2016年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.09.30 (Fri)

Richard Strauss - Salome / Vienna Philharmonic Orchestra, Herbert von Karajan

AD(2枚組BOX)/独盤/1978年/SLS-5139

1977年アナログ収録、箱入りブックレット付きと豪華な仕様、
踊り子のサロメはいくら誘惑しても
耳を傾けないヨカナーンの首を王に所望、
ヨカナーンの首をトレイに乗せて歓喜の踊りを舞うが
その狂気に耐え切れなくなった王はサロメも処刑してしまう、
といったような内容だったと思う。

やや歪っぽく、荒っぽく、メタリックでハイあがり、
時に耳につく部分もある。
しかし、図太く、力強く、たくましい音は迫力十分、
レンジも広く、ヘタに音量を上げるとなぎ倒されそう。
最新デジタルを凌駕する優秀録音盤、
カラヤンはグラモフォンよりEMI時代のほうが録音は良いようだ。


演奏:
Conductor – Herbert von Karajan
Orchestra – Wiener Philharmoniker
Hildegard Behrens, José van Dam, Karl-Walter Böhm
Agnes Baltsa, Wiesław Ochman, Heljä Angervo

曲目:
Salome Op. 54
A Szenen 1, 2 Und 3 (1. Teil)
B Szene 3 (Schluß) Und Szene 4 (1. Teil)
C Szene 4 (2. Teil)
D Szene 4 (Schluß)


5139.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

17:29  |  クラシック:オペラ/声楽  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.30 (Fri)

Frontline – The State Of Rock

CD/国内盤/1994.7.21/TECX-25765

ドイツのAOR系ハードロック、デビュー作。
言い方は悪いが野暮ったいジャーニーといった感じ、
ドイツのバンド特有の垢ぬけなさがある。
10年ほど地道に活動していたものの
これといった成功は得られずに消滅したようだ。

解散後、ギターのRobby Böbelは
正統派パワーメタルのEvidence Oneに加入、
(過去にセカンド・アルバムを紹介済み)
その他にも様々なバンドで活躍している、
他のメンバーは消息不明。

多少野暮ったくて田舎くさくて垢抜けなくても
ジャーニーっぽいメロディアスロックなら許せる…
という人になら推奨できます。


曲目:
1 Heaven Knows
2 The Night Comes Over You
3 Another Love
4 Heaven Can't Wait
5 Endless
6 Over And Out
7 Dangerous Game
8 Hold On
9 I Have To Be Strong
10 Victim Of Madness
11 It's Not Over

Bonus Tracks:
12 I'm Fallin
13 Alone


R-8057366-1454320366-2420.jpg
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ジャーマン・メタル

03:48  |  F  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.30 (Fri)

帰ってきたウルトラマン 総音楽集

CD/国内盤/1994.2.23/KICA-184

完全収録盤とあるが、正確には完全ではない、
ウルトラセブン用に作曲され、セブンでは使用されずに
こちらで流用された楽曲が収録されていない。

1971年モノーラル収録、
この手の特撮物、アニメ物のサントラとしては
高音質の部類に入る。
マスターテープがかなり良い状態で保管されていたんじゃないか。

音楽としても、怪獣モノっぽい大仰さや安っぽさがなく、
映像を切り離して単体でも楽しめる質の高いものだ。


曲目:
1. メインタイトル
2. 怪獣総進撃
3. タッコング大逆襲
4. 恐怖の怪獣魔境
5. 二大怪獣東京を襲撃
6. 決戦!怪獣対マット
7. 恐竜爆破指令
8. 津波怪獣の恐怖東京大ピンチ
9. 二大怪獣の恐怖東京大龍巻
10. 大怪鳥テロチルスの謎
11. 怪鳥テロチルス東京大空爆
12. 宇宙から来た透明大怪獣
13. 怪獣チャンネル
14. 戦慄!マンション怪獣誕生
15. ふるさと地球を去る
16. 次郎くん怪獣に乗る
17. 悪魔と天使の間に
18. 落日の決闘&怪獣使いと少年
19. 許されざるいのち
20. 残酷!光怪獣プリズ魔
21. 夜を蹴ちらせ
22. ウルトラマン夕陽に死す
23. ウラトラの星光る時
24. 星空に愛をこめて&地獄からの誘い
25. ウルトラ5つの誓い


kaette.jpg
関連記事

テーマ : アニソン・キャラソン ジャンル : 音楽

02:57  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.28 (Wed)

Scorpions ‎– Still Loving You

CD/独盤?オランダ盤?/1992年/CDP-568-7-98732-2

Wind Of Changeのヒットに便乗した企画盤、
スコーピオンズのバラード・ベスト・アルバム。

全11曲収録で、「Living For Tomorrow」のライヴ・テイクは
レニングラード公演を収録した未発表音源、
その「Living For Tomorrow」と前述「Wind Of Change」を除く
残りの9曲にはリミックスが施されている。
リミックスはなぜかオランダで行われていて
オランダ独自リミックスなのだろうか?

いわゆるスコーピオンズ全盛期の
メンバー写真が使われたジャケットなのに、
なぜかウリ・ロート時代の「Born To Touch Your Feelings」や
マイケル・シェンカー参加の「Holiday」も選曲されている。

リミックスということでオリジナル・アルバムとは音が違う、
マニアならコレクションしておくべき、なのかどうか迷う盤だ。


曲目:
1 Believe In Love 5:20
2 Still Loving You 6:08
3 Walking On The Edge 5:05
4 Born To Touch Your Feelings 7:07
5 Lady Starlight 6:24
6 Wind Of Change 5:10
7 Is There Anybody There? 4:16
8 Always Somewhere 4:55
9 Holiday 6:31
10 When The Smoke Is Going Down 3:46
11 Living For Tomorrow 7:14


still_2016092809204598f.jpg
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ジャーマン・メタル

09:21  |  S  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.28 (Wed)

Blood, Sweat And Tears ‎– Blood, Sweat & Tears Greatest Hits

CD/米盤/1984年/CK-31170

ブラスロック・バンドとして一世を風靡した
ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのベスト盤。
なお、日本ではブラスロックという言葉が普及しているが
本国ではジャズ・ロックとしてジャンル分けされているようだ。

70年のバンドでとうの昔に解散したのかと思っていたら
現在でも地道にドサ回りで活動しているとか。

80年代、90年代には、古臭い時代遅れの過去のバンド、
過去の音楽という扱いだったが、
今の若い人はオープンマインドというか唯我独尊なので
周囲の評価を気にせず楽しめるんじゃないか。


曲目:
You've Made Me So Very Happy 3:26
I Can't Quit Her 3:38
Go Down Gamblin' 2:46
Hi-De-Ho 4:05
Sometimes In Winter 3:08
And When I Die 3:26
Spinning Wheel 2:39
Lisa, Listen To Me 2:58
I Love You More Than You'll Ever Know 5:58
Lucretia Mac Evil 3:07
God Bless The Child 5:57


R-1507636-1284400694.jpg
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

09:02  |  B  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT