2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.21 (Fri)

Torben Schmidt – A Bit On The Side

CD/国内盤/1992.9.2/VICP-5183

一時期そこそこの人気を誇った北欧メタル・バンド、
スカガラックのリーダーの初ソロ・アルバム。

アルバムの傾向としてはスカガラックの4作目、
ラスト・アルバムと同路線のアメリカン・ハードロックだ。
(と言ってもデンマークの人ですが…)

ヨーロッパのキー・マルセロがゲスト参加、
日本盤は、収録曲そのものは欧州盤とおなじ11曲だが、
3.4.8の3曲が別ヴァージョンで収録されている。
このため、マルセロが参加した曲が
欧州盤では4曲なのに日本盤では5曲になっている。

トーベンがキー・マルセロとの作業を気に入って、
デンマークでアルバムがリリースされた後にも手直しをしていたそうで、
その成果が日本盤に反映されているわけだ。

日本盤ライナーにはトーベン本人の全曲コメントが掲載されているため、
ファンだったらぜひ日本盤で入手しておきたい。


曲目:
1 Love On Sale
2 Good Day To Be Living
3 When I Hold You In My Arms
4 I Gave My Soul To Rock N' Roll
5 It Ain't The First Time
6 Turn On My Badland
7 My Woman
8 Can't You Feel It
9 Spider's Web
10 Same Old Song, Same Old Story
11 Sweet Lucy

R-9702550-1485024232-7375.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル

17:18  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.21 (Fri)

Stuart Smith ‎– Heaven And Earth

CD/国内盤/1999.8.4/PCCY-01397

なんと40歳にしてこれがデビュー作という遅咲きギタリスト。
ただし芸歴は長く、1970年代から活動していて、
スタリオンなるバンドではブルース・ディッキンスンがヴォーカル、
(サムスンに加入する以前のことだと思われる)
ホワイトスネイクに加入する直前のイアン・ペイスとバンドを組んだり、
更にはメイデンに加入する前のニコ・マクブレインともバンドを組んだり、
80年代には渡米してマーク・ボウルズとバンドを組んだり、
90年代にはキース・エマーソンとバンドを組んだり、
とにかくあれこれやっているのになにひとつレコード音源にならずに
40歳になってしまったという、アンヴィルも真っ青な経歴だ。

人脈が広く、このアルバムにもそうそうたるメンバーがゲスト参加、
ジョー・リン・ターナーにケリー・ハンセン、カーマイン・アピス、
チャック・ライト、グレン・ヒューズ、リッチー・サンボラ、
マイク・テラーナ、パット・リーガンと枚挙に暇がない。

現在はHeaven And Earthというバンドで順調に活動できているようで
ようやっと運が巡ってきたのか継続は力なりなのか。


曲目:
1 Don't Keep Me Waiting 5:09
2 Heaven & Earth 4:14
3 See That My Grave Is Kept Clean 4:22
4 When A Blind Man Cries 5:29
5 Memories 4:28
6 Dreams Of Desire 3:36
7 Trouble In Paradise 3:43
8 Shadow Of The Tyburn Tree 3:31
9 It's Got To Be Love 4:29
10 When The Blues Catch Up With You 5:16
11 Do You Ever Think Of Me? 4:56
12 Road To Melniboné 4:34
13 Howlin' At The Moon 3:55
14 Eyes Of A Man 4:50
15 Telstar 2000 3:40
16 Lose My Number 3:28


R-5870912-1404999096-2654.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

03:47  |  S  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.21 (Fri)

Sabbtail ‎– Otherworlds

CD/国内盤/1998.4.17/PCCY-01235

スウェーデンのバンド、デビュー作。
再結成ディープ・パープルを思わせるハードロック、
サウンド・プロダクションがイマイチなので
ちょっと安っぽく聴こえてしまうのは残念。

ベースは元フォーチュンのヤン・ルンド、
ヴォーカルのアンドレアス・エクルンドは
ハウス・オブ・シャキラと掛けもち。
ドラムがハラルド・ルンドとクレジットされているが
これは実はヤン・ルンドの偽名、
ドラムがみつからずにヤンが叩いたのだとか。

フォーチュンのような北欧メタルを期待すると肩透かし、
前述の通り、オルガンを活かしたDPスタイルのハードロックで、
これはこれで悪くはない。


曲目:
1 King Of The Past
2 In The Eye Of The Beholder
3 The Shadow At The End Of The Stairs
4 The Garden And Yonder
5 Dragons Flight
6 Betwixt And Between
7 Minstrel
8 Hunter
9 Highest Circle

R-4099275-1487642601-685.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル スウェーデン

02:29  |  S  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |