2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.28 (Thu)

José Mauro ‎– Obnoxius

AD/UK盤/2016年/FALO-191LP

オリジナルは1970年を、2016年に180g盤で再発したもの、
輸入盤だが日本盤のような帯がついている。

ジョゼ・マウロはブラジル人、
70年代にアルバムを2枚リリースしている、くらいしかわからない。

サイケとかソウルジャズとかいろいろ表現する言葉はあるが
ブラジルのポピュラーミュージックの中の1枚、というのが無難。
(日本の音楽はぜんぶJ-POPというのと一緒)

レアグルーヴやらDJやらといったフィールドで評価されているが
むしろジャンルにこだわりのない、
絶えず面白いものを追い求めている音楽ファンに推奨したい。


曲目:
A1 Obnóxius
A2 Tarde De Núpcias
A3 Memória
A4 Ponto De Chamada
A5 As Aventuras Sentimentais De Espiroqueta Camargo
B1 Talismã
B2 Arraial Da Lua Cheia
B3 Ancoradouro
B4 Canção Da Casa Iluminada
B5 Apocalipse
B6 Exaltação E Lamento Do Último Rei


R-9072655-1475077512-2782.jpg
関連記事

テーマ : ブラジル音楽 ジャンル : 音楽

20:04  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.28 (Thu)

Ave Maria Kaiserin

AD/独盤/1972年/1C-065-99-601

収録関連の記載無し、1972年アナログ収録か、
HM独らしい硬質でややハイ上がりな音、
混濁はしないかわりに、HM仏のような厚みがない。

この手のレコードは退屈で眠くなってくるものが多いが
この盤はけっこう聴ける方じゃないか。


演奏:
Choir – Der Aachener Domchor
Conductor – Rudolf Pohl

曲目:
A1 Ave Maria, Keiserin Composed By – Anonym (17.Jahrhundert)
A2 Alma Redemptoris Mater Composed By – Gregorianisch
A3 Tu Solus Qui Facis Mirabilia Composed By – Josquin Des Prez
A4 Ad Te Domine Levavi Composed By – Johann Joseph Fux
A5 Ave Maria Composed By – Tomas Ludovico De Victoria
A6 O Magnum Mysterium Composed By – Adrian Willaert
A7 Syt Willikomen, Heire Kirst Composed By – Anonym (14, Jahrhundert)
A8 Tui Sunt Coeli Composed By – Orlando Di Lasso
B1 O Vos Omnes Composed By – Jachet De Berchem
B2 Christus Factus Est Composed By – Felice Anerio
B3 O Crux Benedicta Composed By – Jacobus Clemens Non Papa
B4 Terra Tremuit Composed By – Giovanni Pierluigi da Palestrina
B5 Salve Regina Composed By – Johannes Mangon
B6 Vidi Speciosam Composed By – Tomas Ludovico De Victoria


s-l1000_20170928192930858.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

19:29  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.28 (Thu)

Vaughan Williams - Symphony No.5 In D / Flos Campi - Suite

AD/UK盤/1987年/EMX-2112

1986年、リヴァプールのフィルハーモニック・ホールにてデジタル収録、
いかにもメジャーレーベルといった表面的な録音、
それなりにクリアでレンジも広い、低音はもう一歩底力がほしい、
マイナーレーベル的な奥行き感は無い。

指揮者のヴァーノン・ハンドリーはロンドン生まれ、
スコットランドや北アイルランドのオケで活躍、
死んだのはウェールズと、イギリス全土を横断した人生?
演奏もはったりめいたところのない、立派なものです。


演奏:
Chorus – Liverpool Philharmonic Choir (tracks: 1)
Chorus Master – Ian Tracey
Conductor – Vernon Handley
Orchestra – Royal Liverpool Philharmonic Orchestra
Viola – Christopher Balmer (tracks: 1)

曲目:
A1 Flos Campi - Suite

Symphony No.5 In D
A2 First Movement: Preludio (Moderato)
B1 Second Movement: Scherzo (Presto Misterioso)
B2 Third Movement: Romanza (Lento)
B3 Fourth Movement: Passacaglia (Moderato)


2112.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

17:39  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.28 (Thu)

Formula 3(FORMULA TRE) ‎– 1990

AD/イタリア盤/1990年/PL-74588

イタリアン・プログレ、フォルムラ・トレが1990年に再結成した際に、
過去の楽曲をリレコーディングしたアルバム。
90年代には積極的にアルバムをリリースしていたが
2000年代に入って活動ペースがめっきり落ちている。

イタリア語wikiではプログレ扱い、
英語wikiではイタリアのポップ・ロックになっていて
プログレ扱いされていない?
実際、このアルバムも、プログレという前知識無しで聞いたら
脳天気なポップスのアルバムに聴こえてしまいそうだ。

70年代のアルバム、特に72年の通算3作目、
「Sognando e Risognando」の印象が強すぎて
再結成以降はほとんど評価されていないんじゃないか。


曲目:
A1 Eppur Mi Son Scordato Di Te 4:29
A2 Io Ritorno Solo 4:16
A3 Sole Giallo, Sole Nero 3:42
A4 Nessuno Nessuno 4:15
B1 Non È Francesca 3:48
B2 Sognando E Risognando 3:13
B3 Il Tempo Di Morire 3:28
B4 Questo Folle Sentimento 3:06
B5 Bambina Sbagliata 3:16


Formula 3 ‎– 1990
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ イタリア

04:51  |  F  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.27 (Wed)

Granados ‎– 12 Spanish Dances Op. 37 (Danzas Espanolas)

AD/イングランド盤/1976年/CRD-1021

グラナドスはスペインを代表する作曲家、
一聴しただけで、なんとなくスペインっぽい感じがする。}

Thomas Rajnaはハンガリー出身の作曲、ピアニスト。
作曲家としては曲を聴いたことがないのでよくわからない、
1928年生まれだからまだ生きているとしたら90近い、
もう演奏活動はしていないだろう。

1976年、ロンドンのセント・ジョージ教会にて収録、
スタジオを使わないのはコスト面でのメリットが第一、
結果として音質面でも有利に働く事が多い。

録音は優秀、crdレーベル特有のやや硬質な音、
しっかりとした芯があるサウンドはマイナーレーベルならでは。
アナログ録音なのにむしろ良質なデジタルを思わせる。


演奏:Piano – Thomas Rajna

曲目:
Book I
A1 No 1 Galante
A2 No 2 Oriental
A3 No 3 Fandango
Book II
A4 No 4 Villanesca
A5 No 5 Andaluza (Playera)
A6 No 6 Rondalla Aragonesa
Book III
B1 No 7 Valenciana (Calasera)
B2 No 8 Sardana
B3 No 9 Romantica
Book IV
B4 No 10 Melancolica
B5 No 11 Arabesca
B6 No 12 Bolero


R-6445016-1420004098-4673.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

21:58  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT