2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.12.18 (Wed)

メタル馬鹿一代の選ぶ100枚

100選の選考基準

1:ヘヴィメタル/ハードロックの範疇におさまる音楽から選ぶ
2:サウンド・プロダクションを最優先、内容はその次
3:1アーティストにつき1枚まで
4:入手困難なものは選ばない(原則としてCDから選出)
5:100枚選ぶ前に飽きたら全削除
6:順不同、100枚に順位は無し

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

11:57  |  メタル馬鹿一代の選ぶ100枚  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.18 (Wed)

062.Metal Church - The Dark

CD/米盤/9-60493-2

「ヒューマン・ファクター」とどっちを選ぶか迷った、
こっちのほうが良い意味でのB級臭さが残っている点を評価。

ファーストはテリー・デイトがプロデュース&エンジニア、
このセカンドはプロデュースはマーク・ドッドソンで
エンジニアはマークとテリー・デイトが共同作業、
「ヒューマン・ファクター」では
マーク・ドッドソンのプロデュース&エンジニア。

ドッドソンはミドルレンジに独特の粘りをもたせるタイプ、
テリー・デイトはドンシャリ中抜けタイプ、
両者の中庸を行く音になっているのが面白い。

metal church the dark

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック スラッシュ・メタル HR/HM

11:02  |  メタル馬鹿一代の選ぶ100枚  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.18 (Wed)

061.White Zombie - Astro-Creep 2000

CD/米盤/GFED-24806

プロデュースはパンテラでお馴染みテリー・デイト、
自ら卓の前に座るタイプで、このアルバムでも
実際の録音作業やMIXも手がけている。

アナログ録音のAADは意図的なものだろう、
ただ出音としてはデジロックっぽいのが面白い。
デジタルなところにアナログ特有の厚みを持たせたかったのか。

パンテラの「カウボーイズ~」は同じデイトのプロデュースでも
ハイ上がりで音量をあげるとやかましくなるのに対して、
こちらは分厚い低域で構築され、大音量でもあまりうるさくならない。

White Zombie - Astro-Creep 2000

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル

11:01  |  メタル馬鹿一代の選ぶ100枚  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.18 (Wed)

060.Napalm Death - Inside the Torn Apart

CD/国内盤/TFCK-87125

ナパーム・デスといえばコリン・リチャードソン、
タイトでガチガチの音作りをする人で、
バンドの個性が強くないとすべて同じ音になってしまうきらいもある。

このアルバムに関して言えば、
MIXのアンディ・スニープの色が強く出ている感じ。
この手の音楽は音量を上げると
やかましく聞き苦しくなるものが多い中、
音量を上げてもあまりやかましくならないのは立派。

napalm death inside the torn apart

テーマ : デスメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル デス・メタル

11:00  |  メタル馬鹿一代の選ぶ100枚  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.15 (Sun)

059.Harem Scarem - Mood Swings

CD/国内盤/WMC5-678

ロックらしい適度な粗さも演出のうち、
録ろうと思えばもっとクリアに録れるのに、
歪みも計算のうちといったプロデュースだ。

ヴォーカルのハリー・ヘスが自らプロデュース、
ケヴィン・ドイルと共同でMIXも担当している。
ドイルはホール&オーツとの作業で有名、
ちょっとかわったところではクラシックの
グレン・グールドの録音にも関わっている。

前作とほぼ同じスタッフでの録音だが、
明らかに本作のほうがプロダクションは良好、
方針を変更したというよりも、
前作は予算不足でこの音が出せなかっただけだろう。

harem scarem mood swings

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM ハードロック

12:24  |  メタル馬鹿一代の選ぶ100枚  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT