2007年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2007.07.31 (Tue)

Ayreon - The Universal Migrator Part Ⅰ&Ⅱ

CD(2枚組)/独盤/2004年/6-93723-60852-5

2000年に、2枚にわかれて
The Universal Migrator Part I: The Dream Sequencer
The Universal Migrator Part II: Flight of the Migrator
としてリリースされたもののセット販売。

アイルエンとは、元ヴェンジェンスのギタリストである
アンソニー・アイルエン・ルカッセンのソロ・プロジェクトで、
豪華なゲストを呼んでロック・オペラをやっている。
ゲストがすごいのでコレクションとして買う価値はある。

2で歌っているのはシンフォニーXのラッセル・アレン、
リード・ギターもシンフォニーXのマイケル・ロメオ。
3のリード・ヴォーカルは元ガンマ・レイのラルフ・シーパース。
4はハロウィンのアンディ・デリス。
5はメイデンのブルース・ディッキンソン。
6はイタリア人のファビオ・リオーネ(わかるよね?)
7はティモ・コティペルト。
9はヴェンジェンス時代の盟友、イアン・パリー。
全曲でエリク・ノーランダーがキーボードをプレイ、
ラナ・レインもバッキング・ヴォーカルで参加。

他にもアリーナのクライヴ・ノーランとか、
元スレッショルドのダミアン・ウィルソン、
元スポックス・ベアードのニール・モーズ、
ティアマットのヨハン・エドランドなどが参加。

もちろん全員が一堂に会して録音したのではなく
あちこちで録音したものを寄せ集めて
ルカッセンがMIXして仕上げている。

ルカッセンはオランダで活動、
ラナ・レイン人脈はアメリカでレコーディング、
クライヴ・ノーランはイギリスで録音、
もしかしたら直接会っての作業は皆無だったのかも。


曲目:
CD1
1.    The Dream Sequencer    05:09   
2.    My House on Mars    07:48  
3.    2084    07:42   
4.    One Small Step    08:45  
5.    The Shooting Company of Captain Frans B. Cocq    07:58   
6.    Dragon on the Sea    07:09   
7.    Temple of the Cat    04:11  
8.    Carried by the Wind    03:59  
9.    And the Druids Turn to Stone    06:36  
10.    The First Man on Earth    07:20  
11.    The Dream Sequencer Reprise    03:36   
Total playing time    01:10:13

CD2
1.    Chaos    05:11  
2.    Dawn of a Million Souls    07:45  
3.    Journey on the Waves of Time    05:47  
4.    To the Quasar (The Taurus Pulsar - Quasar 3C273)    08:43   
5.    Into the Black Hole
(The Eye of the Universe - Halo of Darkness - The Final Door)    10:25   
6.    Through the Wormhole    06:06   
7.    Out of the White Hole (M31 - Planet Y - The Search Continues)    07:10  
8.    To the Solar System (Planet of Blue - System Alert)    06:12  
9.    The New Migrator (Metamorphosis - Sleeper Awake)    08:16  
Total playing time    01:05:35


20070731211527.jpg


20070731211550.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM プログレ

20:58  |  A  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.31 (Tue)

Frequency - When Dream and Fate Collide

CD/イタリア盤/2006年/SPV-085-148692

美しいジャケットに心が躍る
スウェーデンの正統派パワー・メタル、デビュー作。
プログ・メタル風味もあり。
一時期、メシュガーのベースが在籍していたらしい。

4はイングヴェイのパクりというか、
まるでインギーのアウトテイクみたいで
微笑ましいというかなんというか。


細かいことをいうと、ツメが甘い部分が目立つし、
ヴォーカルももうちょっとがんばって欲しい。
次作で劇的に良くなる可能性も低いだろう。

ただ、B級メタル・マニアや
輸入盤の掘り出し物バンドなんかが好きな人なら
とりあえず買っておいたほうが良い。
(国内盤もでてるみたいだけど)


曲目:
1.    Oblivion    04:56   
2.    Pitch Black    05:12   
3.    Distant Light    04:23   
4.    Time    04:42   
5.    When Dream and Fate Collide    05:21   
6.    Facing Destiny    03:47   
7.    Fire and Steel    04:15   
8.    The Wicked is Born    04:28   
9.    Dimension for the Week    04:00   
Total playing time    41:08


20070731184711.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM プログレ スウェーデン 北欧メタル

18:46  |  F  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.31 (Tue)

Evildoer - Terror Audio

CD/イタリア盤/2005年/SC-107-2

スカーレット・レーベルというだけで購入。
イタリアのスカーレット・レーベルは
いま、世界でもっとも「ノッている」レーベルだろう。

正統派のパワーメタルから流行のメロパワやメロスピ、
スラッシュ・メタルにデス・メタルと、
ありとあらゆるメタル・ミュージックを提供しているレーベルで、
所属ミュージシャンは若手実力派ばかりだ。

スウェーデンのスラッシュ・メタル、デビュー作。
切れ味鋭い演奏、深みもへったくれもない、
潔いスラッシュ・メタルが心地よい。
ただし、このバンドならではの何かとか、斬新な点はない。


曲目:
1.    Please Lord    00:06   
2.    By the Flag    03:28   
3.    FearDotGov    04:27   
4.    Day of Torment    04:16   
5.    Gunshell Revenge    03:55   
6.    Right Hand Servant    03:47   
7.    On Bleeding Knees    03:00   
8.    The Deviant    05:28   
9.    Ten Times the Pain    03:16   
10.    Absolute Hate    03:28   
11.    Die Now!    03:12   
Total playing time    38:24

20070731182005.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル

18:18  |  E  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.31 (Tue)

Altaria - Divinity

CD(デジパック)/EEC盤/2004年/METAL HEAVEN-00002

フィンランドのメロパワ、セカンド。
Sonata ArcticaのJani Liimatainenが在籍していたバンドとして、
マニアのあいだではそこそこ名の知れた存在か。
ヴォーカルは微妙、ぎりぎり許せる範囲で歌えている。

ベースのMarko Pukkilaと
ドラムのTony Smedjebackaがバンドの中心で
他はけっこうメンバーがいれかわっている。

ソナタのシャカシャカした、
せわしなく落ち着きのない曲調に拒否感のある人でも
このバンドはけっこうきけてしまうんじゃないか。

デジパックはアクセプトのカヴァーを収録。
歌っているのはライオンズ・シュアの実力派、
Andy Engbergなので、マニアは要チェック。
デジパック以外の通常盤が存在するのか、未確認。

ジャケットやバンドロゴからイメージするそのまんまのサウンドだ。
初期ノクターナル・ライツ好きなら何も考えずに買ってしまって大丈夫。
MIXはブラック・メタルでおなじみの
ティコティコ・スタジオでおこなわれている。
(あの、インペイルド・ナザリーンの総本山?だ)

古きよき、「ヘヴィ・メタル」の香りを
今に伝えるバンドとして、それなりに評価に値する。


曲目:
1.    Prophet Of Pestilence    03:41 
2.    Unchain The Rain    03:43   
3.    Darkened Highlight    03:44   
4.    Enemy    04:16   
5.    Falling Again    04:14  
6.    Divine    04:04  
7.    Haven    03:41   
8.    Try To Remember    03:39  
9.    Stain On The Switchblade    03:28 
10.    Discovery    03:53   
11.    Will To Live    03:57  
12.    Final Warning    04:08   
13.    Balls To The Wall (Bonus Track - Accept Cover)    04:49   
Total playing time    51:17


20070731020332.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル

02:02  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.31 (Tue)

XCARNATION - Grounded

CD/イタリア盤/2005年/FRCD-258

トルコはイスタンブール出身のCenk Erogluによる
モダン・プログレッシヴ・ロック・プロジェクト。
キップ・ウィンガーが全面的にバックアップ、
録音もキップのスタジオでおこなわれている。

参加メンバーもウィンガー絡みで
キップ・ウィンガー、レブ・ビーチ、ロッド・モーゲンステイン、
さらにはクリムゾンのパット・マステロット。
ただ、基本的にCenk Erogluはマルチ・プレイヤーで
ほとんどのパートをひとりでこなしている。

いかにもなモダン・プログレ、
曲によってはモダン・ヘヴィよりで
ホワイト・ゾンビあたりを彷彿とさせる。
クリムゾンの「スラック」をつまらなくしたような、といったら失礼か。


曲目:
1. Personal Antichrist
2. Everlasting
3. Without You
4. Desperately Sad
5. Reason To Believe
6. Lucky Day
7. Take A Deep Breath
8. Coma White
9. Willing To Wait
10. Pictures


20070731014736.jpg
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM プログレ

01:46  |  X  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT