2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.02.23 (Thu)

Queensrÿche/Queensryche - Promised Land(約束の地)

CD(初回盤)/国内盤/1994.10.19/TOCP-8396

過去に米盤ADと米盤リマスターCDで紹介済み、
今回取り上げるのはオリジナルリリース時の日本盤CD。
ボーナス2曲収録だが、リマスターCDにはその2曲に加え
ライヴ・テイクが2曲追加されている。

ただし日本盤初回にはステッカーが封入されている、
ステッカー目当てで買う人がどれだけいるかは疑問だが。

まったく好きなアルバムではないし出来もイマイチ、
それを3枚も持っている、バカとしか言いようがない。
何も考えずに適当に買い込んでいるからこうなるのだ。


曲目:
1. 9:28 am 01:44
2. I Am I 03:57
3. Damaged 03:58
4. Out of Mind 04:36
5. Bridge 03:30
6. Promised Land 07:58
7. Dis Con Nec Ted 04:45
8. Lady Jane 04:14
9. My Global Mind 04:22
10. One More Time 04:19
11. Someone Else? 04:44
12 Someone Else? (With Full Band) 7:11
13 Real World 4:22


R-2719094-1367656344-3981.jpg
関連記事

テーマ : プログレッシヴロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM プログレ

16:36  |  Q  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.23 (Thu)

Queensrÿche/Queensryche ‎ ‎– Hear In The Now Frontier

CD/国内盤/1997.3.26/TOCP-50160

グランジ・オルタナに擦り寄ったアルバム、
ただし時期を外していた、言ってしまえば、
1990年代後半にこの音は、すでに時代遅れだった。
奇しくも同年(1997年)にサウンドガーデンが解散、
グランジ/オルタナ・ムーヴメントの終焉を印象づける出来事だった。

90年代後半のメタルバンドの多くは迷走気味で
クイーンズライクもそういったバンド群の一つだったわけだ。

グランジ云々よりも、曲がつまらないのが致命的、
アルバム1枚通して聴いて、印象に残る曲が一つも無い。


曲目:
Sign Of The Times 3:33
Cuckoo's Nest 3:59
Get A Life 3:39
The Voice Inside 3:48
Some People Fly 5:17
Saved 4:09
You 3:54
Hero 5:25
Miles Away 4:32
Reach 3:30
All I Want 4:06
Hit The Black 3:36
Anytime / Anywhere 2:54
Spool 4:53

15 Chasing Blue Sky = チェイシング・ブルー・スカイ 3:41


R-577467-1475576340-2182.jpg
関連記事

テーマ : プログレッシヴロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM プログレ

16:21  |  Q  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.23 (Thu)

Yes ‎– Big Generator

CD/米盤/1987年/7-90522-2

トレヴァー・ラビン時代、いわゆるロンリー・ハート・YESの2作目。
「ロンリー・ハート」と同路線の80年代ポップスで、
往年のプログレッシヴ・ロック的な要素は希薄。
しかしこれはこれで良いのだ、80年代の商業的成功が無ければ
YESは解散して消え去っていたかもしれない。

この後、バンドは、YESとABW&Hに分裂した挙句に
両者が合体、8人編成の「ユニオン・YES」として
アルバムをリリース、大々的にツアーを行い、成功をおさめている。


曲目:
1 Rhythm Of Love 4:49
2 Big Generator 4:31
3 Shoot High Aim Low 6:59
4 Almost Like Love 4:58
5 Love Will Find A Way 4:48
6 Final Eyes 6:20
7 I'm Running 7:34
8 Holy Lamb (Song For Harmonic Convergence) 3:15

Yes ‎– Big Generator
関連記事

テーマ : プログレッシヴロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

16:06  |  Y  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.21 (Tue)

Madina Lake ‎– World War III

CD/国内盤/2011.9.14/QIHC-10020

シカゴのオルタナ/モダンロック、通算3作目でいちおう最新作。
この手のバンドとしては珍しく、
日本盤のライナーを伊藤政則氏が手がけている。

1st、2ndと比較すると、残念ながら勢いが衰えている感じ、
案の定、本作リリース後に解散してしまった。

ただし、デビュー作を紹介したときに
「こういうバンドはセールスに関係なくしぶとく活動するものだ」
と書いた通り、2017年に入って再結成している。


曲目:
1 Howdy Neighbor! 3:43
2 Imagineer 3:55
3 They're Coming For Me 3:12
4 Hey Superstar 3:09
5 Fireworks 2:44
6 Across 5 Oceans 3:27
7 We Got This 3:04
8 What It Is To Wonder 3:15
9 Heroine 2:44
10 Blood Red Flags 2:48
11 Take Me Or Leave 3:30
12 The Great Divide 8:47
13 A Beautiful Life (Extra Track)


lake.jpg
関連記事

テーマ : Punk/Hardcore ジャンル : 音楽

15:06  |  M  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.21 (Tue)

Lordi ‎– Deadache

CD/国内盤/2008.10.29/BVCP-21640

フィンランドのポップ・メタル、通算4作目。
見かけはグウォーみたいでアレだが、
やっている音楽はこれ以上無いというくらいまっとうなものだ。
(グウォーって、わかる?)

かつてはフィンランドと言えば
ストラトヴァリウスやストーンくらいしか知名度のあるバンドは存在せず、
スウェーデンやデンマークに大きく水をあけられていたのに
今となっては北欧を代表するメタル大国になってしまった。
(ティモ・トルキもインタビューで
「ストーンのようなバンドですら活動していけない」と
フィンランドの音楽シーンを憂いていた記憶がある)

流石に4枚目ともなるとこなれてきて、余裕と風格すら感じさせる、
デビュー作の頃にあった微妙なたどたどしさは霧散、
立派に成長したものです。


曲目:
SCG IV 0:44
Girls Go Chopping 4:04
Bite It Like A Bulldog 3:31
Monsters Keep Me Company 5:30
Man Skin Boots 3:44
Dr. Sin Is In 3:49
The Ghosts Of The Heceta Head 3:42
Evilyn 4:02
The Rebirth Of The Countess 2:01
Raise Hell In Heaven 3:34
Deadache 3:31
Devil Hides Behind Her Smile 4:14
Missing Miss Charlene 5:10

Bonus Tracks
14 Where's The Dragon 3:01
15 Beast Loose In Paradise 3:10


R-1795161-1243836593.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル

11:58  |  L  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT