2009年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009.04.28 (Tue)

Aerosmith - Live Bootleg

CD/国内盤/1993.2.1/SRCS-6275

何年か前に、東京ドームにエアロを観にいった。
退屈で、途中で帰りたくなった。
彼らの演奏はあまりにも「お仕事」で、
そこにはロック・バンドならではの熱気や情熱や感動は皆無だった。

かつて、メガデスがエアロの前座でツアーをして、
ムステインがエアロのメンバーと大喧嘩したとかいう噂があったが、
たしかに、あんな日和った連中とまわっていたら
ムステインがぶちきれても仕方ないだろう。

このライヴ・アルバムは、
基本は1977年~1978年のツアーからの収録、
一部、デビュー当時の1973年の音源も含まれている。

アナログ2枚組大作が、CD1枚に全曲収録、便利な世の中だ。
タイトル通り、ほとんど手直しなしなんじゃなかろうか、
1曲目の「バック・イン・ザ・サドル」の時点で
あきらかにタイラーの声がでていない部分があるが、直されていない。

熱く、情熱的で、ロック魂を感じさせる、素晴らしいライヴ・アルバムだ。
しかも、演奏に、ベテランじみた余裕まで感じられる。
バカ高いチケット代金払って「お仕事」をみにいくより、
2000円たらずで買えるこのライヴ・アルバムを聴くほうがずっと良い。


曲目:
1. Back in the Saddle
2. Sweet Emotion
3. Lord of the Thighs
4. Toys in the Attic
5. Last Child
6. Come Together
7. Walk This Way
8. Sick as a Dog
9. Dream On
10. Chip Away the Stone
11. Sight for Sore Eyes
12. Mama Kin
13. S.O.S. (Too Bad)
14. I Ain't Got You
15. Mother Popcorn
16. Train Kept A'Rollin'/Strangers in the Night
17. Draw the Line


aerosmith live bootleg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

02:08  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.28 (Tue)

Joe Stump - Guitar Dominance

CD/国内盤/1993.9.21

NYのネオクラシカル・ギタリストのファースト。
この人、イングヴェイより年上なのに
イングヴェイからの影響を公言していて
裏ジャケみてもスキャロップされたフェンダーのストラト愛用、
(まさかと思うけど、イングヴェイ・シグネイチャー?)
アンプもマーシャルと、ちょっと笑いがこみあげてくる。

ただ、世間のネオクラシカル・ギタリストの大半が
「イングヴェイ? おれは、クラシックから影響を受けた。
バッハやパガニーニが好きなのさ」
といった妄言をはいて失笑を買っている中にあって
正々堂々と「イングヴェイに影響を受けた」と発言する
ジョー・スタンプには、正直、好感を抱く。

最近はESPを使っているらしい。
テクニカル・ギタリストでESPを使っているというと
なんとなくイマイチって感じるのは俺だけ?


曲目:
1. Prince Of Darkness 01:08
2. In For The Kill 06:00
3. Paganini's Revenge 05:22
4. Strat Attack 03:08
5. The Ultraviolence 06:38
6. Jetaime 05:22
7. Behind The 8 Ball 06:15
8. Survival Of The Fastest 07:21
9. Breakneck Boogie 05:01
10. Farewell To Truth 06:28
Total playing time 52:43


Joe Stump - Guitar Dominance
関連記事

テーマ : エレキギター ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

01:52  |  J  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.27 (Mon)

Total Devastation - Honour the Disorder

CD/フィンランド盤/2008年

フィンランドのハイパー・テクニカル・デスメタル、
Omnium Gatherumのメンバーである
Harri Pikka とJarmo Pikka が在籍する
ブルタル・デスの最新作(通算4作目)。

若干、Omnium Gatherumを思わせる部分もあるものの
基本はブルタルなデスメタル。
ただ、アメリカの、いわゆるタンパ・スタイルのブルタルさとは異なり
北欧のバンドらしい、独特の雰囲気がある。

3では、アモルフィスのTomi Joutsenが
ゲストで歌っているので、マニアは要チェック。


曲目:
1. High on War 02:52
2. Nation of Rats 03:27
3. We Want to Believe 05:10
4. White Water 04:03
5. Denied 03:30
6. What Remains 04:54
7. Bend in Shape 03:15
8. Oblivion 03:45
9. Honour the Disorder 04:20
Total playing time 35:16


Total Devastation - Honour the Disorder
関連記事

テーマ : デスメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル デス・メタル 北欧メタル

21:15  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.27 (Mon)

Therion - Theli

CD/国内盤/1996.8.8

ファーストでは冴えないデスメタルをやっていたセリオンだが
アルバムを出すごとに向上、
この5作目は、文句なしの傑作に仕上がっている。
まるで出世魚のような変身振りに、ちょっと唖然とさせられる。

国内盤ボーナスの3曲は
ベスト・アルバム「A'arab Zaraq - Lucid Dreaming」に収録されている。
ラストはスコピのカヴァー。


曲目:
1. Preludium
2. To Mega Therion
3. Cults of the Shadow
4. In the Desert of Set
5. Interludium
6. Nightside of Eden
7. Opus Eclipse
8. Invocation of Naamah
9. Siren of the Woods
10. Grand Finale/Postludium

In Remembrance 06:27
Black Fairy 05:53
Fly to the Rainbow (Scorpions cover)


Therion (Swe) - Theli
関連記事

テーマ : デスメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル デス・メタル 北欧メタル スウェーデン

21:01  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.27 (Mon)

Kingston Wall - Kingston Wall I

CD/国内盤/1993.12.15

アルバム3枚出して解散したフィンランドの
ネオ・プログレッシヴ・ロック・バンドのファースト。
日本ではセカンドが先にリリースされ、好評を博したため
このファーストも無事に国内盤で流通することになった。
(といっても、あっというまに廃盤になったが)

Kingston WallといいSTONEといい、フィンランドからは
とんでもなく面白い個性的なバンドが登場するのに
そのどれもが短命で終わってしまうのは、
北欧の小国であることが災いしているのか。


初期KING'S Xあたりが好きなら
試してみて損はないバンドだ。


曲目:
1 With My mind 4:39
2 Used To Feel Before 4:02
3 I'm Not the One 3:42
4 Fire 2:58
5 Waste of Time 6:26
6 Nepal 8:37
7 And I Hear You Call 5:44
8 Tanya 3:52
9 Mushrooms I: Prelude 1:18
10 Muhrooms II: On My Own 6:50
11 Muhrooms III: The Weep 2:00
12 Muhrooms IV: Muhrooms 3:04
13 Muhrooms V: Circumstances 2:18
14 Muhrooms VI: Captain Relief 2:14
15 Muhrooms VII: More Mushrooms 2:07
16 Muhrooms VIII: The Answer 1:16


Kingston Wall - I
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM プログレ

20:43  |  K  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT