2006年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2006.09.29 (Fri)

Rata Blanca - Guerrero del Arco Iris

CD/国内盤/1994.7.25


アルゼンチンはブエノスアイレスのメタル・バンド、3作目。
オリジナルは1991年のリリース。
おそらく、ここ、日本ではまったく売れずに廃盤になったのだろう。


ジョー・リン・ターナー時代のレインボーを彷彿とさせるサウンド。
歌詞はスペイン語。
英語を除けば、たとえば南米では
ほとんどの国がスペイン語を使っているわけで、
(大国?ブラジルはポルトガル語だけど)
スペイン語メタルの需要はけっこうあるのだろう。


1988年デビュー以来、
ほぼ1~2年に1枚のペースでアルバムをリリース、
本国では一定以上の人気を保っている証拠だ。


アルゼンチンとかスペイン語とかいったキワモノ的な部分を除いても、
十分に魅力的なHR/HMを演奏している。




曲目:
1. Hombre de hielo 05:14
2. Angeles de acero 03:50
3. Noche sin sueños06:10
4. La boca del lobo 03:41
5. Quizá empieces otra vez06:17
6. Guerrero del Arco Iris 05:04
7. Abrazando al Rock and Roll 06:15
8. Los ojos del  dragón 04:47
9. Nada es fácil sin tu amor
Total playing time 48:49



評価:★★★★(この当時はメジャーのポリドール所属)



関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック ラタ・ブタンカ アルゼンチン

11:25  |  R  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.29 (Fri)

Rata Blanca - Magos Espadas y Rosas

CD/国内盤/1994.8.25

アルゼンチンの様式美バンド、セカンド。
オリジナルは1990年リリース。

イングヴェイに近いというか、
全体のしょぼさはむしろシルヴァー・マウンテンか。
テクニック的にはたいしたことないけど、
曲と、スペイン語の発音を生かした歌メロが魅力的。
でも2は「ストーン・コールド」のパクりだろ?

へたれの北欧メタルをきくくらいなら、
このラタ・ブランカを聴くほうがずっと良い。


曲目:
1. La leyenda del Hada y el Mago 05:25 
2. Mujer amante 06:05 
3. El beso de la Bruja 04:19 
4. Haz tu jugada 06:22
5. El camino del Sol 09:28 
6. Días duros07:24 
7. Porque es tan difícil amar 05:33 
8. Otoño Medieval 02:34 
Total playing time 50:50


評価:★★★★(ダサすぎる曲もあるけど)



関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック アルゼンチン ラタ・ブランカ

11:18  |  R  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.29 (Fri)

U2 - Under a Blood Red Sky

AD/米盤/1983年/7-90127-1-B

このライヴ・アルバムは凄い。
ストーンズのライヴ映画
「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥギャザー」に匹敵する。

A面トップの「グローリア」からラストの「40」まで、
骨太で硬質で禁欲的なロックが展開される。

なぜこんなライヴが出来るのか、
こんなライヴが出来るからプロなのか。


曲目:
A.1. Gloria  
2. 11 O'Clock Tick Tock  
3. I Will Follow 
4. Party Girl  
B.5. Sunday Bloody Sunday 
6. The Electric Co. 
7. New Years Day  
8. '40'

U2 - Under a Blood Red Sky
関連記事

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : U2 ハードロック

11:05  |  U  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.29 (Fri)

U2 - War

AD/米盤/1983年

プレス年度不明。
オリジナルプレスか、それに近い盤。

中学生の時に買ったので、20年以上前のものだ。
しかし、なんの問題もなく、劣化もなく、
購入時と同様に聴く事が出来る。
レコードは偉大だ。
ダブルジャケット(見開き)で、豪華なつくり。

LAでの録音なのにアメリカ臭皆無。

個人的には、思い入れも含めて、
このアルバムこそがU2の最高傑作だと思う。
1と3が永遠の名曲であることを否定する人はいないだろう。


曲目:
A1. Sunday Bloody Sunday  
  2. Seconds 
  3. New Year's Day  
  4. Like A Song...  
  5. Drowning Man 

B6. The Refugee  
  7. Two Hearts Beat As One  
  8. Red Light  
  9. Surrender  
10. '40'


評価:★★★★★



関連記事

テーマ : 洋楽CDレビュー ジャンル : 音楽

タグ : U2 ロック アイルランド

10:49  |  U  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.29 (Fri)

U2 - The Unforgettable Fire

CD/国内盤/1998.2.18

1984年リリースの通算5作目。
日本ではこの後の「ヨシュア・トゥリー」でブレイク、
アメリカでは本作がヒットして一躍有名になった。

いまさらどうこういう必要もない名盤だが、
唯一の難点はブライアン・イーノのプロデュースか。
しょっぼいサウンド・プロダクション、
レンジが狭く、音がこもっている。

正直、最近の…つまり90年代以降のU2にはまったく興味がない。
「四騎」とか「闘」のころのU2に比べたら
ばからしくて聴いていられないよ。


曲目:
1. A Sort Of Homecoming  
2. Pride (In The Name Of Love)  
3. Wire  
4. The Unforgettable Fire  
5. Promenade  
6. 4th Of July 
7. Bad  
8. Indian Summer Sky  
9. Elvis Presley And America  
10. MLK


評価:★★★★(7とか、凄いよ)



関連記事

テーマ : 洋楽CDレビュー ジャンル : 音楽

タグ : U2 ロック アイルランド

10:33  |  U  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT