2014年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.08.23 (Sat)

Allman Brothers Band, The ‎– The Allman Brothers Band

CD/国内盤/1991.3.1/POCP-1902

1969年のデビュー作、60年代の録音とは思えない力強い音、
同時期のディープ・パープルのアルバムあたりと比較すると
その差がよくわかる。

強烈なサザン・ロック、デビューの時点でその音楽性が
「確立」ではなく「完成」していたわけだ。


曲目:
1 Don't Want You No More 2:26
2 It's Not My Cross To Bear 5:03
3 Black Hearted Woman 5:10
4 Trouble No More 3:47
5 Every Hungry Woman 4:15
6 Dreams 7:20
7 Whipping Post 5:16


R-1232454-1202478831.jpeg
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

17:21  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.23 (Sat)

Il Reale Impero Britannico(Goblin) ‎– Perché Si Uccidono (Original Motion Picture Soundtrack)/殺意の動機

CD/国内盤/2000.8.3/KICP-2869

バンド名はイル・レアーレ・インペーロ・ブリタンニコと長ったらしい、
実はゴブリンの変名バンド。
1975年ということはゴブリン名義の「サスペリア2」と同時期、
さらにこの時期にはチェリー・ファイヴ名義でもアルバムを出している。

初期ゴブリンは、ダリオ・アルジェント主導のバンドだったという説があり
(楽器演奏をしないためメンバーとしてクレジットされていない?)
サヴァタージにおけるジョン・オリヴァのような存在だったのかもしれない。
とすると、アルジェント監督作品においてのみゴブリン名義が使用され、
映画と無関係なスタジオ・アルバムがチェリー・ファイヴ名義、
他監督の映画作品のサントラの本作がイル・レアーレ名義、
と使い分けることになったのはそこら辺が一因か。
(アルジェントの影響力が低下するに従い、
ゴブリン名義でオリジナルアルバムを出したり、
他監督の映画サントラを手がけたりするようになった…とも推測できる)

いわゆるゴブリン名義の
オカルティックなシンフォ・プログレを期待すると肩透かし、
いかにもサントラというか映像に付随する音楽といった印象。
といっても映画そのものは未見、
日本人で観たことがある人はどれくらいいるのだろうか。


曲目:
Epopea 2:56
Ammoniaca 2:24
Kalu 4:52
Edda 2:58
Epopea (Reprise) 1:26
My Damned Shit 3:03
Dodici E Un Quattro 1:54
Block 2:38
R.I.B. 4:09
Apotheke 2:28
Distrazioni 2:28


Il Reale Impero
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ ハードロック

06:14  |  I  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.23 (Sat)

The Allman Brothers Band - Brothers of the Road

CD/国内盤/1995.2.22/BVCA-7319

1981年通算9作目、アリスタに移籍して2作目。
オールマンズというと豪快なサザン・ロックのイメージ、
そのイメージからすると拍子抜けするくらいポップなアルバム。

オールマンズのアルバムの中でも特にポップ色が強く、
そういった意味では異色作かも知れない。


曲目:
1. Brothers of the Road
2. Leavin'
3. Straight from the Heart
4. The Heat Is on
5. Maybe We Can Go Back to Yesterday
6. The Judgement
7. Two Rights
8. Never Knew How Much (I Needed You)
9. Things You Used to Do
10. I Beg of You


allman brothers band
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

05:38  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.20 (Wed)

Keith Emerson ‎– Inferno (Original Soundtrack)

CD/イタリア盤/1997年/CD-MDF-306

ダリオ・アルジェント監督の「インフェルノ」のサントラ、
ボーナスの16以外の15曲にはリマスターが施されている。

前作「サスペリア」が大ヒット、アメリカ資本で制作された。
(注:念のため、アルジェントはイタリアの監督、
主要作はどれもイタリア語ヴァージョンと英語ヴァージョンが存在する)

ELP解散と前後する時期の音源、
ELPのスタジオアルバムは1978年が最後、
1979年にライヴ・アルバムがリリースされているが収録は77年、
1980年に正式に解散を表明している。
「インフェルノ」は80年初頭公開、とすると撮影は79年、
このアルバムも1979年に録音されたものと思われる。
(ELPは実質的には解散状態にあったが、
公式には解散していない時期に録音していたことになる)

3あたりはもろにELPというかエマーソン節で、
後に「幻魔大戦」のサントラでも
これと似たアプローチで楽曲を提供している。

公開当時は独立した映画作品とされていたはずだが、
実は「サスペリア」の続編(音楽はゴブリンが担当)、
本作によって3人の魔女の存在があきらかになり、
「サスペリア」に登場した魔女ヘレナ・マルコスは
その3人の魔女のうちのひとりであったとわかる。
3人目の魔女は「サスペリア・テルザ 最後の魔女」に登場、
音楽はゴブリンのクラウディオ・シモネッティが手がけている。


曲目:
1 Inferno (Main Titles Theme) 2:55
2 Rose's Descent Into The Cellar 4:56
3 Taxi Ride (Rome) 2:13
4 The Library 0:55
5 Sarah In The Library Vaults 1:15
6 Bookbinder's Delight 1:09
7 Rose Leaves The Apartment 3:28
8 Rose Gets It 2:04
9 Elisa's Story 1:07
10 A Cat Attic Attack 3:08
11 Kazanian's Tarantella 3:32
12 Mark's Discovery 1:21
13 Mater Tenebrarum 2:36
14 Inferno Finale 2:24
15 Cigarretes, Ices, Etc 2:50
16 Inferno (Outtakes Suite) 10:13


inferno.jpg
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ

09:42  |  K  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.18 (Mon)

THE ALLMAN BROTHERS BAND - LIVE 1990

CD(3枚組)/不明/不明/MD-2014131~3

3枚組海賊盤(プレスCD)、デジタル・サウンドボード音源と記載あり、
記載通りにサウンドボード音源で、音質は正規盤レヴェル。

なんらかの放送音源(TVやラジオ放送したライヴから?)なのか
出自が良くわからない、前述のとおり音は良く、
しかも演奏も良い、CD3枚まったく飽きること無く楽しめる。

過度な後処理が行われていないために
独特の生々しさがあるのもプラス。


収録:Oak Mountain Amphitheatre/Pelham, AL 07-04-1990

曲目:
CD 1:
1. intro jam
2. Don't Want You No More >It's Not My Cross To Bear
3. Statesboro Blues
4. Blue Sky
5. Low Down Dirty Mean
6. Seven Turns
7. Midnight Rider
8. Loaded Dice
9. Good Clean Fun
10. It Ain't Over Yet
11. In Memory Of Elizabeth Reed

CD 2:
1. One Way Out
2. Blues Ain't Nothing
3. Gambler's Roll
4. Shine It On
5. Dreams
6. Ramblin' Man

CD 3:
1. True Gravity
2. Jessica
3. Whipping Post


bloakmountain1990f.jpg
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

18:58  |  A  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT