2007年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2007.06.30 (Sat)

The Scourger - Blind Date With Violence

CD/独盤/2006年

ヘルシンキのデスラッシュ、デビュー作。
当初はフィンランド国内だけでリリース、
ワールドワイド・リリースにともなって
ジャケット変更、ボーナストラックが追加されている。
変更したわりには酷いジャケットだ。

ヴォーカルのJari Hurskainenと
ギターのTimo Nybergは、
以前紹介したガンダルフのメンバー。


素晴らしいデスラッシュ・アルバム、
この出来なら、フィンランド国内だけのリリースに
とどまっているはずもない。

ボーナストラックはテスタメントのカヴァーが
そこそこ面白い。

ところで、デビューEPでベースを弾いているのは
元エアダッシュ(わかる?)のKirka Sainioらしいが、未確認。



曲目:
1.    Decline of Conformity / Grading:Deranged    05:52   
2.    Hatehead    03:32   
3.    Maximum Intensity    03:42   
4.    Enslaved to Faith    03:16   
5.    The Oath & The Lie    03:18   
6.    Chapter Thirteen    04:58   
7.    Pain Zone    04:53   
8.    Exodus Day    04:30   
9.    Feast of the Carnivore    04:48   
Total playing time    38:49

Re-Release Worldwide Edition with bonus tracks:
10. Ghosts Of War (Slayer cover)
11. Over The Wall (Testament cover)
12. The Greediness
13. Black Worms
14. Grading:Deranged (Live at Tuska 2006)
15. Maximum Intensity (Live at Tuska 2006)
16. The Oath & The Lie (Live at Tuska 2006)


評価:★★★★(ギターリフの組み立てが巧い)

20070630212442.jpg
関連記事
21:18  |  S  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.30 (Sat)

RENAISSANCE - Ashes Are Burning(燃ゆる灰)

CD/国内盤1991.8.23

1973年の4作目、
アニー・ハズラムを中心とした
イギリスのプログレ・バンド。

実際にはハズラムは3作目からの参加で、
近年はハズラム抜きで
別の女性ヴォーカルによるアルバムも
リリースされたりしているが、にもかかわらず、
ルネッサンスといえばアニー・ハズラム、だ。

ディープ・パープルが、
なんだかんだいってもイアン・ギラン、
みたいなものか。


ハズラム加入2作目となった本作は、
プログレ史に残る屈指の名盤となった。

この国内盤、原盤のクレジット関係が
すべて省略されていて、
ライナーノートの記述に頼るしかない。
現在流通しているリマスター盤では、
改善されているのだろうか。



曲目:
1. Can you understand (9:49)
2. Let it grow (4:15)
3. On the frontier (4:53)
4. Carpet of the sun (3:31)
5. At the harbour (6:50)
6. Ashes are burning (11:24)
Total Time: 40:42


評価:★★★★★(タイトル曲でギターを弾いているのは…)

20070630032445.jpg
関連記事
03:23  |  R  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.30 (Sat)

Paul Gilbert - King Of Clubs

CD/国内盤/1997.11.27

レーサーX時代はセンスのない速弾きギタリスト、
ミスタービッグでは背の高い気のいいあんちゃん、
そして、このソロ・デビュー・アルバムで、
一流のミュージシャンであることを証明して魅せた。

延々と続く12がウザいが、それをのぞけば
トッド・ラングレン直系のパワー・ポップが心地よい。
無機的で退屈なギター・ソロは相変わらず。


元からこういうことがやりたかったのか、
ミュージシャンとして活動を続けるうちに
徐々に嗜好が変化していったのか、
おそらく後者だろう。



曲目:
1. Champagne    
2. Vinyl    
3. Girls Who Can Read Your Mind    
4. I'm Just In Love    
5. The Jig    
6. Girlfriend's Birthday    
7. Bumblebee    
8. Streetlights    
9. My Naomi    
10. Double Trouble    
11. Million Dollar Smile    
12. The Jam
13.アイ・ドゥ(国内ボーナス)


評価:★★★★(意外な好盤)

paul_gilbert-king_of_the_cl.jpg

関連記事
02:42  |  P  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.30 (Sat)

Helloween - The Time Of The Oath

CDS/国内盤/1996.4.24

アルバム「タイム・オブ・ジ・オウス」からのシングルカット。
1はアルバム・タイトル曲で、あんまり面白くない曲。
2はプリーストのコピー、他でも入手可能なテイクのはず。
3が、なんとジャン・ミシェル・ジャ-ルという
プログレ系キーボーディスト(いや、シンセ奏者というべきか?)の
カヴァーで、この1曲のために1500円だせるかどうか。

一般的な音楽ファンは避けて通るべき、
熱心なハロウィン信者なら買うべきだ。
買わないなら、ハロウィン信者ではない。


曲目:
The Time Of The Oath
The Hellion / Electric Eye (Judas Priest cover)
Magnetic Fields


20070630023903.jpg
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ジャーマン・メタル

02:34  |  H  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.30 (Sat)

Kick - New Horizon

CD(2枚組)/UK盤/2004年

メイデンのスティ-ヴ・ハリスのバックアップをうけて
メジャー・デビューしたキック、
アルバムをだすごとにHR/HMから遠い存在になって、
本作では、メタルではない、UKロックをやっている。

本国でどうなのかわからないが、
ここ日本では、冴えないバンドの代表格といったところか。

ヘビメタさんより、
昔のU2とかが好きな人向けのアルバムだ。



曲目:
   Disc 1       
      1    Electric Storm     
      2    New Horizon     
      3    Paralysed     
      4    Give Me Something To Hold On To     
      5    Power Within     
      6    High     
      7    Forever Yours     
      8    Watch Me Fly     
      9    Access Denied     
      10    In Too Deep     
      11    Bone     
 

    Disc 2       
      1    Children Of The Sun (acoustic)     
      2    Up Close & Personal (acoustic)     
      3    Another Crazy Summer Night (acoustic)     
      4    Abandoned (unreleased)     
      5    Painless (orchestral Mix)     
      6    Twisted (demo)     
      7    Say Goodbye (demo)     
      8    Up Close & Personal (remix)     
      9    Star (unreleased)     
      10    Blue (video)


評価:★★★(CD2はおまけ)

20070630015307.jpg
関連記事
01:58  |  K  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT