2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.10.03 (Mon)

秋のハーモニー 虫の音のある部屋 -初秋から晩秋へ-

CD/国内盤/1986年/K30Y-3010

松浦一郎なる人物が録音、自ら解説も手がけている。

日本の秋の虫の鳴き声を採録したCDで、
例えば虫の小さな鳴き声に合わせてレヴェルを上げれば
環境騒音、特に風の音が大音量で入ってしまうし
予想する以上に難しい作業ではないかと思ったら
「小鳥などに比べるとかなり楽」だそうで、
実際に採録した人でないとわからないものだ。

生録したまま、余分なミキシングやオーヴァーダブは無し、
車の音などの騒音が入った部分だけカットしてある。
適度な音量で鳴らすと、本物の鳴き声に聴こえるし、
意図的に大音量で聴くのもオーディオならではの楽しみで面白い。

収録した時の気温が記載されている、
気温によっておなじ虫でもテンポやピッチがかわるからだとか。
つまり続けて採録しても、時間経過とともに気温が下がると
テンポやピッチが変化してくるため、
後からミキシングで重ねたりすると違和感が出てくるというわけだ。

大変面白いCDで、推奨盤といいたところだが、
レアではあるが価値はないの典型で滅多に見かけない。
(価値のあるものはカネさえ出せば容易に手に入るものです)


収録内容:
01初秋~仲秋
02仲秋その1
03仲秋その2
04仲秋その3
05晩秋その1
06晩秋その2


DSC05951.jpg
11:12  |  その他  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.21 (Wed)

L'art De La Musique Mecanique Vol.2 - L'art de la boite a musique

AD/フランス盤/1978年/ARN-36461

Vol.2とあるから1も存在するわけだが
持っていないし、見かけたこともない。

アンティーク・オルゴールの演奏を記録したレコード、
オルゴールと言っても小型のものだけでなく、
小型のピアノくらいの大きさのものまで収録されている。
また、いわゆる金属音だけでなく、自動演奏機械とでも言えばいいのか、
様々な音を出す非常に大掛かりなモデルもある。
収録は1967年のプレスが1978年だろうか。

カッティングレヴェルは低めだが、これは元の音が小さいせいか、
オルゴール本体が小さければ出音も小さくなるし、
共鳴する仕組みが大きければそこそこ大きな音が出る、
オルゴールごとの音量差をそのままでカッティングしたのか。

オルゴールの置き場所によっても音は変わってくるし、
原音がわからないのでなんとも言いかねるが
とにかく繊細な音であることは確かで
再生すると不思議な世界に迷い込んだ気分になる。
珍盤としてコレクターに推奨したい。


曲目:
A1 Cartels Primitifs
A2 Cartels Romantiques
A3 Cartels À Effects
A4 Cartels À Accompagnements
A5 Specimens
B1 Musiques À Disque En Buffet
B2 Musique À Disque De Table
B3 Musique À Bande
B4 Jouets
B5 Souvenirs
B6 Tabatières Anciennes
B7 Bijoux


117406314.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

03:30  |  その他  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.24 (Sun)

フジテレビ・サッカー・レジェンド

CD/国内盤/2001.9.19/PCCY-01542

フジテレビのサッカー関連番組で使用されている(いた)
楽曲を収録したコンピレーション。

1と7はもちろんヴェルディのオペラ「アイーダ」から、
3は映画「大脱走」のテーマ曲、
2と6のTonyDはベルリン出身、ドイツのラッパー、
ただし本名からするとトルコ系じゃないか。
5は作詞作曲のクレジットはあるのに演奏者の記載なし。

サッカーと呼んでいるのは日本とアメリカくらいか、
母国イングランドではフットボール、
そのフットボールという単語が世界中に広まったため
例えばポルトガル語では「フチボウ」、
ドイツ語では「フスバル」というように
フットボールが語源となっている国が大多数。

例外はイタリアで「カルチョ」、イタリアでは、
サッカーの起源はイングランドではなくイタリアだと考えているらしい。

帯に「日本限定発売」と書かれている、
フジテレビ関連のCDなんだから日本限定で当然だろうに。


曲目:
01AIDA-TRIUMPHAL MARCH (TV Remix Version)
02VINCI CAMPIONE (TONY D.)
03THE GREAT ESCAPE (ENGLAND SUPPORTERS BAND)
04VIN-DA-LOO (FAT LES)
05VIVA LES BLEUS
06WIN LIKE A CHAMPION (TONY D.)
07AIDA-TRIUMPHAL MARCH (Orchestral Version)


4176CCY6HJL.jpg

テーマ : ◆音楽 ジャンル : 音楽

14:04  |  その他  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.22 (Mon)

Works Of Shakespeare (Julius Caesar)

AD(3枚組BOX)/イングランド盤/1972年/ZPR-218-20

シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」の
舞台の音声のみを収録したもの。
オペラではありません。録音は1972年か。

アナログ3枚、延々と英語の語り、
若干音楽も効果音的に入るとはいえ、
なんでこんなものを買ってしまったのか。

レアではあるが価値は無いの典型のような盤、
置き場所に余裕があっていくらでもレコードを増やせる人向け。


Directed By George Rylands With Ian Holm And Richard Johnson

Works Of Shakespeare (Julius Caesar)
09:53  |  その他  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.05 (Fri)

OTHMAR SCHOECK Nachhall Op 70 for medium voice and orchestra

AD/スイス盤/不明/DISCO-535

Jecklinはスイスのレーベル、
OTHMAR SCHOECKはスイスの作曲家、
どちらもあまり馴染みがないというか、
日本ではほとんど見かけない名前だ。

オーケストラをバックに歌うという形式、
声楽といっていいのか、かといってオペラではない、
ジャンル分けはとりあえず「その他」にしておいた。

声はそこそこ伸びやか、オケは遠くで鳴っている感じ、
録音データの記載なし、70年代のアナログ録音か。
物珍しさで買うものと言ったら失礼でしょうか。


演奏:
Theo Loosli (Conductor)
Arthur Loosli (Performer)
Karl Grenacher (Performer)
Chamber Ensemble of Radio Bern (Orchestra)


535.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

13:07  |  その他  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT