2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.06.27 (Tue)

Passion Und Osternacht in Der Ostkirche (ロシア正教の音楽/東方教会における受難と復活祭の夜)

AD/独盤(日本仕様)/不明/HM-30472

ドイツ・ハルモアニ・ムンディ盤に日本語解説と帯を付けて
キング・レコードが国内流通させていたもの。
レコード番号は原盤のHM-30472を国内盤でも使用している。

テキスト(歌詞)は不変だがメロディは自由度が高く、
時代によって作曲され直したりするのが一般的で、
おなじテキストに10種類以上の曲が付けられているものもあるとか。

歌詞は教会スラヴ語、それをロシア文字に翻字したものと、
日本語訳が添付されている。
ただし日本語訳は歌詞原文からの訳出ではなく、
日本正教会の定訳を手直しして掲載している。

収録に関しての記載がなくプレス年度も不明、
1960年代後半あたりだろうか。
録音はまあまあ、というかイマイチ、
レンジが狭く、埃っぽい音だ。


演奏:
Gregoire Bainbridge:指揮
Chor Der Monche Von Chevotogne(シュヴトーニュ修道士合唱団)

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

20:53  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.25 (Sun)

Les Liturgies De L'Orient

AD/フランス盤/プレス年度不明/HM-520

ライナーにカトリック教会がどうこうとあるので
いわゆる教会音楽と言うか聖歌というか、そういった音楽だ。

収録に関する記載なし、1970年代のアナログ録音だろう。
ハルモニア・ムンディ・フランスらしい、
ホールエコーをたっぷりとりこんだ分厚い音。
そんなにレンジが広いわけではないが音は良い、
時として荒っぽく歪みっぽくなるのに、上品に感じさせる。


演奏:
Bass Vocals – Mario Haniotis (tracks: B1, B2, B3, B4, B5, B6, B7, B8)
Directed By – Trajan Popesco (tracks: B1, B2, B3, B4, B5, B6, B7, B8)
Soprano Vocals – Iris Bubulian (tracks: B1, B2, B3, B4, B5, B6, B7, B8)

曲目:
Office De L'Exaltation De La Sainte Croix
A1 –Choer Des Moines Bénédictins De L'Union A Chevetogne* Hirmi Du Canon
Directed By – Grégoire Bainbridge 11:07

Grande Luturgie Orthodoxe Slave
A2 –Choeurs Bulgares "Svetoslav Obretenov"* Otche Nach / Notre Père
Composed By – Nikolai Kedrov Directed By – Georgi Robev 4:20
A3 –Choeurs Bulgares "Svetoslav Obretenov"* Spassi, Boje, Lioudi Tvoia
Composed By – Pavel Tchesnokov 4:15

Les Liturgies De L'Orient
B1 –Ensemble Vocal Trajan Popesco Ertada (Rite Maronite) 3:10
B2 –Ensemble Vocal Trajan Popesco Mayr Yev Gouys (Rite Arménien) 4:00
B3 –Ensemble Vocal Trajan Popesco Hymne (Rire Arménien) 1:06
B4 –Ensemble Vocal Trajan Popesco Amen Hair Sourp (Rite Arménien) 3:25
B5 –Ensemble Vocal Trajan Popesco Yaldath L'Alaha Bthouita (Rite Chaldéen) 1:46
B6 –Ensemble Vocal Trajan Popesco Bchemma Obaba Oubrona (Rite Chaldéen) 2:00
B7 –Ensemble Vocal Trajan Popesco Taw Nimar (Rite Syrien) 3:00
B8 –Ensemble Vocal Trajan Popesco Grande Litanie (Rite Byzantin-Grec) 3:55


R-8177466-1457635724-3535.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

16:35  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.25 (Sun)

Luigi Cherubini ‎– Requiem Do Mineur Pour Choeur & Orchestre

AD/フランス盤/1973年/HM-143

1973年のアナログ録音か、
ソフィアとあるからブルガリアでの収録だろう、
オケもブルガリアのオケだし。

ハルモニア・ムンディ・フランスらしい、
厚く、深く、力強く、しかし粗野ではなく、奥行きのある優秀録音。


演奏:
Choir – Choeurs Morski Zvutsi De Varna
Chorus Master – Mikhail Tchonev
Conductor – Vassil Stefanov
Orchestra – Orchestre Symphonique De La Radio-Television Bulgare*

曲目:
Messe De Requiem Pour Choeur Et Orchestre En Do Mineur
A1 Introitus. Requiem Aeternam 5:25
A2 Graduale. Requiem Aeternam 1:26
A3 Dies Irae 9:37
B1 Offertorium. Domine Jesu Christe, Rex Gloriae 14:20
B2 Sanctus. Pie Jesu 4:15
B3 Agnus Dei. Requiem Aeternam 6:04


s-l225_20170625153925573.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

15:39  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.22 (Thu)

Robert Fayrfax - Missa Albanus & Aeternae Laudis Lilium

AD/イングランド盤/1983年/A-66073

Robert Fayrfax(発音はフェアファックス?)は
イギリス・ルネッサンス期の作曲家。
現在では録音を見かけることも珍しいマイナー作曲家だ。

1982年ロンドンにてアナログ収録か、
優秀録音の宝庫ハイペリオン・レーベルとしては並の音。

録音や内容云々より、とにかく珍しいことに価値がある、
コレクションを充実させたいマニア向け。


演奏:
Conductor – Harry Christophers
Ensemble – The Sixteen

曲目:
A1 Aeternae Laudis Lilium 11:30
Missa Albanus
A2 Gloria 9:09
B1 Credo 9:30
B2 Sanctus - Benedictus 9:50
B3 Agnus Dei 9:10


R-4327567-1361844373-7814.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

18:11  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.21 (Wed)

Bruckner Motets

AD/イギリス盤/1983年/A-66062

1982年、ロンドンの聖アルバン教会にて収録、
デジタルの記載がないのでアナログ録音だろう。
わずか三日間で収録している、マイナーレーベルならでは早業だ。

B面の方が音が良く聴こえる、気のせいか、
収録日の違いが出たのか、わからない。
ハイペリオン・レーベルとしては並だが、
メジャーレーベルに比べれば良い録音と言える。

スイス・ライフが協賛、ジャケットにもロゴが印刷されている。
ジャケットは写真かと思ったらイラストでした。
便宜上イギリス盤としたがDMMだから盤のプレスはドイツか。


演奏:
Choir – Corydon Singers
Conductor – Matthew Best
Organ – Thomas Trotter

曲目:
A1 Gradual: Locus Iste A Deo Factus Est 3:22
A2 Gradual: O Justi Meditabitur 4:56
A3 Offertorium: Afferentur Regi 1:52
A4 Ave Maria 4:00
A5 Vexilla Regis 4:48
A6 Ecce Sacerdos Magnus 5:05
B1 Antiphon: Tota Pulchra Es 5:44
B2 Virga Jesse Floruit 4:23
B3 Pange Lingua 4:34
B4 Offertorium: Inveni David 2:07
B5 Gradual: Christus Factus Est Pro Nobis 5:25


R-4095324-1355069995-4275.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

20:04  |  クラシック:宗教曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT