2016年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.10.31 (Mon)

Saigon Kick ‎– Devil In The Details

CD/国内盤/1995.9.6/PCCY-00829

通算4作目、前作でメジャーのアトランティックと契約が切れ、
本作は日本のポニーキャニオンからのリリースとなった。

日本盤ライナーで「オルタナとして売りだそうとして失敗して、
今度はメタルとして売りだそうとしたら世の中がオルタナになって…」
といったことをメンバーが語っていて、言い得て妙とはこのことだ。

レコーディングはデスメタルの聖地、タンパのモリ・サウンドで、
デスメタラーにお馴染みのジム・モリスが
アシスタント・エンジニアとしてクレジットされている。

プロデューサー兼エンジニアのRonny Lahtiはスウェーデン人、
有名所だとロクセット、メタル系ではタリスマンなどのアルバムに
エンジニアやミキサーとして参加している。
2ndと3rdではエンジニアとしてのクレジットで、
プロデューサーとしてクレジットされることは珍しいんじゃないか。

メタルでもオルタナでも無い、悪く言ってしまうと中途半端さが
バンドの売りでもあり、弱点にもなってしまった。


曲目:
1 Intro
2 Russian Girl
3 Killing Ground
4 Eden
5 Going On
6 Everybody
7 Spanish Rain
8 Flesh And Bone
9 Sunshine
10 Victoria
11 Afraid
12 So Painfully
13 Edgar
14 All Around


Saigon Kick ‎– Devil In The Details
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スウェーデン

14:40  |  S  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.31 (Mon)

Guild Of Ages ‎– Vox Dominatas

CD/国内盤/1998.11.10/TOCP-65329

コロラドのバンド、バンド名を変更して1作目、
Caught In The Act名義時代からカウントすると3作目。
同名バンドがいたためにCaught In The ActからCITAに改名、
ところがその同名バンドもCITA名義を使用し始めて
結局、まったく別のバンド名「Guild Of Ages」に変更せざるを得なかった。

前作まではソフトなメロディアス・ロック路線、
本作ではよりヘヴィさが増して正統派メタルに変化している。
前作までがTOTOのやジャーニーのファン向けとしたら
本作はPC69や初期ロイヤル・ハントあたりのファンにアピールしそう。

アルバム3枚、どれも良い出来なのにぱっとしなかった、
運とか巡り合わせとかいろいろなものが味方しないと
才能があっても成功できないということがよくわかる。

10はもちろんデュラン・デュランの有名曲のカヴァー。


曲目:
1 Let It Go
2 Change (Hey You)
3 Bring The Revolution On
4 Save Me Tonight
5 Jump In The Fire
6 Wish That I Was There
7 Set Me Free
8 When You Run Away
9 Waiting For The Dawn
10 Hungry Like The Wolf

Bonus Tracks
11 No Heroes (Live)
12 Cold Sweat (Live)
13 Life Goes On (Live)
14 Stand Or Fall (Live)


R-7771173-1448437391-7179.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

09:39  |  G  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.31 (Mon)

Caught In The Act(CITA) ‎– Heat Of Emotion

CD/国内盤/1996.9.26/XRCN-1285

コロラドのメロディアス・ロック、セカンド。
前作からの継続路線で、より質が高まっている。

前作同様、ボビー・バースのプロデュース、
AXEやBlackfootのメンバーとして知られるバースは
この時期はミュージシャンとしては引退して
プロデュースなどを本業にしていたようだ。

時期的にグランジオルタナ全盛とあって、
こういった音のバンドが受け入れられる余地はなかった。
出てくるのが遅すぎた、もしくは早すぎたバンドだった。


曲目:
1 Far Behind
2 Heat Of Emotion
3 Life Goes On
4 Endless Summer
5 Livin 4 Somebody Else
6 Fly Angel
7 Miles Away
8 Say A Prayer
9 Can't We Make It
10 I'll Cry No More
11 Find My Way

R-8289145-1458714551-6026.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

09:18  |  C  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.31 (Mon)

CAUGHT IN THE ACT(Cita) - Act I: Relapse of Reason

CD/国内盤/1995.8.9/XRCN-1251

コロラドのバンド、デビュー作、
バンド名表記はCAUGHT IN THE ACTと
その省略形のCITAが混在している。

今で言うところの「メロハー」系、
初期ボン・ジョヴィを欧州よりにしたようなサウンド、
メタルというよりはジャーニーやTOTOのファン向け。

マイナーバンドとしては曲も演奏もサウンドプロダクションも高品質、
日本ではゼロ・コーポレシヨンからリリースされていて、
この手のバンドを発掘するのが得意なレーベルだった。

アルバム2枚くらいだしたところで
バンド名をGuild Of Agesの変更していたはず、
バンド名がころころ変わるというのは、あまり良くないんじゃないか。


曲目:
1 Everytime (I Close My Eyes)
2 Through The Years
3 Stand Or Fall
4 Two Hearts
5 These Eyes
6 No Heroes
7 Relapse Of Reason
8 Steal Another Fantasy
9 The Fall
10 Who Will You Run To
11 Changes
12 Silent Soldiers


cita1.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

09:03  |  C  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.30 (Sun)

Yes ‎– Yesterdays

CD/国内盤/1990.2.25/AMCY-15

YESの初期ベスト、6曲は通常のアルバムからの選曲、
2曲がシングルB面曲とオムニバスアルバム収録曲。

無理して買う価値はない、
熱心なファン向けアイテムだ。


曲目:
America 9:40
Looking Around 3:49
Time And A Word 4:25
Sweet Dreams 3:50
Then 5:45
Survival 6:01
Astral Traveller 5:45
Dear Father 4:00


yester.jpg
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

13:46  |  Y  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT