2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.31 (Thu)

Huey Lewis & The News ‎– Small World

CD/国内盤/1988.7.17/CP32-5660

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主題歌のヒットで知られる
アメリカン・ロック・バンドの通算5作目。
(ヒューイ・ルイスは「バック・トゥ~」にチョイ役で出演もしている)
本作あたりからセールスが凋落の一途を辿り、
現在ではすっかり過去のバンドというイメージになってしまった。

80年代洋楽を代表するバンドであると同時に
90年代グランジ・オルタナ・ムーヴメントに
抹殺されたバンドの代表格でもあるといえる。

軽快でストレートなアメリカン・ロック、
難しいことを考えずに気楽に楽しく過ごすための音楽だが、
不況でリストラだ減俸だ非正規雇用だという時代に聴くには
ちょっと脳天気すぎるかもしれない。


曲目:
Small World (Part One) 3:50
Old Antone's 4:45
Perfect World 4:04
Bobo Tempo 4:35
Small World (Part Two) 4:05
Walking With The Kid 3:57
World To Me 5:16
Better Be True 5:17
Give Me The Keys (And I'll Drive You Crazy) 4:35
Slammin' 4:31


R-4021581-1496807450-5869.jpg
関連記事

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

22:34  |  H  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.31 (Thu)

Dirty Looks ‎– Turn Of The Screw

CD/米盤/1989年/7-81992-2

アメリカのバンドだがリーダーのHenrik Ostergaardはデンマーク出身、
メジャーデビューしてから通算2作目。
ヘンリクが2011年に死去してバンドは解散したらしい。

メジャーデビュー作となった前作は小ヒットしたものの
バンドの歴史の中でこれが唯一の輝いた瞬間、
以降は鳴かず飛ばずで90年代後半には消滅、
その後、2007年に再結成したものの前記の通り
リーダーの死去に伴って解散している。

AC/DCスタイルのオーソドックスなハードロック、
ヴォーカルはブライアン・ジョンスンやアクセル・ローズを思わせる。
時期的に、グランジ・オルタナ・ムーヴメントのあおりを
もろに食らったバンドの一つだった。


曲目:
1 Turn Of The Screw (Who's Screwing You) 3:53
2 Nobody Rides For Free 3:07
3 C'mon Frenchie 3:00
4 Take What Ya Get 4:20
5 Hot Flash Jelly Roll 3:12
6 Always A Loser 4:35
7 L.A. Anna 4:00
8 Slammin' To The Big Beat 3:30
9 Love Screams 3:28
10 Go Away 4:15
11 Have Some Balls 3:15


Dirty Looks ‎– Turn Of The Screw
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ロック

22:11  |  D  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.31 (Thu)

Bryan Adams ‎– On A Day Like Today

CD/国内盤/1998.10.17/POCM-1266

Bアダムスと言えばジョン・マット・ランジの
プロデュースという印象が強い中、
メタリカでおなじみのボブ・ロックを起用して話題になった。

MIXはボブ・クリアマウンテンが担当、
国内盤ライナーによると
MTVアンプラグドの収録のアプローチによって、
長時間スタジオに拘束されるマット・ランジの作業に疑問を抱いた、
結果としてのボブ・ロック起用ではないかとされている。

落ち着いたというか、大人になった雰囲気が漂う、
「死ぬまで18歳」と歌った次のアルバムが
老成した作品になったというのが面白い。


曲目:
How Do Ya Feel Tonight 4:46
C'mon C'mon C'mon 3:36
Getaway 3:47
On A Day Like Today 3:28
Fearless 3:52
I'm A Liar 4:16
Cloud Number Nine 3:45
When You're Gone 3:24
Inside Out 4:43
If I Had You 4:03
Before The Night Is Over 3:48
I Don't Wanna Live Forever 3:14
Where Angels Fear To Tread 3:48
Lie To Me 4:40
Hey Baby  3:48


on a day
関連記事

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

21:14  |  B  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.31 (Thu)

U2 ‎– All That You Can't Leave Behind

CD/国内盤/2000.10.25/UICI-1002

1991年の「Achtung Baby」あたりから
ヘンな方向に行っていたU2が、
ややまともになるきっかけとなったアルバム。
ソフトロックと言うかアダルト向けというか、
それでも初期の雰囲気が戻って来てはいる。

ラストの「The Ground Beneath Her Feet」はボーナストラック、
サルマン・ラシュディの作品中に登場する詞にU2が曲をつけたもの。
ラシュディの「悪魔の詩」を日本語訳した翻訳者が
刺殺された事件を憶えてる人もけっこういるんじゃないか。


曲目:
Beautiful Day 4:06
Stuck In A Moment You Can't Get Out Of 4:32
Elevation 3:46
Walk On 4:55
Kite 4:23
In A Little While 3:37
Wild Honey 3:45
Peace On Earth 4:46
When I Look At The World 4:15
New York 5:28
Grace 5:31
The Ground Beneath Her Feet

R-472514-1399577036-4686.jpg
関連記事

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

19:20  |  U  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.31 (Thu)

OST ‎– Glee: The Music, Season One, Volume 2/グリー 踊る♪合唱部!?Volume 2

CD/国内盤/2011.1.1/SICP-2985

アメリカのTVドラマ、gleeのサントラ、
たしかNHKで放送していたから観ていた人も多いんじゃないか、
ドラマそのものは好みではなかったので、あまり観ていない。

このドラマの最も大きな功績は、
ジャーニーの「ドント・ストップ・ビリーヴィン」を取り上げたこと、
元曲までもが再度チャート入りし、当時以上に売れてしまった。
結果として80年代洋楽黄金時代の再評価にもつながり、
90年代グランジオルタナ・ムーヴメントによって
不当な扱いを受け続けていたバンド群の復活にも一役買ったわけだ。

1980年代の楽曲を中心に、新しいところだと
90年代が3曲、2000年以降も2曲、収録されている。
ハイライトは10の「トゥルー・カラーズ」あたりだろうか、
この曲はテレンス・スタンプ主演の「アンコール!!」でも
使われていて、もはやスタンダード・ナンバーと言える。

18と19は日本盤ボーナス。日本盤ボーナスと言いつつ
デジパックや欧州盤などに収録されていたりすることが
珍しくないが、この2曲は、本当に日本盤のみのようだ。


曲目:
1. "Proud Mary" John Fogerty Creedence Clearwater Revival 3:43
2. "Endless Love" Lionel Richie Diana Ross and Lionel Richie 4:25
3. "I'll Stand by You" Chrissie Hynde, Tom Kelly, Billy Steinberg The Pretenders 3:51
4. "Don't Stand So Close to Me / Young Girl" Sting / Jerry Fuller The Police / Gary Puckett & The Union Gap 2:28
5. "Crush" Andy Goldmark, Mark Mueller, Berny Cosgrove, Kevin Clark Jennifer Paige 3:23
6. "(You're) Having My Baby" Paul Anka Paul Anka and Odia Coates 2:47
7. "Lean on Me" Bill Withers Bill Withers 4:17
8. "Don't Make Me Over" Burt Bacharach, Hal David Dionne Warwick 3:25
9. "Imagine" John Lennon John Lennon 2:23
10. "True Colors" Tom Kelly, Billy Steinberg Cyndi Lauper 3:34
11. "Jump" Alex Van Halen, David Lee Roth, Eddie Van Halen and Michael Anthony Van Halen 3:57
12. "Smile" Lily Allen, Iyiola Babalola, Darren Lewis Lily Allen 3:14
13. "Smile" Charlie Chaplin, John Turner, Geoffrey Parsons Charlie Chaplin 3:01
14. "And I Am Telling You I'm Not Going" Tom Eyen, Henry Krieger Jennifer Holliday in the musical Dreamgirls 4:06
15. "Don't Rain on My Parade" Jule Styne, Bob Merrill Barbra Streisand in the musical Funny Girl 2:47
16. "You Can't Always Get What You Want" Mick Jagger, Keith Richards The Rolling Stones 3:27
17. "My Life Would Suck Without You" Max Martin, Dr. Luke, Claude Kelly Kelly Clarkson 3:31
18. ハロー、アイ・ラヴ・ユー (ボーナス・トラック)
19. ザ・ボーイ・イズ・マイン featuring メルセデス&サンタナ (ボーナス・トラック)


R-2279260-1350800699-5454.jpg
関連記事

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック ロック

17:36  |  O  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT