurs
A11 Kyrie Asini - Litanie
A12 Graduale Bachi
A13 Vinum Bonum
B1 Curritur Ad Vocem
B2 Dialogus
B2 Veritas Equitas
B4 Lux Optata Claruit
B5 Kalendas Ianuarias
B6 Orientis Partibus II
B7 Oratio
B8 Novus Annus
B9 Hunc Diem - Ite Missa Est
B10 Orientis Partibus II
Procession
B11 Buccinate
B12 Habemus Episcopum
B13 Lux Omni Festa
B14 Cavalcade
B15 Omnia Tempus Habent


René Clemencic, Clemencic Consort ‎– La Fête De L´âne

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

22:44  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.30 (Sat)

G.F. Haendel - Collegium Aureum ‎– Musique Pour Feux D'Artifice Sur Instruments D'Époque

AD/独盤/プレス年度不明/HM-20350

ハルモニア・ムンディ・フランス盤と思い込んで購入、
針を落として「あれっ? ずいぶん傾向が違うな」と
ジャケットをよく見たら、ハルモニア・ムンディ・ドイツでした。
(このレーベルはフランスとドイツでは音がまったく違う、
フランスのほうが音に厚みのある良いものが多い)

タイトルもろくに見ないでなんとなく買っているからこういうことになる、
英語表記だと「The Music For The Royal Fireworks」、
つまり超メジャーな「王宮の花火の音楽」です、
しまった、こんなもの買う気はまったくなかった。

プレス年度も録音データも不明、
1970年代のアナログ収録だろう、
聴感上は妙にハイ落ちというかややこもったような音、
そのわりには細部は潰れず、細かい部分も良く聴こえる。
なんと表現してよいのか困る、よくも悪くも甘いサウンド。

今はいくらでもCDで入手できるだろうから
無理してレコードで聴く必然性は薄い。


演奏:
Bassoon [Basson Baroque] – Peter Mauruschat, Rainer Mauruschat
Conductor [Maître De Concert] – Franzjoseph Maier
Contrabass – Rudolf Schlegel
Ensemble – Collegium Aureum
French Horn – Hans-Günter Zschäbitz, Heinrich Alfing, Hubert Crüts, Konrad Alfing
Harpsichord – Bob van Asperen
Oboe [Hautbois Baroque] – Christian Schneider (6), Hans-Georg Renner, Helmut Hucke, Siegfried Borggrefe
Timbales – Walter Haupt
Trumpet [Trompette Clarine] – Emil Hermann, Dieter Dolk, Robert Bodenröder
Viola – Franz Bayer, Heinz-Otto Graf, Karlheinz Steeb
Violin – Gerhard Peters, Günter Vollmer, Jan Reichow, Klaus Giersch,
Ruth Nielen, Ulrich Beets*, Werner Neuhaus, Wolfgang Neininger
Violoncello – Herst Bechedorf, Rudolf Mandalka

曲目:
Musique Pour Les feux D'Artifice Royaux
A1 Ouverture 4:19
A2 Allegro 2:41
A3.a Bourrée 4:57
A3.b La Paix
A4 La Réjouissance 2:38
A5 Menuet I 1:08
A6 Menuet I 1:31
B3 Concerto En Fa «A Due Cori» 20:51


DSC06313.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

16:06  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.17 (Fri)

アウグスト・ヴェンツィンガー(指揮) バーゼル・スコラ・カントールム合奏団 / ヘンデル:王宮の花火の音楽/水上の音楽

CD/国内盤/1989.7.1/F20A-20070

様々な形で再発されまくっているので
いわゆる名盤なのではないかと思う。

チューリヒにて1962年と1965年に収録、
ステレオ初期盤というにはやや年代がズレている、
音もレンジが狭く、やや古臭さを感じさせるが、
アルヒーフ・レーベルらしい独特の雰囲気の良さはある。

こういうメジャーなものは録音の良し悪しで買うわけではないから
あれこれいう必要もない、演奏の好みで選べばよろしい。


演奏:
Conductor – August Wenzinger/ヴェンツィンガー(アウグスト)
Ensemble – Schola Cantorum Basiliensis/バーゼル・スコラ・カントールム(合)

曲目:
Georg Friedrich Händel:
Music For The Royal Fireworks
Water Music Suite

230066398.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

09:57  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.22 (Fri)

Johann Gottfried Walther – Concerti Italiani Per Organo

AD/イタリア盤/1981年/ITL-70084

János Sebestyénはハンガリーのオルガン奏者。
ヨハン・ゴットフリート・ヴァルターは
バロック期のドイツの作曲家でバッハの従兄だとか。
今となってはほぼ忘れ去られた存在だ。

収録は1979年だからアナログ録音だろう、
曲に関してはあまり大仰ではなくコンパクトにまとまっている印象、
気軽に楽しめるし、壮大すぎず飽きさせない。


演奏:Organ – János Sebestyén

曲目:
A1 Concerto Del Sig. Tomaso Albinoni In Si Bemolle Maggiore 5:26
A2 Concerto Del Sig. Tomaso Albinoni In Fa Maggiore 7:12
A3 Concerto Del Sig. Luigi Manzia In Sol Minore 11:18
B1 Concerto Del Sig. Taglietti In Si Bemolle Maggiore 8:58
B2 Concerto Del Sig. Torelli In Re Minore 2:48
B3 Concerto Del Sig. Gentili In La Maggiore 4:28
B4 Concerto Del Sig. Gregori In Si Bemolle Maggiore 6:15


R-4735420-1374520779-8643.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック イタリア

18:42  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT