FC2ブログ

2019'11.24 (Sun)

警告!!

心の狭い人、
シャレの
分からない人、
入場禁止!!


お帰りはこちら→


Copyright (C)「りっちー☆ぶらっく萌」

このブログは激辛です
精神の弱い方にはむきませんので

自信がなかったら読まないように!

あ、あと、音楽がないと生きていけないとか
「のー・みゅーじっく・のー・らいふ」とか
ほざいてるひともおとこわり!

関連記事

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM

16:38  |  未分類  |  EDIT  |  ↑Top

2019'11.23 (Sat)

このブログの見方について

AD/国内盤/1980年/103242←規格番号です(入れ忘れあり)。
↑ ↑    ↑
↑ ↑    ↑プレス年度です。リリースされた年ではありません。
↑ ↑     おなじCDでも、プレス年度によって差異が生じます。
↑ ↑         
↑ 生産国です。生産国によって音質や収録曲が異なります。

ADはアナログ・ディスク、つまりレコードのことです。
CD、LD、VHS、DVD等、どの種類のメディアであるかを表記してます。

★検索機能について:
スペルミスには対応できません。
タイトルやアーティスト名は、アルファベット表記です(一部例外あり)、
カタカナや平仮名ではヒットしません(文中の表記がヒットします)。

★リンク、転載、引用について:
一切の制約はありません。当方に極端な不利益がない限り、
営利非営利を問わず、自由に転載してもらって結構です。


注:
初期にMSNブログに画像を置いていたんですが、
MSNブログが廃止されてしまったので、その時期の画像が消えています。
気がついたところから修正しますので、大目に見てください。
関連記事
21:16  |  未分類  |  EDIT  |  ↑Top

2019'10.15 (Tue)

Monteverdi - Addio Florida Bella

CD/西独盤/1983年/JMX-290841(1901084)

1981年アナログ収録のADD、
このCDはジャケットには「1901084」と単売の型番、
背表紙には「HMX-290841」と別の型番で、
おそらく「HMX-290841」はセット売りの型番じゃないか、
中古購入したので、セット売りがバラ売りされていた?

こういったところがきちんとしているのは世界でも日本のみ、
諸外国ではドイツのようにきちんとしていそうな国でさえ
けっこういい加減だ。

いかにもハルモニア・ムンディ・フランスといった演奏と録音、
時としてホールエコー過剰で明瞭さにかけることもあるHM仏だが
このCDはホールエコー控えめ、アナログ収録だが
デジタルのようなクリアで明快な音だ。


演奏:
Bass Vocals – Harry van der Kamp
Directed By, Countertenor Vocals – René Jacobs
Ensemble – Concerto Vocale
Soprano Vocals – Barbara Schlick
Tenor Vocals – Guy De Mey, Marius Van Altena, Michiel Ten Houte De Lange
Theorbo – Konrad Junghänel

曲目:
1 Troppo Ben Può 2:57
2 Taci Armelin 2:41
3 E Cosi A Pocco A Pocco 3:06
4 T'Amo Mia Vita 2:56
5 O Mio Bene 4:00
6 Mentre Vaga Angioletta 9:37
7 Luci Serene A Chiare 3:42
8 Partenza Amorosa 9:44
9 O Mirtillo, Anima Mia 2:45
10 Ninfa Che Scalza Il Piede 4:46
11 Era L'Anima Mia 3:11
12 Addio Florida Bella 3:44
13 Ahi, Come A Un Vago Sol 4:02

Addio Florida Bella
関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

20:28  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  ↑Top

2019'10.15 (Tue)

Matteo Salvatore ‎– Italie: Chants De Mendiants

CD/西独盤/1988年/HMA-190434

クラシックの室内楽曲としたが
イタリアン・フォークと言うか現代風カンツォーネというか
クラシックと言うよりはポピュラーミュージックだろうか、
曲によってはフラメンコっぽい。

マッテオ・サルヴァトーレの自作自演盤、
ハルモニア・ムンディ・フランスのCDとしてはかなり異色、
1973年アナログ収録のADD、おそらくスタジオ収録で
ヴォーカルは歪っぽいし、エコーも不自然だし、
いわゆるハルモニア・ムンディ・フランスのサウンドではない。


曲目:
Chants De Mendiants En Italie / Italian Beggars' Songs / Italienische Bettel-Lieder 38:10
1 Il Lamento Dei Mendicanti 4:04
2 Mo Ve'La Bella Mia Da La Muntagna 2:50
3 Lu Furastiero 2:40
4 Il Pescivendolo 1:56
5 Il Giorno Dei Morti 3:30
6 San Michele Del Monte 2:23
7 Padrone Mio 2:07
8 Popolo Del Paese 3:33
9 La Storia Dei Due Fannulloni 2:18
10 Inno Della Republica 1:45
11 Francisco A Lu Paiese 2:10
12 Lu Pecurere 2:55
13 Lu Polverone 3:12
14 La Notte E'Bella 2:25


Chants De Mendiants
関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : イタリア クラシック

19:44  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  ↑Top

2019'10.15 (Tue)

Mike Figgis & Various(VA) ‎– Leaving Las Vegas - Original Motion Picture Soundtrack/OST

CD/国内盤/1996.7.25/POCM-1173

ニコラス・ケイジ主演映画「リービング・ラスベガス」のサントラ、
楽曲寄せ集めのサントラもどきのコンピ盤ではなく、
映画に使われた音楽を収録したまっとうなサントラ。

監督のマイク・フィギスが自ら音楽も担当、
ただし余技ではなく、フィギスはもともとミュージシャンで、
80年代中頃に映画監督に転身している。

ところどころ映画の音声(モノローグ)が挿入されるが
これは余計なお世話というか、音楽を聴く邪魔でしか無い、
全体としてはジャズ系で統一されていて、
STINGももともとソロではジャズ寄りということもあって違和感がない。

映画のサントラらしくかなり低音が強調されている部分もあって
音量を上げるとちょっと下品に聴こえるくらいだ。


曲目:
1 –Mike Figgis Intro Dialogue
2 –Sting Angel Eyes
3 –Mike Figgis Are You Desirable?
4 –Mike Figgis Ben & Bill
5 –Mike Figgis Leaving Las Vegas
6 –Mike Figgis Sera’s Dark Side
7 –Mike Figgis Mara
8 –Mike Figgis Burlesque
9 –Mike Figgis On The Street
10 –Mike Figgis Bossa Vega
11 –Mike Figgis Ben Pawns His Rolex / Sera Talks To Her Shrink
12 –Sting My One And Only Love
13 –Mike Figgis Sera Invites Ben To Stay
14 –Don Henley Come Rain Or Come Shine
15 –Luke Gordon Ben And Sera
16 –Nicolas Cage Ridiculous
17 –Mike Figgis Biker Bar
18 –Mike Figgis Ben’s Hell
19 –Sting It’s A Lonesome Old Town
20 –Mike Figgis Blues For Ben
21 –Mike Figgis Get Out
22 –Mike Figgis Reunited
23 –Mike Figgis Sera Talks To The Car Driver
24 –Mike Figgis She Really Loved Him
25 –The Palladinos I Won’t Be Going South For A While


1173.jpg
関連記事

テーマ : JAZZ - ジャンル : 音楽

タグ : 映画 サントラ

17:45  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT