2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.17 (Thu)

Evan And Jaron ‎– Evan And Jaron

CD/米盤/2007年/A-707595

オリジナルは2000年リリース、
2007年リイシュー盤で、特にリマスターなどの表記はない、
ただし13が追加収録されている。

Evan And Jaronは兄弟のポップ・デュオ、
といってもワム!のような仰々しいものではなく
いかにもアメリカのバンドらしい素朴な音だ。

アルバム3枚をリリースして解散、
本作は2ndで、唯一チャート入りしたアルバム、
再発されたのもそこら辺が理由だろう。

Evan Lowensteinはミュージシャンを引退してマネージャー業に転身、
Jaron Lowensteinは現在でもソロで活動を続けている。

メロディを大切にしたほのぼのとしたポップ・ロック、
夏の昼下がりやドライヴの時に聴きたくなる音楽だ。


曲目:
1 Outerspace 3:53
2 Ready Or Not 3:29
3 Crazy For This Girl 3:22
4 Done Hangin' On Maybe 3:32
5 The Distance 4:44
6 Wouldn't It Be Nice To Be Proud 4:12
7 Pick Up The Phone 3:59
8 From My Head To My Heart 3:10
9 On The Bus 3:41
10 You Don't Know Me 3:32
11 Make It Better 2:58
12 I Could Fall 4:07
13 Crazy For This Girl (Acoustic Version)


R-2513346-1288112203.jpg

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

10:15  |  E  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.29 (Thu)

Emerson, Lake & Powell ‎– Emerson, Lake & Powell

AD/米盤/1986年/829-297-1-Y-1

過去に米盤CDで紹介済み、
今回取り上げるのは米盤アナログ。
このレコードはあまり売れなかったようで、
新譜が出てしばらくすると廉価盤扱いになって店頭に並んでいた。
(モノは一緒なので歌詞カードなどもついている)

CD同様のピラミッド・バランス、
アナログらしいゆったりとした低音、
CDは高音域が粒状でややうるさい感じだったが
ADは適度にロールオフされて聴きやすい。
(音が良いということではない、念のため)


曲目:
A1 The Score 9:10
A2 Learning To Fly 3:52
A3 The Miracle 7:02
B1 Touch And Go 3:35
B2 Love Blind 3:08
B3 Step Aside 3:42
B4 Lay Down Your Guns 4:20
B5 Mars, The Bringer Of War 7:53


Emerson, Lake Powell

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

17:19  |  E  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.29 (Thu)

Emperor ‎– Anthems To The Welkin At Dusk

AD/EEC盤/1997年/Candle-023

ノルウェイジアン・ブラックのセカンド、
EEC表記になっているがおそらくUKプレスのアナログ盤。

こういったブラック・メタルをレコードで聴く意味があるのかどうか、
「ジャケットが大きい」「アートワークが」「雰囲気が」といった理由で
レコードを選ぶ人も多いようだが、音が良いから聴いてるだけで、
もっと音が良いメディアが登場したらいますぐにでも乗り換えたい。
でかくて重くて邪魔だしかけかえは面倒だし取り扱いも手間だし、
音が良いというメリットがなかったらさっさと廃棄したいといつも思っている。

音楽的にはファーストと同一路線でクオリティが大幅に向上、
ただ、プリミティヴなものを尊ぶコアなマニアにとってはマイナス?
とはいえ、いくら質が向上しても、一般のメタル・ファンが
無理して手を出すと火傷する程度には危険な音楽のままだ。


曲目:
A1 Alsvartr (The Oath)
A2 Ye Entrancemperium
A3 Thus Spake The Nightspirit
A4 Ensorcelled By Khaos
B1 The Loss And Curse Of Reverence
B2 The Acclamation Of Bonds
B3 With Strength I Burn
B4 The Wanderer


Emperor.jpg

テーマ : ブラック・メタル ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM スラッシュ・メタル デス・メタル 北欧メタル

13:04  |  E  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.26 (Mon)

Eagles - Hotel California

AD/国内盤/1976年/P-10221Y

過去に日本盤CD(リマスター前の旧盤)で紹介済み、
今回取り上げるのは日本盤AD。

ゆったりと膨らんだ低音とやや騒々しく薄い高音、
日本盤でよく耳にする音の傾向だ。


曲目:
Hotel California 6:30
New Kid In Town 5:04
Life In The Fast Lane 4:46
Wasted Time 4:55
Wasted Time (Reprise) 1:22
Victim Of Love 4:11
Pretty Maids All In A Row 4:05
Try And Love Again 5:10
The Last Resort 7:25

R-2866969-1386414674-9131.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

09:29  |  E  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.25 (Sun)

EAST ‎– Játékok(蒼い楽園)

AD/国内盤/1983年/K22P-330

ハンガリーのプログレ・バンド、デビュー作。
本国では1981年リリースが日本では2年遅れの1983年、
しかし当時の状況を考えれば、東欧圏のバンドのアルバムとしては
これでも最短に近いはやさでのリリースだったと思われる。

現在では、ハンガリーが東欧を代表する
ロック大国であることは広く知られているが、日本盤ライナーによると、
1982年の時点で既にロック大国であったようだ、
ただ、今のようにネットの発達した時代ではなかったし
東欧の国と簡単に契約をかわせる時代でもなかった。

全盛時のイタリアン・プログレ群に匹敵する、
素晴らしいロック・アルバムだ。
これがデビュー作とはとても思えない。


曲目:
Nyitány (Ouverture) 3:25
Messze A Felhőkkel (Far Away With The Clouds) 5:43
Szállj Most Fel (Fly Up Now) 5:30
Kék-fekete Látomás (Blue-Black Vision) 2:16
Gyémántmadár (Diamond Bird) 4:00
Lélegzet (Breath) 3:10
Nézz Rám (Look At Me) 4:08
Üzenet (Message) 4:18
Epilóg (Epilogue) 2:28
Remény (Expectation) 4:33


R-3474015-1331806494.jpg

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

18:21  |  E  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT