FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.11.24 (Sun)

警告!!

心の狭い人、
シャレの
分からない人、
入場禁止!!


お帰りはこちら→


Copyright (C)「りっちー☆ぶらっく萌」

このブログは激辛です
精神の弱い方にはむきませんので

自信がなかったら読まないように!

あ、あと、音楽がないと生きていけないとか
「のー・みゅーじっく・のー・らいふ」とか
ほざいてるひともおとこわり!

関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM

16:38  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.23 (Sat)

このブログの見方について

AD/国内盤/1980年/103242←規格番号です(入れ忘れあり)。
↑ ↑    ↑
↑ ↑    ↑プレス年度です。リリースされた年ではありません。
↑ ↑     おなじCDでも、プレス年度によって差異が生じます。
↑ ↑         
↑ 生産国です。生産国によって音質や収録曲が異なります。

ADはアナログ・ディスク、つまりレコードのことです。
CD、LD、VHS、DVD等、どの種類のメディアであるかを表記してます。

★検索機能について:
スペルミスには対応できません。
タイトルやアーティスト名は、アルファベット表記です(一部例外あり)、
カタカナや平仮名ではヒットしません(文中の表記がヒットします)。

★リンク、転載、引用について:
一切の制約はありません。当方に極端な不利益がない限り、
営利非営利を問わず、自由に転載してもらって結構です。


注:
初期にMSNブログに画像を置いていたんですが、
MSNブログが廃止されてしまったので、その時期の画像が消えています。
気がついたところから修正しますので、大目に見てください。
関連記事
21:16  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.15 (Sat)

Holst: The Planets, Op. 32, etc.(惑星)

CD(2枚組)/米盤/1993年/CDX-5105

1974年アナログ収録をデジタル・リマスター、
VOX系廉価再発盤で、当時としてはかなり安かったはず。
(記憶が定かでないが新品で980円とかそんなもんだったような)

Walter Süsskindはワルター・サスキンドと読むのかと思っていたら
ワルター・ジュスキントでチェコの指揮者でした、
ずっとアメリカの指揮者と思い込んでいた。

ホルストの「惑星」は中身のない派手な曲なので
アメリカのオケにはうってつけ、楽しめる演奏だ。

レコードの原盤はターナバウト・レーベルのサラウンド仕様、
ターナバウトはアメ盤で盤質イマイチだし
それがサラウンド仕様とあっては期待薄、
入手が容易なCDで買うほうが得策でしょう。


演奏:St. Louis Symphony Orchestra, Walter Susskind

曲目:
CD1:Holst: The Planets, Op. 32
CD2:Smetana: Má Vlast


5105.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

20:49  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.15 (Sat)

Karol SZYMANOWSKI - Violin Concertos etc

CD(2枚組)/EU盤/2002年/+7243-5-75670-2-2

Double Forteという、EMIの2枚組廉価シリーズ、
ARTと記載されるアビーロードスタジオ・リマスター仕様で
(ただしこのリマスターはあまり評判がよろしくない)
収録時間たっぷり、ちょっとマイナーな曲が多い、
ブックレットは廉価盤としてはしっかりしているといった特徴がある。

SNSシステムなる、一種のノイズリダクションを採用したことが
音質的にマイナスに働いたのかもしれない。
(余分な回路を通ることになるので鮮度が劣化する?)

収録は1978、1981、1983年とばらけていて
アナログとデジタルが混在、
全体的には統一感のある音でこれはリマスターの成果か。

シマノフスキやグレツキはともかく、
バイルトはあまり録音をみかけないので、
こうして廉価で入手できるのはありがたい。
(言うまでもなくすべてポーランドの作曲家です、
バイルトの名前がポーランドっぽくないのは移民だから)


演奏・曲目・収録:
Karol SZYMANOWSKI (1882-1937)
Violin Concerto No. 1 (1916) [25.49]
Violin Concerto No. 2 (1932) [22.25]
Mandragora (1926) [25.48]
Stabat Mater (1926) [25.55]
Litania do Marii Panny (1933) [9.29]
Demeter (1924) [7.53]

Kazimierz Pustelak (ten); Zdzislaw Lapinski (cello) (Mandragora)
Jadwiga Gadulanka (sop); Jadwiga Rappé (alto); Andrzej Hiolski (bar) (Stabat Mater)
Jadwiga Gadulanka (sop) (Litania)
Jadwiga Rappé (alto) (Demeter)
Polish Radio National SO/Polish Radio SO Kraków (only Mandragora)
Jerzy Maksymiuk (concerti); Antoni Wit (all other Szymanowski)

Henryk GÓRECKI (b.1933)
Three Pieces in the Old Style (1963) [9.47]

Tadeusz BAIRD (1928-1981)
Colas Breugnon Suite (1953) [14.40]
Polish CO/Jerzy Maksymiuk

rec. Warsaw School of Music, Aug-Sept 1976 (Baird, Gorecki);
Polish RTV Studios, Katowice, Sept 1978, Mar 1981, Mar 1983 ADD/DDD


sima_20190615180343658.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : 現代音楽 クラシック

18:04  |  クラシック:現代音楽  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.15 (Sat)

Bach Violin Sonata & Partita Szeryng(無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全曲)

CD(2枚組)/国内盤/1994.8.1/POCG-4099~4100

収録は1967年スイスのヴヴェイ劇場にて、
シェリングにとって二度目の録音。

名盤中の名盤として有名、
クラシック・ファンで持っていない人はいない?
名曲・名演・名録音と三拍子揃っている。


曲目:
01. 無伴奏ソナタ第1番 ト短調 Bwv.1001
02. 無伴奏パルティータ第1番 ロ短調 Bwv.1002
03. 無伴奏ソナタ第2番 イ短調 Bwv.1003
04. 無伴奏パルティータ第2番 ニ短調 Bwv.1004
05. 無伴奏ソナタ第3番 ハ長調 Bwv.1005
06. 無伴奏パルティータ第3番 ホ長調 Bwv.1006

230000793.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

11:29  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT