2012年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.10.30 (Tue)

Alban Berg - Wozzeck / Pierre Boulez, Orchestre & Chœr De L'Opera, Paris

AD(2枚組BOX-SET)/独盤/1971年?/79251

録音自体は1966年アナログ収録、優秀録音だ。
レンジの広さや歪の無さ、切れ味の良さではドホナーニ盤に負ける、
聴手を圧倒するド迫力や豪快さではこちらが上回る。
トータルではドホナーニ盤が上だが、こちらにも魅力がある。

これはおそらくデジタル・リマスターされてCDになっているはず、
果たしてアナログのド迫力が再現できているのかどうか。


演奏:
Vocals [1st Apprentice] – Walter Poduschka
Vocals [2nd Apprentice] – Raymond Steffner
Vocals [Andres] – Richard Van Vrooman
Vocals [Captain] – Albert Weikenmeier
Vocals [Doktor] – Carl Doench
Vocals [Drum Major] – Fritz Uhl
Vocals [Margret] – Ingeborg Lasser
Vocals [Marie] – Isabel Strauss
Vocals [The Idiot] – Gérard Dunan
Vocals [Wozzeck] – Walter Berry

曲目:
Akt/Act I
1-1 Erste Szene/Scene One: Zimmer Des Hauptmanns/The Captain's Room 9:03
1-2 Zweite Szene/Scene Two: Freies Feld, Die Stadt In Der Ferne/An Open Field Outside The Town 7:34
1-3 Dritte Szene/Scene Three: Mariens Stube/Marie's Room 8:40
2-1 Vierte Szene/Scene Four: Studierstube Des Doktors/The Doctor's Study 7:48
2-2 Fünfte Szene/Scene Five: Strasse Vor Mariens Tür/Street Before Marie's Door 2:58

Akt/Act II
2-3 Erste Szene/Scene One: Mariens Stube/Marie's Room 5:37
2-2 Zweite Szene/Scene Two: Strasse In Der Stadt/Street In Town 10:07
2-3 Dritte Szene/Scene Three: Strasse Vor Mariens Wohnungstür/Street Before Marie's Door 4:40
3-1 Vierte Szene/Scene Four: Wirtshausgarten/Tavern Garden 10:30
3-2 Fünfte Szene/Scene Five: Wachstube In Der Kaserne/Guard Room In The Barracks 4:22

Akt/Act III
3-3 Erste Szene/Scene One: Mariens Stube/Marie's Room 5:00
4-1 Zweite Szene/Scene Two: Waldweg Am Teich/Forest Path By A Pool 5:15
4-2 Dritte Szene/Scene Three: Eine Schenke/A Tavern 3:02
4-3 Vierte Szene/Scene Four: Waldweg Am Teich/Forest By A Pool 4:48
4-4 Orchester-Epilog/Orchestral Epilogue - Fünfte Szene/Scene Five: Strasse Vor Mariens Tür/Street Before Marie's Door 5:15


R-3759826-1343256357-4666.jpeg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

13:09  |  クラシック:オペラ/声楽  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.30 (Tue)

Carmina Burana Lieder aus der Original-Handschrift Studio der frühen Musik

AD(2枚組BOX-SET)/独盤/1968年/6.35319EK

いわゆるオルフのカルミナ・ブラーナではなく、
その元となった世俗歌曲集。
他にハルモニア・ムンディ・フランスから出ているものが有名。

ホールエコーたっぷりのHM仏盤と違って、
こちらはオンマイクで鮮烈な音が特徴。
1960年代の録音とは思えない明快な音だ。

2枚組BOXだが、単売されているんじゃ無いか、
もしかしたら過去に単売されている盤をとりあげているかも。
(さすがに紹介した枚数が5000枚をこえたあたりから
記憶で管理するのが難しくなってきた。年齢的な衰えもあるし)


演奏:
Andrea von Ramm, Willard Cobb, Sterling Jones, Thomas Binkley,
Greystone Burgess, Nigel Rogers, Desmond Clayton, Jaques Villisech

Carmina Burana
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

10:11  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.30 (Tue)

Bruckner: Symphony No. 5 - Orchestra: Berlin Philharmonic Orchestra Conductor: Daniel Barenboim

AD(2枚組BOX-SET)/西独盤/1979年/2707-113

交響曲ひとつでアナログ2枚組、
この長大さのせいか、ブルックナーはCD時代の申し子といった感じ、
アナログの頃はあまり好んでは聴かれていなかったように思える。

バレンボイムは好きな指揮者ではない、
この盤の演奏も、いまひとつ、重さがないというか物足りない。

1970年代の録音、録音は優秀、レンジが広く、
爽快で見通しがよい、屈託のない伸びやかな音は魅力だ。
真夏に飲む、冷やした炭酸飲料のような良さがある。


演奏:
Orchestra: Berlin Philharmonic Orchestra
Conductor: Daniel Barenboim

bareboi.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

09:15  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.30 (Tue)

Alban Berg: Wozzeck - Wiener Philharmonik/Christoph von Dohnányi

AD(2枚組BOX-SET)/イングランド盤/1981年/D231-D2

初期のデジタル録音は良くないものが多いが、これは別格、
レンジが広く、力強く、ぞっとするような迫力がある。
ちょっと作られたような感じはあるものの、
ffでも歪感がなく、吹き上がるような音に圧倒される。
良い意味でハイファイ調、オーディオマニア好みの盤だ。

「Wozzeck」は何種類かもっている、どれも録音は良い、
どれかひとつというなら、このドホナーニ盤を推奨する。


演奏:Wiener Philharmonik/Christoph von Dohnányi

wozzeck dohnanyi
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

09:00  |  クラシック:オペラ/声楽  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.30 (Tue)

Stravinsky: Petrushka - Von Dohnanyi, Vienna Philharmonic Orchestra

AD/独盤/1978年/6.42405AW

1970年代のアナログ録音、
メジャーレーベルらしい堂々とした音で、
ショルティの指輪を思わせる、壮大さがある。
全体にしっとりと暗く、底力のあるサウンドだ。

演奏もよい、推奨盤だ。


演奏:DOHNANYI/VIENNA PHILHARMONIC ORCHESTRA

ULON_CS7106__86436__10102012124828-2589.jpg
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

08:19  |  クラシック:交響曲/管弦楽曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT