2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.03.14 (Tue)

Her Space Holiday ‎– XOXO, Panda And The New Kid Revival

CD/米盤/2008年/MH-260(6-63405-12602-9)

シンガーソングライター、マーク・ビアンキのソロ・プロジェクト。
出自はハードコア・バンドということだが
このプロジェクトではより内省的なポップスを演奏している。
ソロ・プロジェクトを解散するというのも奇妙な感じだが、
現在はマーク・ビアンキのソロ名義で活動しているようだ。

オシャレ系というか往年の渋谷系というか、
DMCの主役の根岸くんが好きそうな音だ。
これはこれで良いものです。


曲目:
1 The New Kid Revival 3:41
2 The Truth Hurts So This Should Be Painless 3:51
3 The Heartbreak Moment 3:28
4 The Year In Review 3:50
5 No More Good Ideas 2:46
6 The Boys And Girls 3:51
7 Sleepy Tigers 3:27
8 The World Will Deem Us Dangerous 3:29
9 My Crooked Crown 3:19
10 Four Tapping Shoes And A Kiss 3:15
11 The Telescope 2:43
12 Two Tin Cans And A Length Of String 4:10
13 The Day In Review 3:24
14 One For My Soul (Good Night) 4:25


R-1524347-1226000330.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

18:18  |  H  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.02 (Mon)

Hypocrisy - Hypocrisy Destroys Wacken

CD/国内盤/1999.4.21/MICY-1108

解散するする詐欺の先駆者バンドといっていいのかどうか、
1997年のスタジオ・アルバム「The Final Chapter」は
そのタイトルからも分かる通りラスト・アルバムになるはずだったのに、
翌年の1998年にはちゃっかりヴァッケンに出演して
その模様がこうしてライヴ・アルバムになっている。

このライヴはヴィデオ収録もされていたはず、
どうせならそっちで買うほうがより楽しめそう。

国内盤ライナーはかなり珍妙な内容で
「トリオ編成にも拘らずサウンドは厚い」とある、
確かにバンドそのものは3人組ですが
このライヴにはMathias Kamijoが参加して
4人組(ツインギター)で演奏している。
ブックレットにも4人がクレジットされていて
Mathias Kamijoの写真もきちんと掲載されている。

そもそも音を聴けば、ギターが2本鳴っているのがすぐにわかる、
音源を聴かずにライナーを書いたのか(実は珍しいことではない)
「彼らの曲はライヴのほうがカッコよく聞こえると思う」という記述もあり
音源を聴いていないのなら素直に、
「このライナーを執筆している時点で音源は未着」というべきだし、
もし、音を聴いて書いているとしたら
トリオ編成の演奏と勘違いするのはプロのライターとしてどうなのかと。


曲目:
1 Roswell 4:13
2 Inseminated Adoption 4:22
3 A Coming Race 4:57
4 Apocalypse 5:29
5 Osculum Obscenum 4:58
6 Buried 2:49
7 Left To Rot 3:52
8 The Fourth Dimension 5:07
9 Pleasure Of Molestation 4:50
10 Killing Art 2:48
11 The Final Chapter 5:19

Studio Tracks:
12 Time Warp 3:58
13 Till The End 5:44
14 Fuck U 3:46
15 Beginning Of The End 2:54

Japanese Bonus Tracks:
16 Request Denied 4:43
17 Strange Ways 3:25


R-3261263-1371376347-8941.jpg

テーマ : デスメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル デス・メタル 北欧メタル スウェーデン

21:00  |  H  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.01 (Sun)

Hearse ‎– Armageddon, Mon Amour

CD/オランダ盤/2004年/KARMA-031

元アーク・エネミーのヨハン・リーヴァのバンドかと思っていたら
いつのまにかヨハンは脱退、
ヴォーカル不在のままバンドは存続しているらしい。

これがセカンド、いわゆるデス・ロール、
モーターヘッドのヴォーカルがデスヴォイスになって
パートによってはアーク・エネミーを思わせるメロデス風味といった感じ。

バンドの編成としては、Max Thornellも参加しているので
実質的にFurbowlと大差ないわけだけど、
音楽的にはオールドスクールなデスメタルのFurbowlに対して
よりモダンなスタイルのHearseということが出来る。

ヨハンが脱退してアーク・エネミーは平凡なバンドになってしまった、
ただしそのおかげで人気は増した、
ダイハードなファンはいずれヨハンが復帰しての
再結成盤を期待しているんじゃないか。


曲目:
1 Mountain Of The Solar Eclipse
2 Turncoat
3 Crops Of Waste
4 In Love And War
5 Ticket To Devastation
6 Tools
7 Cambodia
8 Sodi
9 Play Without Rules
10 Determination
11 Armageddon, Mon Amour


Hearse ‎– Armageddon, Mon Amour

テーマ : デスメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル デス・メタル 北欧メタル スウェーデン

19:55  |  H  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.10 (Thu)

The Hot Lies ‎– Heart Attacks & Callous Acts +5

CD/国内盤//CCRM-1005

豪州のエモ/スクリーモ系バンド、
この手のバンドは出身地がどこだろうがあまり関係がない、
どのバンドもまったくおなじサウンドを出してくる。

2004年のミニアルバム「Streets Become Hallways」と
2005年のミニアルバム「Heart Attacks & Callous Acts」を
1枚にまとめてフルアルバム扱いで日本デビュー盤としたもの。

前半の曲が「Heart Attacks & Callous Acts」で、
「Streets Become Hallways」は+5と表記され、
ボーナストラックという扱いになっている。

2007年にフル・アルバムをリリースするも
結局それが最初で最後のアルバムになってしまった。
豪州国内ではチャートインするなどそれなりに売れていたはず、
それで満足して燃えつきたのか、
国内のセールスだけでは食っていけないのか、どちらだろうか。


曲目:
1 Ghosts And Mirrors 3:36
2 Breakaway 3:18
3 Promise Me 2:14
4 Tell Me Goodnight 2:55
5 Taking Chances 3:13

1 Against The Wall
2 Suspended Smiles
3 One For The Memories
4 Bullets & Blacklines
5 A Breath And Its Gone...


R-800529-1429931436-2416.jpg

テーマ : 洋楽 ジャンル : 音楽

12:30  |  H  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.03 (Mon)

Harrow - The Rising Phoenix Special Edtion

CD/国内盤/1998年/SHCD1-0019

同タイトルの6曲入りミニアルバムに
カヴァー曲などを追加してフル・アルバム扱いにしたもの。

オランダのC級パワーメタル、いやD級…もっと下か。
カヴァー曲は有名曲ばかりで、センスと演奏力の無さが際立つ。
このレヴェルのバンドがフル・アルバムを3枚もリリース出来たんだから
大健闘したと言って良いのではないでしょうか。


曲目:
1 Welcome To.. = ウェルカム・トウ… 0:30
2 The Rising Phoenix = ザ・ライジング・フェニックス 4:08
3 Blue Lightning = ブルー・ライトニング 5:33
4 Moneymaker = マネーメイ力一 3:46
5 Lotlórien = ロートローリーン 1:59
6 Storm Of Difference = ストーム・オブ・ディファレンス 5:50
7 Stonecold (Incl. Fearful Awakening) = ストーンコールド (Incl.フィアフル・アウェイクニング) 7:02
8 Blindmen And Fools = ブラインドメン・アンド・フールズ 3:50
9 Wrathchild = ラスチャイルド 3:31
10 Space Truckin' = スペース・トラッキン 3:58
11 Armed And Ready = アームド・アンド・レディ 4:39
12 Euthanasia = ユーザネイシア 3:39
13 Second Sight = セカンド・サイト 5:20


R-7222832-1445085070-6626.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM ハードロック

19:57  |  H  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT