2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.19 (Fri)

THE ARTISTRY OF HANS FAGIUS (ハンス・ファーイウスの芸術)

CD(2枚組)/オーストリア盤/1996年/BIS-CD-140~141

古楽からモーツァルトまで幅広く演奏、
大雑把に古い年代の曲から新しい年代の曲という順で収録されている。
(完全に年代順にはなっていない)

収録は1983年と1984年、CD2の1-19は1979年、
すべてルヴォックスA-77によるアナログ録音(ドルビーオフ)だが、
使っているマイクと本数は異なっている。表記はADD。

メジャーレーベルに比べれば良い録音、
BISレーベルとしてはまあまあというかちょっと冴えない感じ。
演奏も良い悪いではなくCD2枚えんえんとオルガンは飽きてくる。


曲目:
Disc 1
Heinrich Scheidemann
01 Praeambulum in D minor 3'28

Matthias Weckmann
02 Canzon in C major 2'49

Matthias Weckmann
03 Toccata in E minor 3'30

Georg Bohm (Böhm)
04 Partita on Ach wie nichtig, ach wie flüchtig 8'39

Georg Bohm (Böhm)
05 Capriccio in G minor 5'05

Johann Adam Reincken
Fugue in G minor 6'16
06 Fugue in G minor 4'24

Dietrich Buxtehude
07 Fantasia on Wie schön leuchtet der Morgenstern, BuxWV223 7'48

Dietrich Buxtehude
08 Canzona in G major, BuxWV170 3'33

Dietrich Buxtehude
09 Prelude and Fugue in G minor, BuxWV163 7'18

Ferdinand Zellbell (the elder)
10 Prelude in F major 3'43

Christian Geist
11 Alleneste Gudh i Himmelrijk 2'24

Christian Geist
12 O Jesu Christ som mandom tog 3'10

Christian Geist
13 Lofwad ware tu Jesu Christ 1'46

P. Carlman Colb
Prelude and Four Versets from Certamen Aonium
14 Preludium - Versett I - Versett II - Versett III - Cadentia 6'52

Johann Ludwig Krebs
Trio in E flat major 5'13
15 I. Adagio 3'10
16 II. Non molto allegro 2'03

Wilhelm Friedemann Bach
Fugue in G minor 6'16
17 Fugue in G minor 1'52

Wilhelm Friedemann Bach
18 Jesu, meine Freude (Organ Chorale) 4'23

Disc 2
Thomas Tallis
01 Hymn (ex more docti mistico) 1'09

Thomas Tallis
Fantasia 7'23
02 Fantasia 1'33

Thomas Tallis
03 Hymn (iam lucis orto sidere) 1'10

William Byrd
04 Praeludium 1'48

William Byrd
05 Miserere 2'39

William Byrd
Fantasia 7'23
06 Fantasia 5'50

Orlando Gibbons
07 A Voluntary 2'43

Orlando Gibbons
08 Ground 2'15

Henry Purcell
09 Voluntary on the Old Hundredth 3'53

John Keeble
10 Double Fugue in C major 2'17

William Walond
Voluntary No.5 in G major 5'50
11 I. Grave 2'18
12 II. Allegro 3'32

Samuel Wesley
Five Pieces from Twelve Short Pieces for Organ 9'13
13 No.6 2'45
14 No.8 1'43
15 No.9 1'57
16 No.11 1'24
17 No.12 1'24

Samuel Sebastian Wesley
Choral Song and Fugue in C major 6'32
18 I. Choral Song 3'01
19 II. Fugue 3'31

Johann Christoph Kellner
20 Prelude in C major 2'47

Johann Christoph Kellner
21 Jesus meine Zuversicht (Organ Chorale) 3'40

Wolfgang Amadeus Mozart
22 Ein Orgelstück für eine Uhr, K.608 10'58

Alexandre-Pierre-François Boely (Boëly)
23 Andante con moto in G minor 3'09

Alexandre-Pierre-François Boely (Boëly)
24 Fantasia and Fugue in B flat major 4'34


BIS-CD-140-41.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

17:55  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.17 (Fri)

Alfred Brendel Collection

CD(2枚組)/オランダ盤?/1991年/08-9161-72

ヴァンガードからブレンデル・コレクションとして
廉価再発されていたもの、
独立したCD2枚を箱に入れて強引にセット売りしていた。

CD1は1966年、CD2は1968年の音源、
アナログ録音のADD。
ジャケット写真は日本のキングレコードに版権があるらしく、
その旨の記載が裏ジャケにある。

ブレンデルというとフィリップス・レーベルで知られるが
それより古いこのヴァンガード盤の方が、
録音も演奏も良いんじゃないか。

CD2のソナタ集は文句なし、
CD1の協奏曲はちょっとヘン、
オケは明瞭なのにピアノが綿に包まれたような音だ、
ただし演奏が進むに連れてはっきりした音になっていく。


曲目:
CD1
Mozart: piano concerto no.9 in e-flat, k.271
piano concerto no.14 in e-flat, k.449

CD2
Mozart: Sonata in a, etc

118290443.jpg

alfred-brendel-mozart-recital-cd.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

17:26  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.14 (Tue)

Glenn Gould ‎– The Glenn Gould Legacy, Vol. 4 - Scriabin, Schoenberg, Berg, Prokofiev, Hindemith, Krenek

CD(3枚組)/米盤/1986年/M3K-42150

メジャーレーベルのメジャーアーティストに優秀録音無しの原則からして
どうせたいしたことなかろうとあなどってCDをトレイに載せたら
意外にも優秀録音盤だった。

収録は1958年から1977年までばらつきがあるが音の傾向は似通っている、
最も音が良いのは1958年収録、
ここでは録音は古い方が良いの法則が発動した。

選曲もスクリャービン、シェーンベルク、ヒンデミットとなかなか面白い、
グールド特有の奇妙な唸り声も聴くことが出来る、
演奏に関しても収録が古いもののほうが切れ味がある。


曲目:
Sonata No. 3, Op. 92, No. 4 Composed By – Ernst Krenek
1-1 I - Allegretto Piacevole, Animato E Flessibile 4:39
1-2 II - Theme, Canons & Variations: Andantino 6:46
1-3 III - Scherzo: Vivace Ma Non Troppo 1:29
1-4 IV - Adagio 6:45

3 Piano Pieces / 3 Klavierstücke/ 3 Pieces Pour Piano, Op. 11
Composed By – Arnold Schoenberg
1-5 I - Mässige 4:06
1-6 II - Mässige 8:21
1-7 III - Bewegte 2:33

5 Piano Pieces / 5 Klavierstücke/ 5 Pieces Pour Piano, Op. 23
Composed By – Arnold Schoenberg
1-8 I - Sehr Langsam 2:36
1-9 II - Sehr Rasch 2:00
1-10 III - Langsam 4:28
1-11 IV - Schwungvoll 2:48
1-12 V - Walzer 2:49

2-1 Sonata For Piano, Op. 1 Composed By – Alban Berg 13:06

Suite For Piano, Op. 25 Composed By – Arnold Schoenberg
2-2 I - Prelude 0:52
2-3 II - Gavotte 1:28
2-4 III - Musette 3:16
2-5 IV - Intermezzo 5:28
2-6 V - Menuett 3:53
2-7 VI - Gigue 2:32

Sonata No. 3 Composed By – Paul Hindemith
2-8 I - Ruhig Bewegt 4:11
2-9 II - Sehr Lebhaft 2:26
2-10 III - Mässig Schnell 6:00
2-11 IV - Lebhaft (Fuge) 5:00

Sonata No. 3, Op. 23 Composed By – Alexander Scriabin
3-1 I - Dramatico 8:00
3-2 II - Allegretto 2:42
3-3 III - Andante 5:07
3-4 IV - Presto Con Fuoco 7:16

3-5 Sonata No. 5, Op. 53 Composed By – Alexander Scriabin 13:05

2 Pieces / 2 Stücke/ 2 Pieces, Op. 57 Composed By – Alexander Scriabin
3-6 I - Désir 1:49
3-7 II - Caresse Dansée 2:34

Sonata No. 7, Op. 83 Composed By – Sergei Prokofiev
3-8 I - Allegro Inquieto 8:17
3-9 II - Andante Caloroso 7:34
3-10 III - Precipitato 3:22


R-9872853-1487729513-5203.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

14:12  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.02 (Thu)

Béla Bartók ‎– Robin McCabe Plays Bartók

AD/西独盤/1981年/BIS-LP-182

1981年スタジオ収録、BISのアルバムとしてはむしろ珍しい?
レコーダーはルヴォックスA-77をドルビーオフで使用、
マイクはノイマンU-89を2本という超シンプル録音。
プロデュースとエンジニアはBISの社長、
ロベルト・フォン・バールが自ら担当。

収録に必要な人数は、ピアニスト、ピアノテクニシャン、
それに社長のバールの3人だけ。
卓の前に何人も陣取ってあれこれつまみを操作する、
出来上がったアルバムの出来は最低というのが
正しい音楽の作り方かもしれないが。

BISレーベルらしくクリアで力強く、芯のある音、
メジャーレーベルのピアノの音とはまるで違う。
ロックやヘビメタの、マルチマイクマルチトラックで鮮度を失った
薄っぺらな音ともまるで違う。


演奏:Piano – Robin McCabe

曲目:
A1 Dance Suite
A2 Six Roumanian Folk Dances
B1 Two Roumanian Dances
B2 Three Burlesques
B3 Allegro Barbaro


R-5749124-1405788883-6486.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

03:59  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.18 (Wed)

Antonio Vivaldi - Nove sonate per violoncello e basso continuo

AD(2枚組BOX)/イタリア盤/1978年/ITL-70034

収録データの記載なし、
1978-1979年のカタログ(LPサイズの豪華なもの)が封入されているので
その近辺の録音だろうと思われる。

一聴すると普通の音だが、
いくら音量を上げてもうるさくならないし歪っぽくもならない、
過度なエコーも派手な演出もないが、普通に音の良いレコードと言える。

チェロのEnzo Altobelliは元イ・ムジチ、
チェンバロのMariolina De Robertisは
Solisti Dell'Orchestra "Scarlatti" Napoliというグループのメンバー。


演奏:Enzo Altobelli / Maiolina De Robertis

1759617.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

14:41  |  クラシック:器楽曲/室内楽曲  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT