2008年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2008.06.26 (Thu)

Peavey Wolfgang


Peaveyのエディ・ヴァン・ヘイレン・シグネイチャー。
これ以前はMUSICMANから
シグネイチャー・モデルが販売されていた。

現在はシャーベル~フェンダーへと移行中?


(バスウッド・ボディ、フレイムメイプルトップ、バーズアイメイプルネックという構成)
DSC01769.jpg
(あえてアーム無しを買ってみた)


かなり軽量で小型のボディ、取り回しは楽だが
唸るようなボトムエンドは期待できない。

明るく、ぱりっとしたサウンドだ。


(ヘッドにはWOLFGANGの刻印)
DSC01772.jpg
DSC01774.jpg
(エディの刻印。ペグはシャーラー。最近の製造、古いものは表記がPATENT BEND)


初期、パール期が珍重されているようだけど、
現在のサウンドハウス期のものとどれだけ差があるのか疑問。

なお、MUSICMANはすべてアメリカ製品、
Peaveyは韓国製が混ざっている。

かんたんな見分け方としては
「アーチトップはUSA製品」
「シリアルの頭が91ならUSA製品」
といったところか。


(アーチトップはPeaveyのみ。MUSICMANやシャーベルはフラットトップ)
DSC01771.jpg
(カスタムPUはディマジオ製?)


それほどハイパワーではないが
レンジが広く、明るい音のピックアップだ。
歪ませても音つぶれしにくい印象。


(オイルフィニッシュのバーズアイメイプルネック)
DSC01777.jpg
DSC01782.jpg
(Peaveyはキルトよりフレイムメイプルのイメージが強いかな?)







おまけ

WOLFGANGの音というより
カスタムPUの音って感じになっちゃったけど…

ニセモノ(今日の5の2)


Keeley Twilight Zone、
Carvin Legacy、
Providence DLY82


関連記事

テーマ : エレキギター ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

01:51  |  ギター・コレクション  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.25 (Wed)

Holy Moses - Terminal Terror

CD/独盤/2006年/AMG-033-2

老舗ジャーマン・スラッシュ、1991年の5作目。
再発されていたので、懐かしくてつい買ってしまった。
ボーナス3曲追加されているのも、マニアには嬉しい。
(貴重?なライヴ・テイク!)
一時期解散していたが、再結成して、
元気に活動しているようで喜ばしいことだ。

このバンド、当時、日本では評価はイマイチ(B!誌のせい?)、
話題になったのは金髪美人がヴォーカルで、
どう聴いても女の声とは思えない
壮絶なデス・ヴォイスで歌って?いること。
アンジェラなんとか顔負けというか、
このホーリィ・モーゼズにならされているオールド・マニアにとって、
アーク・エネミーのヴォーカルが女になったのは
別に衝撃的でもなんでもなかった…?

フツーのスラッシュ、
フツーの音楽ファンが無理して買うようなもんじゃない、
スラッシュ・マニアならもっていて当然、そんなとこか。


曲目:
1. Nothing for my Mum 04:03
2. Two Sides Terror 04:45
3. Theotocy (Terminal Terror) 03:48
4. Creation of Violation 04:40
5. Pool of Blood 03:44
6. Distress and Death 04:53
7. Adult Machine 04:13
8. Malicious Race 03:00
9. Tradition of Fatality 02:54
Total playing time 36:00

Def Con II (Bonus)
Nothing For My Mum (Bonus)
The Pool Of Blood (Bonus)

20070526213513.jpg
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : スラッシュ・メタル HR/HM ジャーマン・メタル

21:34  |  H  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.20 (Fri)

Ozzy Osbourne - Just Say Ozzy

CD/米盤/1995年/EK-67242

1990年のライヴ・アルバムを
1995年に22BITリマスターで再発したもの。
アルバムといっても全6曲、30分ほどしかない。

ザック・ワイルド加入後、初のライヴ音源であり
ザック・ワイルドというギタリストのずば抜けた実力が
世界中に提示された記念すべき1枚だ。

レスポールにEMGのアクティヴ・ピックアップをのせるという
当時としては暴挙としか思えないアイディアによって生み出される
強靭でずぶとく分厚いサウンドによって、
新たなギター・ヒーローが誕生した。

特に3が凄い。
ジェイク・E・リーのオリジナルを蹴散らす
壮絶なバージョンに仕上がっている。


曲目:
1. Miracle Man 04:01
2. Bloodbath in Paradise 05:01
3. Shot in the Dark 05:34
4. Tattooed Dancer 03:47
5. Sweet Leaf 03:22
6. War Pigs 08:24
Total playing time 30:09

Ozzy Osbourne - Just Say Ozzy
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

20:34  |  O  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.20 (Fri)

Ten - Ten

CD/国内盤/1996.4.10/XRCN-1270

DAREのギタリストであったヴィニー・バーンズと
ヴォーカリストのゲイリー・ヒューズが結成したバンドの1作目。

メロウなサウンドは、日本では好評で、
短期間のあいだにスタジ・アルバム3枚に加え、
2枚組ライヴ・アルバムまでリリースすることになる。

メロウで平坦なのにドラマティックという
独特のサウンドは、足ぬけ出来なくなる魅力がある。


曲目:
01 i)The Crusaders 1:32
  ii)It's All About Love 6:35
02 After The Love Has Gone 5:27
03 Yesterday Lies In The Flames 5:06
04 The Torch 5:25
05 Stay With Me 5:51
06 Close Your Eyes And Dream 6:24
07 Eyes Of A Child 5:02
08 Can't Slow Down 5:29
09 Lamb To The Slaughter 4:50
10 i)Soliloquy 0:34
  ii)The Loneliest Place In The World 9:56


ten - ten
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

20:24  |  T  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.20 (Fri)

Ten - The Robe

CD/国内盤/1997.9.26/XRCN-2009

イギリスのメロディアスHRの3作目。
ファーストとセカンドが日本でヒット、
この3作目も日本で先行発売された。

MIXはマイク・ストーンが担当、
ストーンは前作、前々作でもMIXを手がけており、
彼の手腕が初期TENサウンドの根幹となっていたようだ。

無駄に曲が長いと感じさせる部分も多々あり
傑作とはお世辞にもいえないが
このアルバムの素晴らしさは、わかる人にはわかるはずだ。


曲目:
1.    The Robe   
2.    Bright On The Blade   
3.    Standing On The Edge of Time   
4.    Virtual Reality   
5.    Arcadia   
6.    Battlelines   
7.    Youre In My Heart   
8.    Fly Like An Eagle   
9.    Ten Fathoms Deep   
10.   Someday   

070906cd_d2.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM TEN

20:10  |  T  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT