2016年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.07.27 (Wed)

Tush - Waiting for the Storm Tush

CD/国内盤/1993.10.27/XRCN-1062

ドイツの正統派パワーメタル、唯一の音源。
いわゆるハロウィン・スタイルのジャーマン・メタルではなく、
もっと古臭い、むかしながらのメタルだ。

メンバーは全員消息不明、結成は1982年、
実に結成から10年たってのデビュー・アルバムということになる、
デビューして満足して解散したのか、
実は今でも細々と活動を続けているのか。
(月に一度集まって練習して、一年に一度ライヴ、
という状態で存続しているバンドは決して珍しくない)

ライナーによるとバンド名はZZ-TOPとは無関係、
言葉の響きが気にいったから使ったとある、
実際、ZZ-TOPとはまったく共通点のない音楽性だ。

メタルコレクターで、B~C級メタルを好きで収集している、
という人向けのアルバム。


曲目:
1. Hold on to Your Dreams 04:36
2. Waiting for the Storm 06:06
3. All the Way 04:53
4. Eve of Sunrise 06:33
5. No More Tomorrow 05:29
6. The Valley (Intro) 01:07
7. Never Again 06:00
8. Lucifer's Glory 07:33
9. Long Live Rock 'n' Roll (Rainbow cover) 03:15


Tush - Waiting for the Storm Tush
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ジャーマン・メタル

17:54  |  X  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.27 (Wed)

Judas Priest ‎– Star Box

CD/国内盤/1993.11.21/ESCA-5858

STAR BOXという日本独自企画のベスト盤、
完全限定生産盤という触れ込みで厚めのジュエルケース仕様、
しかし、売り上げによっては通常ケースで再発されていたようだ。
(RIOTなんかは通常盤が出回っていた)

ライナーはK・K・ダウニングが担当、
レコード会社が権利を逆手に取って好き勝手につくったベストではなく、
メンバーの同意を得ているということだろう。

ロブが脱退して後任のヴォーカルを探している最中の執筆、
「背信の門」から「ペインキラー」まで、それぞれ簡潔ではあるものの
興味深いコメントが並んでいて、マニアなら読んでおきたい。

「ブリティッシュ・スティールまではアングラバンドだった」
「当時、アメリカに進出すること自体が権威のあることで
ましてや極東(つまり日本)に進出することはもっとすごいことだった」
等々、若い世代のファンにも面白く読めるんじゃないか。


曲目:
1 Exciter
2 The Sentinel
3 Breaking The Law
4 Some Heads Are Gonna Roll
5 Green Manalishi
6 Beyond The Realms Of Death
7 Hot Rockin'
8 Sinner
9 Livin' After Midnight
10 Rock You All Around The World
11 Dissident Aggressor
12 You've Got Another Thing Comin'
13 All Guns Blazing
14 Heavy Metal


R-6023875-1409080702-7931.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

17:29  |  J  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.27 (Wed)

King Crimson ‎– In The Wake Of Poseidon(ポセイドンのめざめ)

CD/国内盤/1994.12.16/PCCY-00662

1970年セカンドのリマスター盤、
クリムゾンは、というかフリップはリマスター作業が大好きなのか
幾度と無くリマスターをやり直してリリースしなおしている、
この盤は最初期のデジタル・リマスターだったはず。

伝説的な1作目と比べると影が薄い、
メンバーも定まっておらず、なんとなく散漫な印象だし、
随所にピート・シンフィールドの色合いを強く感じさせる。


曲目:
1 Peace - A Beginning 0:49
2 Pictures Of A City (Including 42nd At Treadmill) 8:03
3 Cadence And Cascade Vocals – Gordon Haskell 4:27
4 In The Wake Of Poseidon (Including Libra's Theme) 7:56
5 Peace - A Theme 1:15
6 Cat Food 4:54
 The Devil's Triangle (11:39)
7.1 (i) Merday Morn
7.2 (ii) Hand Of Sceiron
7.3 (iii) Garden Of Worm
8 Peace - An End 1:53


R-957075-1177342996.jpg
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

14:47  |  K  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.25 (Mon)

Eric Serra ‎– The Fifth Element (Original Motion Picture Soundtrack)

CD/国内盤/1997.7.2/ESCA-6748

映画「フィフス・エレメント」のサントラ、
10にはベッソン映画でお馴染みのジャン・レノが参加、
1にはあのルパート・ハインがクレジットされている。

映画そのものは話題になったものの大した内容ではない、
サントラだが音楽だけでもとりあえず楽しめる。


曲目:
1 Little Light Of Love 4:50
2 Mondoshawan 4:01
3 Timecrash 1:49
4 Korben Dallas 1:43
5 Koolen 0:55
6 Akta 1:51
7 Leeloo 4:56
8 Five Millenia Later 3:13
9 Plavalaguna 1:47
10 Ruby Rap 1:55
11 Heat 2:54
12 Badaboom 1:12
13 Mangalores 1:06
14 Lucia Di Lammermoor 3:10
15 The Diva Dance 1:31
16 Leeloominai 1:41
17 A Bomb In The Hotel 2:14
18 Mina Hinoo 0:54
19 No Cash No Trash 1:04
20 Radiowaves 2:32
21 Human Nature 2:03
22 Pictures Of War 1:19
23 Lakta Ligunai 4:14
24 Protect Life 2:33
25 Little Light Of Love (End Titles Version) 3:29
26 Aknot! Wot? 3:35


R-3686768-1341229961-9869.jpg
関連記事

テーマ : 洋楽 ジャンル : 音楽

20:58  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.25 (Mon)

George Harrison With Eric Clapton And Band ‎– Live In Japan

CD(2枚組)/国内盤/1992.7.16/WPCP-4901~4902

1991年来日公演を収録したライヴ・アルバム、
クラプトンがヴォーカルを取った曲は省かれていて
飽くまでジョージ・ハリスンのソロであることが強調されている。

ライナーによると前回のアメリカツアーから17年ぶりとのことで、
それもあってか大量のビートルズ・ナンバーを演奏している。

1987年にはシングル「セット・オン・ユー」が大ヒットしていて、
そこまで過去の人というイメージでもなかったような気もするが
なにしろネットの普及していない頃で、
今のように情報が入ってこなかったから
様々な噂や憶測や誤解が蔓延する暗黒時代だったのだ。

前述の通りビートルズ・ナンバーが多く、
そのおかげもあって楽しんで最後まで聴くことが出来る。


曲目:
1-1 I Want To Tell You
1-2 Old Brown Shoe
1-3 Taxman
1-4 Give Me Love (Give Me Peace On Earth)
1-5 If I Needed Someone
1-6 Something
1-7 What Is Life
1-8 Dark Horse
1-9 Piggies
1-10 Got My Mind Set On You
2-1 Cloud 9
2-2 Here Comes The Sun
2-3 My Sweet Lord
2-4 All Those Years Ago
2-5 Cheer Down
2-6 Devil's Radio
2-7 Isn't It A Pity
2-8 While My Guitar Gently Weeps
2-9 Roll Over Beethoven


George Harrison With Eric Clapton And Band ‎– Live In Japan
関連記事

テーマ : 洋楽 ジャンル : 音楽

18:32  |  G  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT