2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.26 (Thu)

CHICAGO - Night & Day

CD/国内盤/1995.6.21/BVCG-639

バラードが得意なAORバンドというイメージのシカゴ、
元々はプログレッシヴなブラス・ロック・バンドで、
単に売れ線のポップスをやるバンドではなかった。

プロデュースはブルース・フェアバーン、
AC/DCの「レイザーズ・エッジ」やVHの「バランス」など、
HM/HR系の印象が強いこの人を起用したにもかかわらず、
本作で、シカゴは、ビッグ・バンド・ジャズをやっている。

フェアバーンの人脈を生かして、エアロのジョー・ペリーを
はじめとして豪華なゲストが多数参加、
通算23作目にあたるはずだが、
アルバムタイトルに通算枚数を使用していないのは
通常の作品とは趣が異なるからだろうか。


曲目:
1. Chicago
2. Caravan
3. Dream A Little Dream Of Me
4. Goody Goody
5. Moonlight Serenade
6. Night & Day
7. Blues In The Night
8. Sing, Sing, Sing
9. Sophisticated Lady
10. In The Mood
11. Don't Get Around Much Anymore
12. Take The 'A' Train
13.真珠の首飾り


chicago night  day
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

03:21  |  C  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.26 (Thu)

VA - SF特撮映画音楽全集

CD/国内盤/1992年/SSX-44

単売されていた「SF特撮音楽全集」を1~10まで集めて、
帯についていた応募券を使うと入手できた特典CD。

もともとはアナログレコードで販売されていたシリーズで、
CDと同様に全種買うと特典レコードがもらえる仕組みだった。
特典レコードは17センチLPという特殊仕様で収録時間が短め、
CD化にあたって音源が追加されている。

板起こし音源が含まれるようで(もしかして全て?)
音質的にはやや苦しい部分もある。
アナログレコード時代にも商品化されていなかった
蔵出し音源も含まれているが、
現在では新マスターでCD化されてるんじゃないか。

非売品ということもあって、レア度は抜群、
滅多なことではお目にかかれない代物だ。


DSC04899.jpg
関連記事
03:00  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.25 (Wed)

CAN - Cannibalism 1

CD/国内盤/1991年?/ALCB-821

ジャーマン・エレクトロ・アンビのベスト盤。
一時期、日本人のダモ鈴木が在籍したことで、
日本でもそこそこ知られているんじゃないか。
1969年のデビュー作から1974年までの6作から選曲、
バンドそのものは1970~1973年あたりが全盛期とされている。

予定調和的な音楽を求めている人には推奨できない、
予定調和という部分においては、
流行りのメロハーやメロスピとか、
AKB48やアニソンとのあいだに差異はなく、同類の音楽にすぎない。


曲目:
1. Father Cannot Yell
2. Soup (Re-Edit)
3. Mother Sky (Re-Edit)
4. She Brings The Rain
5. Mushroom
6. One More Night
7. Outside My Door
8. Spoon
9. Halleluwah (Re-Edit)
10. Aumgn (Re-Edit)
11. Dizzy Dizzy (Re-Edit)
12. Yoo Doo Right


CAN cannibalism 1
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ

02:31  |  C  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.25 (Wed)

Jethro Tull - OUT OF EGYPT

CD(2枚組)/不明/不明/AOTW-94001~94002

大阪での来日公演を収録した海賊盤。
オーディエンス録音で音質は良くないが、
1970年代ということを考慮すればこんなものだろう。

裏ジャケのクレジットはちょっと怪しい、
いちおう、下記の曲目であっているんじゃないかと思う。

音質はともかくとして、貴重な70年代の来日公演が楽しめるわけで、
マニアなら持っていたい。


収録:
Recorded in Osaka, Japan, August 21st, 1974

曲目:
CD1
1.Opening
2.A Passion Play
3.Thick As A Brick
4.Queen And Country
5.A Passion Play / How Much Is That Doggy In The Window
6.Skating Away On The Thin Ice Of A New Day

CD2
1.My God (including God Rest Ye Merry Gentlemen, Bourée and keyboard solo)
2.Cross-eyed Mary (including No Rehearsal and part of The Hare Who Lost His Spectacles)
3.Dr.solo
4.Aqualung
5.Back-door Angels (containing part of Minstrel In The Gallery)
6.Locomotive Breath, Hot-headed English General, Wind-up (medley)


out of egypt jethro tull
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

01:44  |  J  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.24 (Tue)

Pink Floyd - Nothing Is Changed

CD(2枚組)/イタリア盤/1991年/PRCD-2026~2027

アルバム「鬱」のツアー、イタリア公演を収録した海賊盤。
この時期は正規ライヴ・アルバムとして「光」がリリースされている。
デヴィッド・ギルモア色がもっとも濃かった時期だ。

オーディエンス録音としては音質は最高レヴェル、
当然、ミスなどもすべて修正されずそのまま、
「光」よりもずっと有機的で生々しい。演奏も良い。

裏ジャケのクレジットはかなりいい加減、
「鬱」収録の「One Slip」がギルモア/ウォーターズ名義だったり、
さすがは海賊盤の面目躍如。


収録:
08 Jul 1988, Stadio Braglia, Modena, Italy

曲目:
Disc 1
1. Shine On You Crazy Diamond 11:47
2. Signs Of Life 9:37
3. Learning To Fly
4. Yet Another Movie 6:54
5. A New Machine 1
6. Terminal Frost 7:50
7. A New Machine 2
8. Sorrow 11:18
9. The Dogs Of War 8:06
10. On The Turning Away 9:27
11. One Of These Days 6:58
12. Time 5:38
Total 77.40

Disc 2
1. On The Run 3:40
2. The Great Gig In The Sky 5:11
3. Wish You Were Here 5:37
4. Welcome To The Machine 7:23
5. Us And Them 7:44
6. Money 11:06
7. Another Brick In The Wall 2 6:21
8. Comfortably Numb 11:53
9. One Slip 6:23
10. Run Like Hell 9:16
Total 74.38


Nothing Is Changed
関連記事

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

20:04  |  P  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT