2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.24 (Fri)

警告!!

心の狭い人、
シャレの
分からない人、
入場禁止!!


お帰りはこちら→


Copyright (C)「りっちー☆ぶらっく萌」

このブログは激辛です
精神の弱い方にはむきませんので

自信がなかったら読まないように!

あ、あと、音楽がないと生きていけないとか
「のー・みゅーじっく・のー・らいふ」とか
ほざいてるひともおとこわり!

関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM

16:38  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.23 (Thu)

このブログの見方について

AD/国内盤/1980年/103242←規格番号です(入れ忘れあり)。
↑ ↑    ↑
↑ ↑    ↑プレス年度です。リリースされた年ではありません。
↑ ↑     おなじCDでも、プレス年度によって差異が生じます。
↑ ↑         
↑ 生産国です。生産国によって音質や収録曲が異なります。

ADはアナログ・ディスク、つまりレコードのことです。
CD、LD、VHS、DVD等、どの種類のメディアであるかを表記してます。

★検索機能について:
スペルミスには対応できません。
タイトルやアーティスト名は、アルファベット表記です(一部例外あり)、
カタカナや平仮名ではヒットしません(文中の表記がヒットします)。

★リンク、転載、引用について:
一切の制約はありません。当方に極端な不利益がない限り、
営利非営利を問わず、自由に転載してもらって結構です。


注:
初期にMSNブログに画像を置いていたんですが、
MSNブログが廃止されてしまったので、その時期の画像が消えています。
気がついたところから修正しますので、大目に見てください。
関連記事
21:16  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.22 (Wed)

Ari Koivunen ‎– Becoming

CD/国内盤/2008.6.25/EICP-1023

フィンランドのオーディション番組からデビューして
一躍人気ものになったアリ・コイヴネンのセカンド。
ソロというかバンド形態だったが、このアルバムの後、
突如としてデスメタル・バンドのAmoralに加入して
世間をあっと驚かせている。

コイヴネン無しにバンドとしては成立しないわけで
残されたメンバーは怒っているのかと思いきや、
サイド・プロジェクトのRaskasta Jouluaでは
みなさん仲良く演奏しているようで、
フィンランドの音楽業界が狭いせいだろうか。

12の「Fight Forevr」が日本盤ボーナスとされているが
この曲はオリジナルのフィンランド盤にも収録されているらしい。
さらに隠しトラックとして、13曲目にメイデンのカヴァーの
「The Evil That Men Do」が収録されている。
(あまり良い出来ではない)

ミドルテンポの曲が多く、ちょっと退屈、
コイヴネンの歌唱も、声が幼いというか、
もう少し厚みや深み、響きが欲しい。


曲目:
Raging Machine 4:34
Under The Burning Sky 5:49
Give Me A Reason 3:49
Sign Of Our Times 4:33
Sweet Madness 5:36
Father 5:52
Keepers Of The Night 4:45
Tears Keep Falling 4:47
Hero's Gold 3:56
My Mistake 4:18
Unscarred Within 4:18
Fight Forever 4:05
13 The Evil That Men Do 3:24


Ari Koivunen ‎– Becoming
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル メロデス アイアン・メイデン フィンランド

04:21  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.21 (Tue)

Blood Ceremony ‎– Blood Ceremony

CD/UK盤/2008年/EISECD-109

女性ヴォーカルを擁するカナダのDOOMバンド、デビュー作、
リー・ドリアン主催のRise Aboveレーベルからのリリース。

ブラック・サバス直系の本格的なDOOMサウンド、
ヴォーカルが女性であるということだけでも特異な印象なのに、
歌だけでなくフルートまで演奏しているため
ジェスロ・タルがサバスのカヴァーをしているような雰囲気もある。
アイアン・バタフライがDOOM寄りになった、とでもいえば良いか。
良くわかったマニア向けの推奨盤。

バンド名はC級ホラー映画「悪魔の入浴・死霊の行水」に由来、
この映画の原題が「CEREMONIA SANGRIENTA」、
これはスペイン語で、英語にすると「Blood Ceremony」になる。


曲目:
1 Master Of Confusion 6:53
2 I'm Coming With You 4:45
3 Into The Coven 4:23
4 A Wine Of Wizardry 1:41
5 The Rare Lord 6:22
6 Return To Forever 6:26
7 Hop Toad 5:30
8 Children Of The Future 4:10
9 Hymn To Pan 7:54


bse.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 映画 ロック DOOM ドゥーム ホラー

20:46  |  B  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.21 (Tue)

Anvil - Speed of Sound

CD/独盤/1999年/MAS-CD0173

過去にドイツ盤レコードで紹介済み、
今回取り上げるのはドイツ盤CD。

今でこそドキュメント映画のおかげで有名になったが
このアルバムの頃は低迷期で知名度も低かった。

1999年というと世界的にヘヴィメタルが壊滅状態にあった時期で、
(メタリカがシンフォニー・メタリカという無残な企画盤を出し、
メガデスはメタルから乖離した「Risk」をリリースして
バンド内に内紛が起こりMフリードマンが離脱、
メイデンはブレイズ・ベイリーがヴォーカルでうまく行かず、
翌2000年にはブルース・ディッキンソンが出戻っている)
アンヴィルが売れなかったのは致し方なしとも言える。


曲目:
1 Speed Of Sound 3:43
2 Blood In The Playground 3:36
3 Deadbeat Dad 3:52
4 Man Over Board 2:33
5 No Evil 5:26
6 Bullshit 3:24
7 Matress Mambo 5:21
8 Secret Agent 3:52
9 Life To Lead 4:04
10 Park That Truck 3:30


Anvil - Speed of Sound
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル

04:22  |  A  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT