2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017.03.13 (Mon)

XTC ‎– The Compact XTC - The Singles 1978-85

CD/米盤/1985年/CAR-86476

アマゾンでハードコア・バンドのCDを買ったら
なぜかこのXTCのシングル音源集が届いた。
返品交換は手間を考えるとめんどくさいし
CDなんて音が出ればなんでも一緒だからそのまま受け取りました。

XTCはイングランドのニューウェイヴ/ポップ・ロックの大御所、
過去に1枚、アルバムを取り上げている。

前述の通りシングル音源集で、リリース年度順に収録されているため、
「Science Friction」が一番古い音源、「Wake Up」が一番新しい音源、
あれこれ曲順をいじるより、いっそいさぎよくてよろしい。

ちょっと細かいことを言うと、「Science Friction」は1977年リリースなので、
このアルバムのタイトルにある「1978-1985」は間違っている?


曲目:
Science Friction 3:14
Statue Of Liberty 2:26
This Is Pop? 2:40
Are You Receiving Me? 3:04
Life Begins At The Hop 3:47
Making Plans For Nigel 3:54
Wait Till The Boat Goes Down 4:35
Generals And Majors 3:42
Towers Of London 4:39
Sgt. Rock (Is Going To Help Me) 3:37
Senses Working Overtime 4:35
Ball And Chain 4:31
Great Fire 3:51
Wonderland 4:03
Love On A Farmboy's Wages 4:00
All You Pretty Girls 4:00
This World Over 4:47
Wake Up 3:44


R-5175444-1386565409-7816.jpg
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

19:31  |  X  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.13 (Mon)

Union Carbide Productions ‎– In The Air Tonight

CD/米盤/2007年/KOC-CD-9973

スウェーデンのバンド、デビュー作(1987年)。
スウェーデン、イエテボリというとメロデスを思い浮かべる、
このバンドはガレージ/サイケ/パンク・ロックで、
そういった類型的なヘビメタ・バンド群とは一味違う。

80年代を中心に活動し、大きな成功をおさめられなかったが
マニアの間では高く評価されるバンドだった。
ヴォーカルのEbbot LundbergやギターのBjörn Olssonは
バンド解散後も現在まで積極的に音楽活動を継続し
数多くのアルバムをリリースしている。

今でこそ北欧のバンドがワールドワイドで活躍することは
珍しいことではなくなったが、当時はまだまだ困難な時代だった、
アメリカやイギリス出身だったら
もっと大きな成功を手にしていたのかもしれない。


曲目:
1 Ring My Bell 3:52
2 Financial Declaration 4:08
3 Summer Holiday Camp 3:30
4 Cartoon Animal3 3:44
5 So Long 4:06
6 In The Air Tonight 1:30
7 Three Mile Eyes 2:18
8 Teenage Bankman 4:14
9 Pour Un Flirt Avec Toi 1:14
10 On The Beach 11:25


unionc.jpg
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : スウェーデン

18:37  |  U  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.13 (Mon)

Pink Lincolns ‎– Back From The Pink Room

CD/米盤/2008年/JHR-012-2

フロリダはタンパのバンドというとデスメタルと思ってしまうが
このバンドはパンク、それもメタルコアやハードコアではなく
昔ながらのあのパンク・サウンドを出すパンク・バンドだ。
いま、こういったオーソドックスなパンク・ミュージックに
どの程度の需要があるのかわからない、
若い世代はもっとヘヴィなスクリーモあたりを好むんだろうか。

1987年のデビュー作を2008年にリイシューしたもので、
ボーナストラックが3曲追加収録されている。
(ただしボーナストラックという記載はない)

バンドのHPは消滅しているものの
現在でも解散せずに活動は続けているようだ。


曲目:
1 Miami
2 I've Got My Tie On
3 I'm So Polite
4 Temporary Friends
5 Age
6 I've Got A Gun
7 Man's Best Friend
8 Suburbicide
9 Victims' Rights
10 Not For Sale
11 Black Circles
12 Bad T.V.
13 Velvet Elvis
14 Fuck Sex
15 Paper Girls
16 Obscene Phone Call
17 I Do (German Version)

R-7650392-1445946301-2993.jpg
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

17:02  |  P  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.13 (Mon)

Datarock ‎– Red

CD(スリップケース仕様)/米盤/2009年/0-6700-30843-2-1

データロックはノルウェー出身のエレクトリック・ロック、
ダンス・ミュージックのバンド、
日本で言うとポリシックスあたりに近い雰囲気がある。
2009年のサマソニにも出演していたはず。

ダンスやレイヴといったくくりで語られるが
単純にリズムだけが強調されたものではなく
適度にポップでキャッチー、印象に残るメロディがあり、
ただ踊るだけでなく音楽そのものを楽しめるバンドだ。


曲目:
1 The Blog 3:11
2 Give It Up 2:48
3 True Stories 2:50
4 Dance! 3:38
5 Molly 3:20
6 Do It Your Way 1:48
7 In The Red 3:35
8 Fear Of Death 2:15
9 Amarillion 4:20
10 The Pretender 3:09
11 Back In The Seventies 3:01
12 Not Me 3:46
13 New Days Dawn 3:08


R-3931594-1417548939-4220.jpg
関連記事

テーマ : 洋楽 ジャンル : 音楽

16:27  |  D  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.13 (Mon)

Mario Lanza - Cocktail Hour

CD(2枚組)/米盤/1996年/CRG-218006

マリオ・ランツァは米国のポピュラー歌手、俳優としても活躍した。
本人はクラシックのオペラ歌手になりたかったようで
ポピュラー歌手としての成功後にチャレンジしたが失敗、
若くして亡くなっている。

絶頂期は1950年代、当時は大スターで
膨大な量の音源が残されているにもかかわらず
ほぼ忘れられた存在になりつつある。

このCDは収録データなどの情報についての記載が一切ない、
コンサート音源というかラジオ放送用音源などを寄せ集めたものだろうか。
ナロウレンジだがノイズは抑制されて聞きやすい音になっている。

「Funiculì, Funiculà」のようなポピュラー名曲も収録されていて
CD2枚、飽きずに楽しませてくれる。


曲目:
CD1
1. Mario Lanza - Be My Love
2. Mario Lanza - Cosi Cosa
3. Mario Lanza - Donkey Serenade
4. Mario Lanza - Parlami d'Amore Mariu
5. Mario Lanza - Kiss
6. Mario Lanza - Recondita Armonia
7. Mario Lanza - Song of Songs
8. Mario Lanza - Mamma Mia, Che Vo' Sapè?
9. Mario Lanza - Come Back to Sorrento
10. Mario Lanza - Without a Song
11. Mario Lanza - O Sole Mio
12. Mario Lanza - Loveliest Night of the Year
13. Mario Lanza - Catari Catari
14. Mario Lanza - Vogliatemi Bene

CD2
1. Mario Lanza - My Song, My Love
2. Mario Lanza - Granada
3. Mario Lanza - Diane
4. Mario Lanza - Funiculì, Funiculà
5. Mario Lanza - Thine Alone
6. Mario Lanza - Vesti la Giubba
7. Mario Lanza - Vuchella
8. Mario Lanza - Serenade
9. Mario Lanza - Marechiare
10. Mario Lanza - Rosary
11. Mario Lanza - Lolita
12. Mario Lanza - If
13. Mario Lanza - They Didn't Believe Me
14. Mario Lanza - Be My Love (Reprise)


cocktail-hour-mario-lanza.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

15:46  |  M  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |