2006年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2006.06.29 (Thu)

Accept - Staying a Life

CD(2枚組)/国内盤/1990.10.21/ESCA-5169~5170

解散後に発表された、全盛時代のライヴ・アルバム。
1985年の音源。
プロデュースはドラムのシュテファン・カウフマン。

解散後に発表されたライヴ盤が、
名作として語り継がれているのも奇妙といえば奇妙なはなしだが、
確かに、このアルバムは良い。


曲目:
CD1
1. メタル・ハート  
2. ブレイカー  
3. スクリーミング・フォー・ア・ラヴバイト  
4. アップ・トゥ・ザ・リミット  
5. リヴィング・フォー・トゥナイト  
6. プリンセス・オブ・ザ・ドーン  
7. ネオン・ナイツ  
8. バーニング  

CD2  
1. ヘッド・オーヴァー・ヒールズ  
2. ギター・ソロ・ウルフ  
3. レストレス・アンド・ワイルド  
4. サン・オブ・ア・ビッチ  
5. ロンドン・レザーボーイズ  
6. ラヴ・チャイルド  
7. フラッシュ・ロッキン・マン  
8. ドッグス・オン・リーズ  
9. ファスト・アズ・ア・シャーク  
10. ボールズ・トゥ・ザ・ウォール


Accept - Staying a Life
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ジャーマン・メタル

02:36  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.29 (Thu)

Accept - Predator

CD/国内盤/1996.1.10/VICP-5673

再結成アクセプトの3作目。モダンヘヴィの洗礼を受けた、
ありがちなモダンメタルだが、出来は悪くない。
アクセプトにこの音を期待している人はいないので、
セールス的には惨敗、評判も悪かった。

国内盤には13曲目に
ディス・ワンズ・フォー・ユーのライヴが入ってる。

ドラムは元ダム・ヤンキーズのマイケル・カーテローンが参加、
プロデュースはマイケル・ワグナー。


曲目:
1. Hard attack 04:46
2. Crossroads 05:13 
3. Making me scream 04:14 
4. Diggin' in the dirt 04:01
5. Lay it down 05:02 
6. It ain't over yet 04:17 
7. Predator 03:37 
8. Crucified 03:01 
9. Take out the crime 03:12 
10. Don't give a damn 02:58
11. Run through the night 03:19 
12. Primitive 04:38 
Total playing time 49:00

Accept - Predator
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM アクセプト

02:35  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.29 (Thu)

Accept - The Final Chapter

CD(2CD)/米盤/1998年/06076-86232-2

米盤と国内盤はジャケ違い。
国内盤は1枚組だったかも? よく覚えてない。

再結成アクセプトが、再度解散するあたりにリリースされた。
さまざまな収録のよせあつめで、つなぎかたはダサい。
CD2の4~9では、シュテファン・カウフマンではなく、
シュテファン・シュヴァルツマンがドラムを叩いている。
(カウフマンが持病を悪化させて、ドラムを叩けなくなった為)

解散前の曲と再結成後の曲が適度にミックスされていて、
選曲的には悪くない。ギターが1本なのは、違和感あり。
オフィシャル・ブートレッグといった趣か。


曲目:
Disc 1 
1. Starlight 05:22 
2. London leatherboys 04:41 
3. I don't wanna be like you 04:28 
4. Breaker 04:47 
5. Slaves to metal 05:10 
6. Princess of the dawn 10:47
7. Restless and wild 02:47  
8. Son of a bitch 03:27 
9. This one's for you 04:07 
10. Bulletproof 06:16 
11. Too high to get it right 05:42 

Disc 2 
1. Metal heart 06:19 
2. Fast as a shark 03:49 
3. Balls to the wall 11:08 
4. What else 05:29 
5. Sodom and Gomorra 06:38 
6. The beast inside 06:24 
7. Bad habits die hard 04:53 
8. Stone evil 04:33 
9. Death row 06:00 
Total playing time 01:52:47

Accept - The Final Chapter

関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ジャーマン・メタル

02:34  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.29 (Thu)

Accept - Metal Heart

CD/国内盤/1989.4.21/25.8P-5241

オリジナルは1985年リリース。6作目。
ディーター・ダークスのプロデュースでのデジタル録音、
音質の良さで話題になったが、今聴くと、それほどでもない。

ギターソロに「エリーゼのために」を導入して
話題となったタイトル曲をはじめ、
まだ、ジャーマン・メタルなる言葉もなかった時代、
このアクセプトこそが、
ドイツ最高のヘヴィメタル・バンドであった。

その後はメンバーチェンジや解散や再結成やら、
見る影も無く凋落しているが。


曲目:
1. Metal Heart 05:19 
2. Midnight Mover 03:05 
3. Up to the Limit 03:47
4. Wrong is Right 03:08
5. Screaming for a Love-Bite 04:06 
6. Too High to Get It Right 03:47 
7. Dogs on Leads 04:23 
8. Teach Us to Survive 03:32 
9. Living for Tonite 03:33 
10. Bound to Fail 04:58
Total playing time 40:00


Accept - Metal Heart
関連記事

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM アクセプト

02:33  |  A  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.25 (Sun)

Sharon - Edge of Time

CD/独盤/1999年/LMP-9905-011

多分、ドイツのバンド。メタルサイトで黙殺されてるけど、
サウンドがポップだからかな。
MIXをヘヴンズゲイトでおなじみの
チャーリー・バウアファインドが出掛けていることから想像できる、
あの手の音だ。

適度にヘヴィで、適度にポップで、適度にメロディアス、
ドイツのバンドっぽい臭みがないぶん、万人受けするかも。

この曲が凄い!ってのがアルバムの中に
1曲でいいからいれられるようになれば、大化けするかもしれない。


曲目:
1. Sweet Family  
2. Stop Draggin'  
3. Lies  
4. Can You Remember  
5. Once  
6. Waiting for the Rain  
7. Miss the Day  
8. Love Don't Bother Me  
9. Take It or Leave It  
10. Work  
11. Hold You  
12. Is It True?


Sharon - Edge of Time
関連記事

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ジャーマン・メタル

22:49  |  S  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT