2011年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.10.31 (Mon)

Wink - voce

CD/国内盤/1994.12.1/PSCR-5334

wikiを信用するなら通算13作目、落ち目の時期のアルバム。
翌1995年に14作目を出して解散している。

レトロ志向のポップスで、初期のアイドル路線より
音楽的には面白くなっているが、売上は落ちる一方だった。
クレジットをみると、カーネーションの矢部浩志など、
なかなか豪華なメンバーが参加している。

同じくドラムにクレジットされているMINATO MASAFUMIは、
現デッド・エンドの湊雅史のことだろう。


曲目:
1. それはKissで始まった
2. ハニー・ビー
3. シェリー・モン・シェリ
4. それでもいいの
5. あなたがドアを開ける夜
6. プリーズ・プリーズ・ミー
7. サニー・デイ
8. 裸足のマリオネット
9. 永遠に…
10. 特別な一日


wink voce
関連記事

テーマ : 女性アーティスト ジャンル : 音楽

17:15  |  W  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.31 (Mon)

ZZ top - Greatest Hits

CD/国内盤/1992.4.25/WPCP-4788

新曲2曲を含むベスト、「レッグス」は新ヴァージョン。
CD1枚で過不足無く収録された、良いベスト・アルバムだ。


曲目:
1. Gimme All Your Lovin'
2. Sharp Dressed Man
3. Rough Boy
4. Tush
5. My Head's In Mississippi
6. Pearl Necklace
7. "I'm Bad, I'm Nationwide"
8. Viva Las Vegas
9. Doubleback
10. Gun Love
11. Got Me Under Pressure
12. Give It Up
13. Cheap Sunglasses
14. Sleeping Bag
15. Planet Of Women
16. La Grange
17. Tube Snake Boogie
18. Legs


zz-top greatest hits
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

16:50  |  Z  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.31 (Mon)

Chris Squire - Fish Out of Water(未知への飛翔)

CD/国内盤/1990.2.25/AMCY-19

YESのベーシスト、初のソロ・アルバム。
国内ライナーに「モラーツ以外はYESのメンバーを使っていない」
とあるが、元YESのビル・ブラッフォードが参加している。
(当時のYESのメンバーを使っていない、という意味合いなのか)

ハウやアンダーソンがYESとは異なる路線でソロをつくっているのに対して、
このアルバムはほぼYES路線、ただし、キーボードがモラーツなので、
「リレイヤー」色が濃く感じられる。

YES外伝とでもいえばいいか、
「ドラマ」のYESや「ロンリー・ハート」のYES、
そして「結晶」のYESと、あらゆるYESに在籍したスクワイアは、
やっぱり「YESマン」なんだなぁという音だ。


曲目:
1. Hold Out Your Hand
2. You By My Side
3. Silently Falling
4. Lucky Seven
5. Safe (Canon Song)

chris squier fish out of waters
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : プログレ ハードロック

15:59  |  C  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.31 (Mon)

I Mother Earth - Dig

CD/国内盤/1993.8.30/TOCP-7922

カナダ出身のグランジ/オルタナのデビュー作。
プロデュースはマイク・クリンク、
本国では1990年代を通じて人気があったが、
日本ではほぼ黙殺に近い扱いだった。

当時、伊藤政則氏が編纂したコンピレーション、
「Power Rock Today」に、このカナダのバンドの
「Rain Will Fall」がさり気なく収録されていて、
マニアなら「おやっ?」と思っていたはず。

鉄板の選曲の中にアイ・マザー・アースをまぎれこませる
そのセンスが、プロの音楽評論家の「音楽を聴く耳」ということなのだ。

グランジ/オルタナのフィールドで語られたために、
その本質が伝わらなかった、
チューニングの狂った楽器を好き勝手にかきむしるだけの
アマチュアに毛が生えたようなバンド群とは違う、
力強く、しかしゴリ押しではない、時として繊細なロック・バンドだ。


曲目:
1. The Mothers
2. Levitate
3. Rain Will Fall
4. Gently We Go
5. Not Quite Sonic
6. Production
7. Lost My America
8. No One
9. Undone
10. Basketball
11. And The Experience
12. The Universe In You
13. ラヴ・フロム・レヴォリューション


i mother earth dig
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

12:44  |  I  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.31 (Mon)

Dyslesia - Who Dares Wins

CD/独盤/2001年/MTM-NUMBER-1704-4

フランスのメロスピ/メロパワ、セカンド。
プロデュースはデニス・ワード、録音はドイツ、
フランスのバンドでもジャーマン・メタル・スタイルになって当然?

3はどこかで聴いたような感じと思ったら
ラプソディのLuca Turilliが作詞作曲に参加している。

どことなくフランスっぽい雰囲気が漂うのは、
フランス人特有の英語の発音のせいだろうか。


曲目:
1. Beware Of Life Demons 05:43
2. Rest in Space 04:16
3. Unknown Fighter 04:35
4. Who Dares Win 04:42
5. Fighting and Gone 05:43
6. Living in the Winter 04:29
7. Bring the Sunlight Back 05:49
8. Just About a Dream 05:24
9. The One You Are 05:15
10. Masquerade of Life 05:55


Dyslesia - Who Dares Wins
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

12:25  |  D  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT