2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.03.21 (Tue)

Israel & New Breed ‎– Covered: Alive In Asia

CD+DVD/米盤/2015年/88875-12581-2

ジャンルとしてはソウルっぽいゴスペルということになるのか、
おまけでドキュメントDVDが付属する限定盤、
ただし例によってDVDはめんどくさくて観てません。

Israel Houghtonのソロ・プロジェクトだが、
バックバンドと合わせてIsrael & New Breedと呼称。

アジアツアーを収録したライヴ盤、
老眼でブックレットの小さい字が読めないので定かでないが
日本、シンガポール、マニラなどをまわったようだ、
どこで収録されたのかはよくわからない、
1日での収録ではなく、良いテイクをつないだのだろう。

ブックレットには東京は渋谷の写真も大きく掲載されている、
スクランブル交差点あたりから撮影したんじゃないか、
渋谷のスクランブル交差点は一種の観光名所になっているようで
アンヴィルのドキュメント映画にも登場している。

我々日本人にはクリスチャンとしての矜持は理解できない、
純粋に音楽としてどうかということになる、
ゴスペルやらソウルやらといったジャンル分けを抜きにして
ポップ・ミュージックとして楽しめる、良いライヴ・アルバムだ。


曲目:
1 Intro (Kau Rajaku)
2 Thank You Lord Featuring – BJ Putnam
3 Risen Featuring – Mariah Houghton
4 My Strength
5 Chasing Me Down Featuring – Tye Tribbett
6 Our God Reigns Featuring – BJ Putnam
7 In Jesus Name
8 One Thing Remains
9 Covered
10 Breathe Your Name
11 Already Done Featuring – Jonathan McReynolds
12 First Loved Me Featuring – Charlin Neal
13 How Awesome Is Our God Featuring – Yolanda Adams


R-8260115-1458658722-7095.jpg
関連記事

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽

16:59  |  J  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.21 (Tue)

Sadaharu ‎– Punishment In Hi-Fi

CD/米盤/2002年/UWR-009

ペンシルバニアのハードコア、デビュー・ミニアルバム、
バンド名は日本の野球選手、王貞治から。
(CDレーベルに漢字で「巨人王」と印刷されている)
2001年に自主制作でリリースしたものを
ジャケット変更したリイシュー盤。

6曲と少なめだが聴き応えのある良いアルバムだ、
古参のハードコアほどヘヴィでなく、
エモやメロコアほどポップではないという微妙な立ち位置が面白い。


曲目:
1 Punishment In Hi-Fi 3:49
2 No One Should Have To Live LIke this 3:22
3 This Modern Day Disaster 3:38
4 Jazz Song In The Key Of Hate 3:46
5 Its Not Every Day You Sell Your Own Soul 3:08
6 The Road To Hell Is Paved, So Why Not Drive In Style? 6:22


MI0001411236.jpg
関連記事

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

16:41  |  S  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.20 (Mon)

Vicente Fernandez - Vicente Fernandez

CD/米盤/1994年/CBD-81016

メキシコの歌手のベスト盤、
日本ではあまり耳にしない名前だがメキシコでは超大物らしい、
CDもシングルやらコンピやらあわせると軽く100枚以上出ている。
俳優としても数十本の映画に出演している、ただし、1本も見たことがない。

いわゆるランチェラ歌手ということでいいんじゃないか、
ランチェラ歌手とはメキシコの歌謡曲の歌い手、
日本で言うと演歌、ポルトガルのファドあたりに相当する?

よく耳にするマリアッチというのは
そういったメキシコ歌謡を演奏する小編成の楽団のこと、
メキシコ音楽全般をマリアッチと呼ぶこともある。

感覚としては石原裕次郎とか加山雄三、勝新太郎みたいなものか、
俳優で歌手で、どちらでもヒットしている大衆的な人気者。
石原裕次郎も加山雄三も日本では大スターだが国際的には無名だ。

歌唱はもちろんスペイン語、聴けば納得、
ああなるほど、メキシコって感じだなって思うことでしょう。


曲目:
1. Me Esta Esperando Maria
2. Es Muy Tu Vida
3. Callate
4. El Prisionero
5. Aprende A Perdonar
6. Rey Sin Palacio
7. Hermoso Carino
8. Renuncia
9. Pecado
10. Por Ellas
11. Lecho De Agonia

vfer.jpg
関連記事

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽

17:54  |  ワールドミュージック  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.20 (Mon)

Closure ‎– Closure

CD/カナダ盤/2003年/TV-2620-2

カナダのロック・バンド、これがデビュー作にして唯一のアルバム。
バンドとしては成功できなかったが
ヴォーカルのBrian Howesは後にプロデューサーとして大成功、
HinderやSimple Plan、Nickelback、Hedleyなどを手がけている。

6にゲスト参加してギターを弾いているのは
現ボン・ジョヴィのギタリスト、Phil Xだ。

骨太のロック・アルバム、なかなか良い、
80年代ロックのように軟弱ではなく、
かといってモダンヘヴィ系のような過剰なヘヴィネスも無く、
音楽性がバランスの釣り合ったところに位置している。
だから売れなかった?


曲目:
1 Look Out Below 4:08
2 Afterglow 4:10
3 Oxygen 3:01
4 What It's All About 3:00
5 Whatever Made You 3:00
6 Crushed 3:19
7 Lie To Me 3:30
8 Live Again 3:29
9 I Don't Mind (The Rain) 4:32
10 Fragile 3:33
11 You Are My Hatred 3:32

R-2296934-1275170069.jpg
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

17:15  |  C  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.19 (Sun)

シャル ウイ ダンス 3 / Shall we Dance ? 3 Best 22 有馬徹とノーチェ・クバーナ

CD/国内盤/2001年/NKCD-3607

社交ダンスの練習用に収録されたCDだろう。
自主制作に近い形のようだが流通そのものは
メジャーのキングレコードがおこなっている、
なお、国内盤なのに帯無し、解説も一切なし。
(新品で購入しているので間違いありません、念のため)

演奏している有馬徹とノーチェ・クバーナは
日本を代表するラテンビッグバンドで、
石原裕次郎のバックなんかもつとめていたはず。
なお、バンド名に有馬徹とあるものの、有馬は1993年に亡くなって、
現在は淡谷幹彦がリーダーとしてバンドが存続している。

ジャケット写真の衣装を見るとちょっと時代を感じてしまう、
1961年の映画「大学の若大将」で主演の加山雄三が
アルバイトでバンド演奏をする際に、
このジャケットのような衣装を着てドドンパを歌う場面がある。
ドドンパは現在では廃れてしまったが、
マンボやルンバなどと同様に1960年代前半に流行した音楽ジャンル、
1961年の「東京ドドンパ娘」が大ヒットして有名になった。
(マンガの東京タラレバ娘はもちろんこの曲名が元ネタです)

社交ダンス抜きにして、音楽として普通に楽しめる、
押し付けがましくない、さっぱりとした良い演奏だ。


曲目:
1.ハワイの結婚式(ブルース)time 2'36
2.シャンソン・ダムール(スローフォックストロット)time 2'58
3.ささやき(クイック)time 1'55
4.ホワイト・ア・リトル・ムーンライト・キャン・ドウ(クイック&ジルバ)time 1'55
5.ユー・シュッド・ビイ・ダンシング(ロック)time 3'08
6.サンバ・ブラジル(サンバ)time 1'59
7.マリー・アン(サンバ)time 2'25
8.ガピータ(チャチャチャ)time 2'16
9.チャ・チャ・カラーダ(チャチャチャ)time 2'30
10.アデイオス・マリキータ・リンダ(ルンバ)time 2'56
11.ルンバ・ゴロンドリーナ(ルンバ)time 3'12
12.エスパニア・カニー(パソドプレ)time 2'03
13.ビバ・エスパーナ(パソドプレ)time 2'02
14.ロックンロール・フォーエバー(ジャイブ)time 3'19
15.シェイク・パーテイ(ジルバ)time 2'30
16.マリア・ボニータ(マンボ)time 2'24
17.ア・タイム・フォー・アズ(ロメオとジュリエットのテーマ)(ワルツ)time 3'03
18.シンシアのワルツ(ワルツ)time 2'59
19.スキニー・ワルツ(ウインナーワルツ、ビニーズワルツ)time 2'54
20.ラ・クンパルシータ(タンゴ)time 3'02
21.パリのカナロ(タンゴ)time 3'17
22.アモール(ルンバ)time 3'28

nocye3.jpg
関連記事

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽

17:39  |  ワールドミュージック  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT