2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.19 (Wed)

Da Vinci ‎– Back In Business

CD/国内盤/1993.9.22/XRCN-1049

ノルウェーのバンド、2nd。そこそこ話題になったのに、
結局アルバム2枚のみで解散している。

前作にあった野暮ったい部分、物足りない部分が
全面的に解消され、あっと驚く完成度のアルバムに仕上がった。
80年代洋楽、AOR系ハードロック好きに文句なく推奨できる。

ベースのBjørn Bogeはセッション系ミュージシャンとして
地道に活動を続けているようだ。
ヴォーカルのLars Aassは楽曲提供で健在、
メンバーの中では最も成功している。


曲目:
1 Touchdown 4:16
2 Call Me A Liar 4:58
3 Young Hearts 3:39
4 9 And 10 3:11
5 Turn Down The Lights 5:02
6 Millions Like Us 3:32
7 Pink Champagne 3:19
8 Circus Maximus 4:33
9 Hold Back The Tears 5:07
10 Last Time 4:41


R-6012904-1447812217-8334.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル

20:50  |  D  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.19 (Wed)

Tristitia ‎– Crucidiction

CD/フランス盤/1996年/HOLY-21CD

スウェーデンのDOOM/ゴス・バンド、2nd。
バンドというよりは、Luis B. Galvezの
ソロ・プロジェクトという方が正しいだろう。

過去にデビュー作を取り上げ済み、退屈と切り捨てているが
この2ndはかなり良くなっている。
退屈は退屈だが、この手の音楽はそういうものだから
文句言わずに黙って聴きやがれ!という力強さが出てきた。

2002年に4作目を出してから15年以上音沙汰なし、
上述の通り、ソロ・プロジェクトだから
忘れた頃にひょっこりとアルバムを出してくるかも。


曲目:
1 Ego Sum Resurrectio 2:08
2 Christianic Indulgence 6:50
3 Crucidiction 6:33
4 Wintergrief 8:15
5 Envy The Dead 4:48
6 Lioness' Roar 4:53
7 Mark My Words 6:35
8 Gardenia 2:00
9 Final Lament 7:06


Tristitia ‎– Crucidiction
関連記事

テーマ : デスメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スウェーデン 北欧メタル デス・メタル ドゥーム DOOM

18:14  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.19 (Wed)

Iron Maiden - Iron Maiden

CD(2枚組)/オランダ盤/1995年/7243-8-35868-2-0

ブレイズ・ベイリーが加入して再始動したのに合わせて
過去音源をボーナス・ディスク付き2枚組仕様で再発したもの。
ディスクレーベル面はピクチャーディスクになっている。
扱いとしてはUKだがプレスはオランダなので、オランダ盤とする。

このシリーズはデジタルリマスターされていないため、
レコード、リマスター前のCD、2枚組仕様、デジタルリマスター盤と
同じ音源を4回買ってしまった人も結構いたはず。
(アイアン・メイデンはとにかく商売上手です)

なお、リマスター前の日本盤(TOCP-6337)と比較すると
このオランダ盤の方が明らかに音が良い。
どちらもリマスター前音源なのにかなりの差がある。


曲目:
1-1 Prowler 3:55
1-2 Remember Tomorrow 5:27
1-3 Running Free 3:16
1-4 Phantom Of The Opera 7:20
1-5 Transylvania 4:05
1-6 Strange World 5:45
1-7 Charlotte The Harlot 4:12
1-8 Iron Maiden 3:35

Bonus CD
2-1 Sanctuary
2-2 Burning Ambition
2-3 Drifter (Live)
2-4 I've Got The Fire (Live)


R-2277890-1408783236-2358.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

16:12  |  I  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.19 (Wed)

Enrique Ugarte - VALSE MUSETTE

CD/スイス盤/プレス年度不明/EUCD-1114

アコーディオンを見るとアルゼンチン、タンゴと思ってしまう、
このCDはアルバムタイトルに「ミュゼット」とあるように、
フランスのポピュラー音楽であるミュゼットの中から
四分の三拍子のワルツ形式のものを演奏しているようだ。
(ズンチャッチャズンチャッチャっていうリズムです)

ミュゼットは本来はフランスのバグパイプのことだが、
現在ではアコーディオンをメインとした
ポピュラー音楽の形態としての意味が一般的か。

Enrique Ugarteはバスク出身のアコーディオン奏者、
作曲や指揮活動も行っているらしい。
バスク出身だがドイツで活動、演奏しているのはフランスの音楽、
このCDはUKのレーベル、しかしCDそのものはスイスで製造、
いかにも欧州圏らしいグローバリゼーションを感じる。
(ドイツでプレスしたほうが安上がりなんじゃなかろうか、
物価が高くEU圏内で無いスイスでプレスするメリットがあるのか、
そもそもレコーディングはドイツで行っているのに)

独特の哀愁漂う演奏は立派なもの、
ただ、CD1枚えんえんとズンチャッチャなので飽きてきます。


214021525.jpg
関連記事

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

13:02  |  ワールドミュージック  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.19 (Wed)

Mekong Delta ‎– Pictures At An Exhibition (Mekong Delta - The CD-Rom)

CD-ROM/独盤/1997年/ZARDOZ-9718

これは今となってはけっこうな珍品かもしれない、
ドイツのスラッシュ・バンド、メコン・デルタが、
アルバム「Pictures at an Exhibition」を発表した際に、
当時としては最先端のメディアであったCD-ROM媒体で
マルチメディア的なソフトとしてリリースしたもの。

いずれは音楽CDから、映像や様々なデータを同時に収録できる
CD-ROM媒体が主流になると考えて作成したのかもしれない。

残念ながらCD-ROMが音楽CDを駆逐することはなかった。
規格が統一されず、技術革新が日進月歩とあってはそれも致し方なし、
本盤はクイックタイム2.0での視聴が前提でクイックタイムも同梱されている。
現在ではwindows版のクイックタイムはサポート終了、
まさかクイックタイムが無くなるとは思っていなかったのかも。

必要最低スペックはMAC LC3、System 7(OS8の一つ前のヴァージョン)
Intel486、windows3.1と、かなり古典的。
オーディオの世界では、20年以上前の機種が、
現在でも最新機種に負けない高音質を聴かせてくれるのに、
PCの世界では20年前というと石器時代とまではいかなくても
縄文時代か弥生時代くらいに感じられる。


収録内容:
CD-ROM Part
Biography
- About Modest Mussorgsky
Pictures & Paintings
- Gallery From Different Artists
Mekong Delta Photos
- Unreleased Photos

Live Video Clips
1 The Cure
2 Dances Of Death
3 Shadow Walker
4 Transgressor

Documentary
- Making Of "Pictures At An Exhibition"

Cubase Score 3.0 Section (Rearrange Mekong Delta Songs)
1 The Hut On Chicken's Legs
2 Promenade
3 Tuileries


R-7436548-1441481402-6014.jpg
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル プログレ ジャーマン・メタル

04:00  |  M  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT