2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.13 (Mon)

TNT – Tell No Tales

CD/米盤(西独プレス)/1987年/830-979-2-Q-1

ノルウェーのバンド、通算3作目。
TNTというと「Intuition」、「Intuition」といえばTNT、
というくらい「Intuition」の印象が強烈で、
活動歴が長いわりには冴えない印象のバンドだ。

「Everyone's A Star」や「Tell No Tales」のように
強烈なスピード・ナンバーがあるぶん、
ポップな「Intuition」よりもむしろ本作のほうが
根っからのメタル好きにはアピールするだろう。

なお、米盤としたが盤のプレスそのものは西ドイツ、
裏ジャケの表記はプリンテッド・イン・USAで、
盤にはメイド・イン・Wジャーマニーとなっている。
(CD初期には輸入盤を買ったらプレスは日本というものもあった)

古いプレスだが再生は問題なし、
レーベル面の印刷は粗悪で不織布などに収納すると
経年で張り付いてしまうので要注意。
(これも古い輸入盤ではよくあることです)


曲目:
1 Everyone's A Star
2 10,000 Lovers (In One)
3 As Far As The Eye Can See
4 Sapphire
5 Child's Play
6 Smooth Syncopation
7 Listen To Your Heart
8 Desperate Night
9 Northern Lights
10 Incipits
11 Tell No Tales


R-6050295-1427673781-5782.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル ノルウェー

09:27  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.23 (Mon)

Trust – Man's Trap/罠

AD/国内盤/1984年/28-3P-547

フランスのハードロック・バンド、通算3作目。
(フランス語版と英語版を同一アルバムとしてカウントすると3作目になる)
もともとは「Idéal」というタイトルでリリースされていたアルバムで、
「Idéal」ではフランス語歌唱だったものを英語歌唱に差し替え、
ジャケット変更、曲順も少しいじってある、
バックの演奏も異なっているようだが未確認。

クレジットではファリドなる人物がドラムとなっているが、
実際に叩いているのは元メイデンのクライヴ・バーらしい。
オリジナルのフランス語歌唱の「Idéal」にはメンバーのクレジットが無く、
当時は誰が参加しているのか謎だったようだ。

AC/CDスタイルの野暮ったい、田舎臭いハードロック、
本作では、サウンドプロダクションも含めて
全盛期のクワイエット・ライオットっぽくなっている、
ただしQRとまったく同時期のアルバムなので
どちらかが影響を受けたというよりも偶然の一致?


曲目:
A1 Hell On The Seventh (Compromission)
A2 Uptown Martyrs (Varsovie)
A3 Have A Care For A Shadow (Les Armes Aux Yeux)
A4 Fireball (Idéal)
A5 Power Of The Knife (Le Pouvoir Et La Gloire)
B1 Black Angel (Purgatoire)
B2 Against The Law (Le Pacte)
B3 Man's Trap (Jugement Dernier)
B4 "84" (La Luxure)


R-2547282-1289855652.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ロック アイアン・メイデン

18:26  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.23 (Mon)

Tool: Toology - Unauthorized Biography

DVD/米盤/2001年/T-0103

NTSC/リージョンフリーで日本のDVDプレーヤーでも再生可能、
音声は2CHステレオだがリニアPCMではなくドルビーデジタル、
収録時間は48分だから音声はリニアPCMにして欲しかった。

おそらくレコード会社やマネージメント主導でつくられた
ドキュメンタリーDVDで、適当な映像に延々と語りが入るだけ、
単独のライヴ映像やヴィデオクリップは無し。

酷いDVDだ、買わないほうが良い、
英語のナレーションは比較的容易な内容で、
中学生程度の英語力があればなんとなく意味はわかるはず。


toology.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック ハードコア

17:05  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.23 (Mon)

Trust ‎– Repression

AD/オランダ盤/1980年/CBS-84318

アイアン・メイデンのニコ・マクブレインが在籍したことで知られる
フランスのメタル・バンド、これがデビュー作でフランス語歌唱。
(英語歌唱ヴァージョンもリリースされている)

アンスラックスのカヴァーで有名になったA1は
もはやトラストの曲というよりはアンスラックスの曲になってしまった。

ニコは2作目に参加した後メイデンに加入、
その後任がメイデンのクライヴ・バーで、
なにかとメイデンと関係のあるバンドという印象を受ける。

AC/DCスタイルの野暮ったいハードロック、
フランス語歌唱はかなり珍妙というか違和感がある、
典型的な時代の徒花バンドと思いきや、
解散と再結成を繰り返し現在でも地道に活動中。


曲目:
A1 Antisocial 5:03
A2 Monsieur Comédie 3:25
A3 Instinct De Mort 3:44
A4 Au Nom De La Race
A5 Passé 3:45
B1 Fatalité 2:56
B2 Saumur 5:45
B3 Le Mitard 5:14
B4 Sors Tes Griffes 4:10
B5 Les Sectes 2:45


R-1293034-1419513695-7404.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM NWOBHM アイアン・メイデン

13:35  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.23 (Mon)

TNT - Intuition

AD/米盤/1989年/836-777-1

過去に日本盤CDで紹介済み、今回取り上げるのは米盤AD。
CDとレコードの切り替え過渡期のアルバムで、
デジタル志向と言うか、CD的な音作りを感じさせる。

次作以降は迷走しまくって解散したり再結成したり
メンバーチェンジしたり来日公演が集金ツアーと批判されたり
グランジになって酷評されたり、
もはや誰が正式メンバーなのかも定かでない状態で
いまだにバンドは存続している。


曲目:
A1 A Nation Free (Intro) 1:14
A2 Caught Between The Tigers 4:16
A3 Tonight I'm Falling 3:55
A4 End Of The Line 4:21
A5 Intuition 4:18
B1 Forever Shine On 4:46
B2 Learn To Love 3:37
B3 Ordinary Lover 0:53
B4 Take Me Down (Fallen Angel) 4:28
B5 Wisdom 5:05


20070412212907.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル

12:45  |  T  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT