2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017.03.17 (Fri)

Gino Marinuzzi - Jacquerie

CD(2枚組)/イタリア盤/1994年/7200~7201

Gino Marinuzziはイタリアの作曲家、
大昔のひとかと思いきや1882-1945なので、けっこう最近の人でした。
おそらくよっぽどのことがない限り
死ぬまで耳にすることのない作曲家と言って良いでしょう。

指揮者のアンドレア・リカータもイタリア人、
イタリア国内ではそこそこ知名度があるのかもしれない、
国際的には無名の指揮者だ。

1994年デジタル収録、世界初録音盤、
もしかしたら再録されていなくて唯一の音源かも。
素人の録音した海賊盤みたいな音だ。
ちょっと奇妙なのは、
咳払いや拍手が聞こえるからライヴ収録と思われるのに、
収録日が1994年の5月31日と6月11日に分かれていること。

後世に残るようなものとも思えないが
だからこそ買う価値があるとも言える。


演奏:
Conductor: Andrea Licata
Orchestra E Coro Dell' E.A.R. Teatro Bellini Di Catania
Performer: Martine Surais (Alto), Antonio Salvadori (Baritone)
Miro Solman (Tenor), Ilaria Galgani (Soprano), Giancarlo Tosi (Bass)


marinuzzi jacquerie
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

17:53  |  クラシック:オペラ/声楽  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.17 (Fri)

Alfred Brendel Collection

CD(2枚組)/オランダ盤?/1991年/08-9161-72

ヴァンガードからブレンデル・コレクションとして
廉価再発されていたもの、
独立したCD2枚を箱に入れて強引にセット売りしていた。

CD1は1966年、CD2は1968年の音源、
アナログ録音のADD。
ジャケット写真は日本のキングレコードに版権があるらしく、
その旨の記載が裏ジャケにある。

ブレンデルというとフィリップス・レーベルで知られるが
それより古いこのヴァンガード盤の方が、
録音も演奏も良いんじゃないか。

CD2のソナタ集は文句なし、
CD1の協奏曲はちょっとヘン、
オケは明瞭なのにピアノが綿に包まれたような音だ、
ただし演奏が進むに連れてはっきりした音になっていく。


曲目:
CD1
Mozart: piano concerto no.9 in e-flat, k.271
piano concerto no.14 in e-flat, k.449

CD2
Mozart: Sonata in a, etc

118290443.jpg

alfred-brendel-mozart-recital-cd.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

17:26  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.17 (Fri)

Charles Mingus ‎– Town Hall Concert

CD/米盤/1990年/OJCCD-042-2

1964年ライヴ収録を1990年にデジタルリマスターした盤、
デジタルリマスター盤だが表記はAAD。
エヴェレスト・レーベルのスーパーアナログ・シリーズなんかも
SBMでCD化しているがADDではなくAADだ。

レンジは広くないがぱーっと華やかに拡散していく、
押し込められた感じのない良い音だ。
曲間のMCの音が妙に古臭く、そこで時代を感じさせる。

非常に良い演奏、特に1が良い、
18分近くあるのにまったく飽きさせない。


演奏:
Alto Saxophone, Bass Clarinet, Flute – Eric Dolphy
Drums – Dannie Richmond
Tenor Saxophone – Clifford Jordan
Trumpet – Johnny Coles
Piano – Jaki Byard
Double Bass, Liner Notes – Charles Mingus

曲目:
1 So Long Eric 17:48
2 Praying With Eric 27:31


Charles Mingus ‎– Town Hall Concert
関連記事

テーマ : JAZZ ジャンル : 音楽

16:06  |  ジャズ/フュージョン  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.17 (Fri)

Handel - La Resurrezione(復活) Marc Minkowski, Les Musiciens du Louvre

CD(2枚組)/独盤/1996年/447-767-2

ヘンデルのオラトリオ、
過去に取り上げたことがあると思いこんでいたらまだでした。

指揮のマルク・ミンコフスキは名前はロシアっぽいのにフランス人、
わりあいとさっぱりしたというか、くどくどしたところのない、
すっきりとした演奏だ。なお、ピッチはA=415Hz。

アルヒーフ・レーベルだがグラモフォンの4D方式で収録、
録音は1995年、この時点ではまだ21bitで、24bitではない。
4Dを使ったせいかアルヒーフにしては普通の音、普通の録音。


演奏:Marc Minkowski, Les Musiciens du Louvre

handle.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

15:57  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |