2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.27 (Wed)

Alban Berg - Lieder

AD/西独盤/1985年/413-802-1

ディースカウのB1-4が1971年、それ以外は1985年の収録。
Serie galerie / Gallery Seriesの1枚、
ドイツ音楽をドイツの画家のジャケットでというコンセプトだったようだ。
(ベルクはオーストリアの人ですが)

記載はないが、71年はアナログ収録、
85年はデジタルだろう、あきらかに音が違う。
デジタルかアナログかの差だけではなく
収録場所やプロデューサー、エンジニアなどの差も大きい。

71年のほうがややソフトタッチだが力はある、
85年はちょっと元気がありすぎ?


演奏:
Baritone Vocals – Dietrich Fischer-Dieskau (tracks: B1 to B4)
Conductor – Herbert Blomstedt (tracks: B5)
Orchestra – Sinfonie-Orchestra Norddeutschen Rundfunks (tracks: B5)
Piano – Aribert Reimann (tracks: B1 to B4), Geoffrey Parsons (2) (tracks: A1 to A10)
Soprano Vocals – Kari Lövaas (tracks: B5), Margaret Marshall (tracks: A1 to A10)

曲目:
Sieben Frühe Lieder = Seven Early Songs (Version with Piano; 1905-1908)
A1 Nacht Words By – Carl Hauptmann 4:19
A2 Schilflied Words By – Nikolaus Lenau 1:59
A3 Die Nachtigall Words By – Theodore Storm 2:15
A4 Traumgekrönt Words By – Rainer Maria Rilke 2:33
A5 Im Zimmer Words By – Johannes Schlaf 1:13
A6 Liebesode Words By – Otto Erich Hartleben 1:51
A7 Sommertage Words By – Paul Hohenberg 1:42
A8 Schliesse Mir Die Augen Beide (1st Setting; 1907) Words By – Theodore Storm 1:10
A9 An Leukon (1908) Words By – Johann Wilhelm Ludwig Gleim 1:25
A10 Schliesse Mir Die Augen Beide (2nd Setting; 1925) Words By – Theodore Storm 1:36

Vier Lieder Op.2 = Four Songs (1909/10)
B1 Schlafen Words By – Friedrich Hebbel 3:19
B2 Schlafen Trägt Man Mich Words By – Alfred Mombert 1:13
B3 Nun Ich Der Riesen Stärksten Überwand Words By – Mombert 1:03
B4 Warm Die Lüfte Words By – Mombert 2:56

B5 Sieben Frühe Lieder (Version With Orchestra; 1928) 17:10


R-3223990-1498733062-8965.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

20:30  |  クラシック:現代音楽  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.27 (Wed)

Arthur Bliss - Rout • Madam Noy • The Women Of Yueh • Conversations • Rhapsody • Oboe Quintet

AD/イングランド盤/1984年/A-66137

アーサー・ブリスはイギリスの作曲家、
過去に2~3枚くらい取り上げていたはず。
同時期に活躍したベンジャミン・ブリテンに比べると
どことなく影が薄い印象。

1984年収録、場所や機材についての記載なし、
録音は良い方、いかにもマイナーレーベルと言った音がする。
曲に関してはよくわからない、それなりに面白い。


演奏:
Bass – Rodney Slatford
Bassoon – Brian Wightman
Cello – Christopher Van Kampen
Clarinet – Michael Collins
Conductor – Lionel Friend
Ensemble – The Nash Ensemble
Flute – Judith Pearce
Harp – Skaila Kanga
Oboe – Gareth Hulse
Percussion – Gary Kettel
Viola – Roger Chase
Violin – David Ogden, Marcia Crayford

曲目:
A1 Rout Soprano Vocals – Elizabeth Gale 7:22

A2 Rhapsody
Soprano Vocals – Elizabeth Gale
Tenor Vocals – Anthony Rolfe Johnson 7:39

Conversations (13:19)
A3 The Committee Meeting (Moderato)
A4 In The Wood (Adagio)
A5 In The Ballroom (Scherzando)
A6 Soliloquy (Andante Tranquillo E Molto Rubato)
A7 In The Tube At Oxford Circus (Allegro Energico)
B1 Madam Noy Soprano Vocals – Elizabeth Gale 3:51
B2 The Women Of Yueh Soprano Vocals – Elizabeth Gale

Quintet (21:49)
B3 Assai Sostenuto - Moderato - Allegro Assai Agitato - Molto Meno Mosso
B4 Andante Con Moto - Allegro Moderato - Tempo I, Ma Poco Agitato
B5 Vivace


R-4806804-1376133660-9428.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

19:32  |  クラシック:現代音楽  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.26 (Tue)

Renato Grisoni – Symphonie Mediterraneenne, op. 33 etc

AD/1982年?/スイス盤?/Gallo-30-358

Renato Grisoniはイタリアの作曲家、ということくらいしかわからない、
Claudio Cavadiniは海外のwikiに項目があった、
スイスの作曲家だが、イタリアの隣のロカルノで
イタリア音楽の研究をしているらしい。

グリソーニが1922年生まれ、
カヴァディーニは1935年生まれということで
大雑把に現代音楽にジャンル分けしたが、
音楽はきちんとしたメロディのある従来の路線のもの。

指揮者のレオポルド・カセッラはウルグアイ出身、
オケのスイス・イタリアーナ管弦楽団は本拠地がスイスで、
もともとはスイス・イタリアーナ放送管弦楽団と名乗っていた。
いずれにしても作曲家も曲も演奏者もあまりお目にかかれない、
典型的な未知との遭遇的レコードだ。

グリソーニが妙に華やかな演奏なのは南米系の指揮者だからか、
颯爽としているのか、表面的な華やかさなのか判断に困る。
収録は1982年9月、すべて同一条件で収録しているはずだが、
B面のカヴァディーニの方が面白いし音も良いように感じる。

B面の曲順の表記はSuite 'Nature' →Invitatio ad Miserereだが、
実際には逆の順番で収録されている。


曲目と演奏:
Renato Grisoni –
Symphonie Mediterraneenne, op. 33
with
Leopoldo Casella directing the Orchestre de la Radiotelevision Suisse Italienne

Claudio Cavadini –
Suite 'Nature' pour quatuor a vent, op. 23
with
Anton Zuppiger, flute
Miklos Barta, oboe
Eric Schmid, clarinet
Martin Wunderle, bassoon

'Invitatio ad Miserere, op. 20c
wiht
Claudio Cavadini directing the Orchestre de la Radiotelevision Suisse Italienne


gallo.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック イタリア

10:48  |  クラシック:現代音楽  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.26 (Tue)

Andrzej Panufnik ‎– Thames Pageant & Invocation For Peace

AD/UK盤/1979年/UNS-264

アンジェイ・パヌフニクはポーランドの作曲家、
過去にデッカの現代音楽レーベルheadlineから
出ているレコードを1枚取り上げている。

Thames Pageantは形式としてはカンタータ、
おそらくこの盤以外に録音は無いんじゃないか。

1978年、イギリスのピーターシャム、
オール・セインツ・チャーチにてアナログ収録。
録音は優秀、マイナーレーベル特有の三次元的な音場、
繊細な声楽と図太い低音のオケ、小音量では冴えない音になる、
ある程度音量を上げて再生できる環境が無いとダメかも。

曲は何といっていいのかわからないが、面白い。
声の使い方や炸裂する感じは
ペンデレツキあたりが好きなら楽しめるはず。
良くわかったマニアやコレクター向け。


演奏:
Choir – King's House School Choir
Conductor – Michael Stuckey
Ensemble – Thames Youth Ensemble
Words By – Camilla Jessel

曲目:
A1 Thames Pageant (Part One)
B2 Thames Pageant (Concluded) Voice [Speaker] – John Amis
B3 Invocation For Peace


R-2899053-1418853111-2352.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

09:29  |  クラシック:現代音楽  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.26 (Tue)

Oliver Knussen - Symphony No. 3 / Ophelia Dances & Simon Bainbridge - Viola Concerto

AD/オランダ盤/1981年/RHD-400

オリヴァー・ナッセンとサイモン・ベインブリッジはイギリスの作曲家、
ただしナッセンはグラスゴー出身なので正確にはスコットランド人。

ベインブリッジはほとんど録音を見かけない、
ナッセンは過去にレコードを2枚取り上げているが
決してメジャーな作曲家というわけではない。

1981年、ロンドンのワトフォード・タウン・ホールにてデジタル収録、
SONYの1600を使用とある、1978年に発売されたPCM-1600のことだろう。
前年の1977年に発売された世界初のPCMレコーダー、PCM-1は13bit、
一方、PCM-1600は16bitと、現行CDに近い規格にアップデートされている。

録音は優秀、デジタルのメリットを活かした鮮烈なサウンドだ。
ただし、過去に取り上げた「Symphony No.2」や
「かいじゅうたちのいるところ」よりもやや落ちる印象。


演奏:
Conductor – Michael Tilson Thomas (tracks: A1, B1, B2), Oliver Knussen (tracks: A2)
Orchestra – London Sinfonietta (tracks: A2, B1, B2), Philharmonia Orchestra (tracks: A1)
Viola – Walter Trampler (tracks: B1, B2)

曲目:
Oliver Knussen
A1 Symphony No. 3, Op. 18 14:51
A2 Ophelia Dances 7:10

Simon Bainbridge - Viola Concerto
B1 First Movement 11:16
B2 Second Movement 16:16

Oliver Knussen

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

08:27  |  クラシック:現代音楽  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT